注目銘柄ダイジェスト(前場):シャープ、商船三井、アスクルなど

シャープ:235円(前日比-17円) 大幅続落。今3月期最終損益は数百億円規模の赤字に転落する見通しとの観測報道が伝わっている。従来予想は300億円の黒字、市場予想も200億円超の黒字であったと見ら

続きを見る

注目銘柄ダイジェスト(前場):シャープ、商船三井、アスクルなど

シャープ:235円(前日比-17円) 大幅続落。今3月期最終損益は数百億円規模の赤字に転落する見通しとの観測報道が伝わっている。従来予想は300億円の黒字、市場予想も200億円超の黒字であったと見ら

続きを見る

アスクルは格下げで大幅続落、LOHACOの立ち上がりが想定よりも鈍いとも

アスクルが大幅続落。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げしている。LOHACOの立ち上がりが想定よりも鈍く、800億円程度と推定される黒字化に必要な

続きを見る

アスクルは格下げで大幅続落、LOHACOの立ち上がりが想定よりも鈍いとも

アスクルが大幅続落。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げしている。LOHACOの立ち上がりが想定よりも鈍く、800億円程度と推定される黒字化に必要な

続きを見る

イグニス—三角もち合い上放れを期待

昨年11月高値と昨年12月安値をそれぞれ起点とした三角もち合いからの上放れを試す展開となっている。日足の一目均衡表では、上値抵抗ラインだった雲上限をようやく突破。遅行スパンも実線をクリアしていることか

続きを見る

イグニス—三角もち合い上放れを期待

昨年11月高値と昨年12月安値をそれぞれ起点とした三角もち合いからの上放れを試す展開となっている。日足の一目均衡表では、上値抵抗ラインだった雲上限をようやく突破。遅行スパンも実線をクリアしていることか

続きを見る

UBIC—そろそろ調整一巡を意識する展開に

大発会から株価は駆け上がったものの、9日に長い上ヒゲを残している。先週は売り優勢だったが、週末は下げ渋る動きが見られた。日足の一目均衡表では、基準線で下ヒゲを残しており雲下限までの調整は拒否した格好に

続きを見る

UBIC—そろそろ調整一巡を意識する展開に

大発会から株価は駆け上がったものの、9日に長い上ヒゲを残している。先週は売り優勢だったが、週末は下げ渋る動きが見られた。日足の一目均衡表では、基準線で下ヒゲを残しており雲下限までの調整は拒否した格好に

続きを見る

出来高変化で注目銘柄を探れ!(11:08現在):日本エスコン、乃村工などがランクイン

当コンテンツでは出来高急増銘柄を探り、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。 出来高変化率上位  コード⇒銘柄名⇒現在値(前日比)⇒出来高⇒出来高変化率(%)(対10時比) ハマ

続きを見る

出来高変化で注目銘柄を探れ!(11:08現在):日本エスコン、乃村工などがランクイン

当コンテンツでは出来高急増銘柄を探り、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。 出来高変化率上位  コード⇒銘柄名⇒現在値(前日比)⇒出来高⇒出来高変化率(%)(対10時比) ハマ

続きを見る

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑