「 注目トピックス 経済総合 」 一覧

損失を乗り越えて海上発電技術の継続と発展に期待したい

三井海洋開発が昨年10月から実証実験のために佐賀県唐津市加部島沖1.2 kmの洋上に設置していた発電設備が深さ約50メートルの海底に沈んでいたことが6日、分かった。同社によると、水没したのは昨年12月

続きを見る

失業率過去最低(6.5%)のドイツと最悪水準(25.7%)のギリシャ

失業率が過去最低(6.5%)のドイツでは、最悪のシナリオとしてのグリグジット(Grexit:ギリシャのユーロ離脱)を想定した対応策を協議している、と報じられている。 失業率が25%台で、若者の失業

続きを見る

政治から読み解く【経済と日本株】:木内孝胤氏「日本国債0.285%って凄いね」

衆議院議員の木内孝胤氏が「日本国債0.285%って凄いね。石油も1バレル50ドル割れ。両方悪い話ではないけど。」とツイートしている。 原油価格の低下が足元の米国株の下げ要因とされているが、長い目で見

続きを見る

トヨタの14年中国販売目標割れ、15年も110万台に目標据え置き

トヨタ自動車の中国統括管理会社、豊田汽車(中国)投資有限公司(TMCI)は6日、合弁会社の一汽トヨタ・広汽トヨタ、輸入車を合わせた2014年の中国販売が前年比12.5%増の103万2400台だったと発

続きを見る

(中国)周永康・前政治局常務委員の身柄を司法機関に送検

重大な規律違反に関与したとして、党籍を剥奪され、刑事責任を追及処分を受けた 周永康・前政治局常務委員(兼政法委書記)の身柄がこのほど、司法機関に送致され た。併せて、周氏の汚職に関与したとされる蒋潔敏

続きを見る

NYの視点:12月FOMC議事録は中立

米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げが4月以降になる可能性が強いと見ているようだ。労働市場に依然たるみが見られ、国際情勢が景気の下方リスクと見ている。昨年最後の連邦公開市場委員会(FOMC)(12

続きを見る

百貨店、外国人観光客の売り上げ好調

大手百貨店4社が5日発表した正月三が日の初売りの売上高は、前年同期比で2社がプラス、2社がマイナスとまちまちの結果となったが、外国人観光客の売り上げは軒並み伸び、免税売上高は各社揃って前年比プラスとな

続きを見る

(中国)「春節旅行」は6割が海外を予定、日本はランキング2位に

中国人の海外旅行熱が一段と高まっている。今年の春節(旧正月)休暇に旅行に出かける中国人のうち6割が海外に向かうという。人気の観光地は日本を含むアジア。ただ旅行客の急増に伴って、旅行費用が通常の2倍に跳

続きを見る

グリグジット(Grexit:ギリシャのユーロ離脱)はユーロ崩壊の序曲?

ギリシャ情勢の最悪のシナリオ、ブラックスワンは、グリグジット(Grexit:ギリシャのユーロ離脱)となる。 急進左派連合が1月25日のギリシャ議会総選挙で政権を獲得した場合、2月28日の期限に向け

続きを見る

政治から読み解く【経済と日本株】:内山真吾氏「長島選対副本部長、国民に訴えかける代表選に」

昭島市議会議員の内山真吾氏は「細野豪志代表候補の出陣式に出席しています。冒頭、長島昭久選対副本部長より、「民主党のコップの中での争いではなく、その殻を破り、国民に訴えかける代表選にして欲しい」との訴え

続きを見る

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑