「 注目トピックス 日本株 」 一覧

博展—デジタルマーケティング分野で提携のアイアクトを完全子会社化

博展はアイアクトを完全子会社化すると発表。2013年7月より資本業務提携を行っていたが、15日付けで株式取得によりアイアクトを子会社化し、更なる相乗効果の最大化を目的に完全子会社化する。 完全子会社

続きを見る

テクノスジャパン—早大とのビッグデータ研究でデータ解析モデル実証が進行中

テクノスジャパンは7日、関連会社のテクノスデータサイエンス・マーケティング社(以下:TDSM)と早稲田大学との共同研究で進めているビッグデータ研究プロジェクトについて、中間報告を発表。政府とのデータド

続きを見る

テクノスジャパン—早大とのビッグデータ研究でデータ解析モデル実証が進行中

テクノスジャパンは7日、関連会社のテクノスデータサイエンス・マーケティング社(以下:TDSM)と早稲田大学との共同研究で進めているビッグデータ研究プロジェクトについて、中間報告を発表。政府とのデータド

続きを見る

ラクーン—15.4期通期業績予想を上方修正、期末配当も増額へ

ラクーンは15日、2015年4月期通期の業績予想の上方修正を発表。売上高を従来予想のレンジでの上限数値20.50億円としたほか、営業利益見通しについては、従来予想2.75億円~2.85億円から3.25

続きを見る

ラクーン—15.4期通期業績予想を上方修正、期末配当も増額へ

ラクーンは15日、2015年4月期通期の業績予想の上方修正を発表。売上高を従来予想のレンジでの上限数値20.50億円としたほか、営業利益見通しについては、従来予想2.75億円~2.85億円から3.25

続きを見る

ADR日本株ランキング~三井住友FGなど全般堅調、シカゴは大阪比275円高の17075円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル117.51円換算)で、ANA、野村が小安いほかは、富士重、ソニー、三井住友FG、住友商など全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比275円高の1

続きを見る

ADR日本株ランキング~三井住友FGなど全般堅調、シカゴは大阪比275円高の17075円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル117.51円換算)で、ANA、野村が小安いほかは、富士重、ソニー、三井住友FG、住友商など全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比275円高の1

続きを見る

出来高変化率ランキング(10時台)~セイコーHDがランクイン、スイス・フラン高をプラス材料視

セイコーHDがランクイン。腕時計で国内トップ、スイス・フラン高をプラス材料視する動きが優勢となっている。スイスには、ブレゲ、ロレックス、オメガなど高級腕時計メーカーの大半が集まっているが、自国通貨高

続きを見る

スクリーンが急伸、TSMCの設備投資見通しを好感

SCREENホールディングスが急伸。前日に台湾のファンドリーメーカーであるTSMCが10-12月期の決算を発表した。2015年の設備投資ガイダンスに関しては、前期比20~25%増の115億ドル~12

続きを見る

JDIはしっかり、一部新規高評価が支援材料に

JDIはしっかり。東海東京では投資判断を新規に「1」、目標株価は555円としている。米国や中国スマホメーカーへの液晶パネルの供給が貢献して、第3四半期から営業黒字に転換したと推定しているもよう。PB

続きを見る

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑