「 注目トピックス 日本株 」 一覧

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ・練乳製品、チーズ・バター、育児・栄養食品のほか、宅配サービスや健康食品、介護食、流動食、衛生管理用装置などを手掛けている。191

続きを見る

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.1%増の66.04億円、営業利益が同3.1倍の2.07億円、経常利益が同3.8倍の1.91億円、純利益が同3.7倍の1.65億円だ

続きを見る

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をはじめ、さまざまな業種・業態のコンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までのシステムに関わるサービスを提供。 足元の業績では

続きを見る

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を560円から670円に引き上げている。今期営業利益は470億円から535億円に、来期は530億円から610億円にそれぞれ上

続きを見る

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期推定比48%増の140億円程度になりそうだとの観測報道が伝わっている。前回上場していた99.12期の最高益にほぼ並ぶ見通しと。市場

続きを見る

出来高変化率ランキング(13時台)~センコーがランクイン、一部格上げ評価を好感

センコーがランクイン。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も530円から730円に引き上げている。低収益業務を中心に運賃転嫁が加速すると予想されること、ランテックの業績寄

続きを見る

センコーは格上げで急反発、低収益業務を中心に運賃転嫁が加速するとの見方

センコーが急反発。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も530円から730円に引き上げている。低収益業務を中心に運賃転嫁が加速すると予想されること、ランテックの業績寄与を

続きを見る

出来高変化率ランキング(12時台)~キッツが急伸、燃料電池関連の出遅れとして関心が高まる

キッツが急伸でランクイン。特に材料は観測されていないが、燃料電池関連銘柄の人気化が続いており、関連の出遅れとして関心が高まる状況とみられる。とりわけ、同社のほか、宮入バルブ、ハマイなど、バルブメーカ

続きを見る

H.I.S.は大幅反発、目標株価引き上げや訪日外国人数発表への期待感も

H.I.S.は大幅反発。モルガン・スタンレー(MS)では投資判断「オーバーウェイト」を継続で、目標株価を4000円から4500円に引き上げている。原油安→燃料サーチャージ低下→国際線旅客需要の喚起と

続きを見る

西武HDが大幅続伸、一部目標株価引き上げを材料視

西武HDは大幅に3日続伸。メリルリンチ(ML)では目標株価を2300円から2750円に引き上げている。来期EBITDAが前期比5%前後増加すること、17年5月竣工予定の「東京ガーデンテラス」の工事進

続きを見る

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑