「 個別銘柄テクニカルショット 」 一覧

イグニス—三角もち合い上放れを期待

昨年11月高値と昨年12月安値をそれぞれ起点とした三角もち合いからの上放れを試す展開となっている。日足の一目均衡表では、上値抵抗ラインだった雲上限をようやく突破。遅行スパンも実線をクリアしていることか

続きを見る

イグニス—三角もち合い上放れを期待

昨年11月高値と昨年12月安値をそれぞれ起点とした三角もち合いからの上放れを試す展開となっている。日足の一目均衡表では、上値抵抗ラインだった雲上限をようやく突破。遅行スパンも実線をクリアしていることか

続きを見る

UBIC—そろそろ調整一巡を意識する展開に

大発会から株価は駆け上がったものの、9日に長い上ヒゲを残している。先週は売り優勢だったが、週末は下げ渋る動きが見られた。日足の一目均衡表では、基準線で下ヒゲを残しており雲下限までの調整は拒否した格好に

続きを見る

UBIC—そろそろ調整一巡を意識する展開に

大発会から株価は駆け上がったものの、9日に長い上ヒゲを残している。先週は売り優勢だったが、週末は下げ渋る動きが見られた。日足の一目均衡表では、基準線で下ヒゲを残しており雲下限までの調整は拒否した格好に

続きを見る

オプティム—上値抵抗突破で上へのバイアスが強まりやすい格好に

昨年11月に上場来高値34700円をつけた後は利益確定売りが入ったものの、昨年12月19010円をボトムとした反発が見られる。5日線に沿った上昇で足元の上値抵抗レベルの28000円を先週クリア。上値抵

続きを見る

オプティム—上値抵抗突破で上へのバイアスが強まりやすい格好に

昨年11月に上場来高値34700円をつけた後は利益確定売りが入ったものの、昨年12月19010円をボトムとした反発が見られる。5日線に沿った上昇で足元の上値抵抗レベルの28000円を先週クリア。上値抵

続きを見る

データセクショ—1000円割れ回避や十字線示現で反発へ

昨年12月24日に上場した直近IPO銘柄の一角とのことから短期資金の流出入で荒い値動きが見られる。ただ、先週末1000円割れを回避したことや十字線が示現したことなどから、売り一巡で反発を見せる可能性も

続きを見る

データセクショ—1000円割れ回避や十字線示現で反発へ

昨年12月24日に上場した直近IPO銘柄の一角とのことから短期資金の流出入で荒い値動きが見られる。ただ、先週末1000円割れを回避したことや十字線が示現したことなどから、売り一巡で反発を見せる可能性も

続きを見る

商船三井—25日線や転換線をサポートとして意識へ

昨年12月高値388円をクリアしきれず先週末は下げたものの、25日線レベルで下げ止まる格好となっている。日足の一目均衡表では転換線をサポートに雲上限より上を推移。遅行スパンが陰転していることからトレン

続きを見る

商船三井—25日線や転換線をサポートとして意識へ

昨年12月高値388円をクリアしきれず先週末は下げたものの、25日線レベルで下げ止まる格好となっている。日足の一目均衡表では転換線をサポートに雲上限より上を推移。遅行スパンが陰転していることからトレン

続きを見る

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑