カイオム Research Memo(10):2016年12月期には売上高3,452百万円、営業利益651百万円を目標

公開日: : 注目トピックス 日本株

■中期計画

(1)新中期計画の概要

カイオム・バイオサイエンス<4583>は2016年12月期を最終年度とする新たな中期計画を発表した。最終年度となる2016年12月期に業績が飛躍する計画となっており、売上高は3,452百万円、営業利益は651百万円を目標として掲げている。2,013年5月に発表した中期計画と比較すると黒字化が1年先送りされる格好となるが、これは企業価値の最大化を図るため、完全ヒトADLib(R)システムの完成度をさらに向上していくことが背景となっている。実用化レベルまではきたが、さらに完成度を上げていくことが、その後の契約企業数や収益の増加につながると判断した。また、リード抗体の開発パイプライン拡充や、前臨床段階までの開発力強化を図ることも含めて、研究開発費を積極的に投下していく方針となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

極洋 Research Memo(10):14/3期は2ケタの増収増益を達成、水産商事部門がけん引

■業績動向 (1)2014年3月期の業績 ●損益状況 極洋の2014年3月期の決算は表のよう

記事を読む

no image

ソフトクリエイトHD Research Memo(3):SI事業が利益拡大に貢献

■会社概要 (2)事業の概要 ソフトクリエイトホールディングスは2012年10月に持ち株会社制

記事を読む

no image

アイフルはプラス転換、一部格上げで安心感が高まる状況に

アイフルはプラス転換。みずほ証券では投資判断を「アンダーパフォーム」から「中立」に格上げ、目標株価

記事を読む

no image

コマツはしっかり、2段階格上げがインパクトに

コマツはしっかり。決算発表後は見直しの動きが優勢になっている。本日は、大和が投資判断を「3」から「

記事を読む

no image

ニチアス—15年3月期は増収増益、株主還元策は連続増配を計画

ニチアスは保温・断熱分野など、産業分野へ「断つ・保つ」の技術を基盤とした製品とサービスを提供。「断つ

記事を読む

no image

アクトコール—第2四半期売上高は増収減益 会員制新サービス不振も、通期予想は据え置き

アクトコールは10日、2014年11月期第2四半期(13年12月-14年5月)決算を発表。売上高が前

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~SFoodsがランクイン、TPP関連として関心

SFoodsがランクイン。今期2ケタの増益見通しや割安感の強さから上昇基調が強まるなか、今日オバマ

記事を読む

no image

インテリックス—「前住居に近いエリア」への住み替えニーズが高い

リノベーションマンション販売のインテリックスは、リノヴェックスマンション購入者の購入物件と前住居との

記事を読む

no image

カイオムバイオ<4583>— ADLibシステムの技術的優位性、高付加価値ビジネスモデルへの転換

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』3月6日放送におい

記事を読む

no image

ハピネット Research Memo(6):トイズユニオンの子会社化で任天堂商材の取扱いシェア拡大

■会社概要 (c)ビデオゲーム 任天堂、PlayStation(ソニー)、Xbox(マイクロソフ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑