コスモ石油は相次ぐ格上げで買い先行、石油製品マージンの底打ちなどに評価

公開日: : 注目トピックス 日本株

コスモ石油<5007>は買い先行。JPモルガン(JPM)では「アンダーウェイト」から「ニュートラル」に、SMBC日興証券では「3」から「2」へ、それぞれ格上げしている。JPMでは、製油所共同運営化検討、石油開発分社化、持株会社化検討などの施策に加え、産業競争力強化法施行による業界再編の可能性の高まりを格上げの背景に。一方、SMBC日興証券では、石油製品マージンの底打ち、市況回復メリットの享受による収益体質の大きな改善を背景としている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

カイオム—実用化レベルの「完全ヒトADLibシステムの構築」に成功

カイオム・バイオサイエンスは、トリBリンパ球由来DT40細胞の軽鎖および重鎖の交代遺伝子領域に対し

記事を読む

no image

ジェイテック—3Q純利益は38%増、通期計画をほぼ達成

技術者派遣のジェイテックは3日、2014年3月期第3四半期(2013年4-12月)決算を発表。売上

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~エンカレッジがランクイン、業績下方修正を嫌気

エンカレッジがランクイン。上期の営業利益を2.1億円から1.7億円へ、通期計画を4.7億円から4.

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~山一電は上半期予想の大幅上方修正がインパクトに

山一電がランクイン。先週末に発表した第1四半期決算が評価材料に。営業利益は6.8億円で前年同期比5

記事を読む

no image

セイコーHDは新規高評価で急伸、国内市場の拡大や財務体質の改善などに評価

セイコーHDが急伸。野村では投資判断を新規に「バイ」、目標株価を800円としている。訪日外国人の増

記事を読む

no image

キッツは2段階格上げで急伸、6年ぶりに実施する値上げ効果が最大のポイントとも

キッツが急伸。大和が投資判断を「3」から「1」に、一気に2段階格上げしたことが評価材料となっている

記事を読む

no image

愛知銀行—地域経済活性化支援機構の「特定専門家派遣」に関する契約を締結

愛知銀行は10月1日、地域経済活性化支援機構(略称:REVIC 以下「機構」という)と、顧客の事業再

記事を読む

no image

ブリヂストンは新規高評価でしっかり、株主還元拡大の余地で注目とも

ブリヂストンはしっかり。JPモルガン(JPM)では自動車部品・タイヤセクター7社のカバレッジを開始

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~島津製はアルツハイマー病の前兆を捉える検査法開発と伝わる

島津製がランクイン。国立長寿医療センターなどと共同で、アルツハイマー病の前兆を捉える検査法を開発し

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は小反発、ソフトバンクやファーストリテが重しに

20日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり108銘柄、値下がり104銘柄、変わらず13

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑