日本通信—買い先行、総務省がSIMロック解除促進を検討と伝わり

公開日: : 新興市場スナップショット

買い先行。総務省が、携帯電話のSIMロック解除を促す方針を検討すると伝わったことが材料視されているようだ。携帯電話の利用者が携帯会社を乗り換えしやすくする対策を検討しており、利用者が端末を買ってから一定期間たてば、携帯会社にSIMロックの解除を義務付ける案などが浮上していると。なお、同社のほか、フリービット<3843>なども買い先行のスタートとなっている。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日本通信—買い先行、今期の大幅な増収増益見通しを好感

買い先行。今期売上高は前期比33.5%増の62.3億円、営業利益は同70.0%増の12.3億円と大幅

記事を読む

no image

カイオム—大幅続落、バイオ関連の下落が目立つ

大幅続落。同社やPD、タカラバイオなど、バイオ関連の下落が目立つ。マザーズ指数の年初来安値更新が続く

記事を読む

no image

フィックスター—連日で上場来高値更新、売買代金は全市場2位に

連日で上場来高値を更新。短期資金を巻き込んで需給面主導での上値追いとなり、現時点の売買代金はマザーズ

記事を読む

no image

ミサワ—買い先行、2-4月期の好業績観測報道を材料視

買い先行。2-4月期経常利益が、前年同期比3倍強の2億7000万円程度になったもようだと報じられたこ

記事を読む

no image

PD—売り先行、前期業績の大幅な下振れを嫌気

売り先行。前期営業利益を7.2億円から2.0億円へ、最終利益を4.4億円から1.4億円へとそれぞれ大

記事を読む

no image

セルシード—後場急伸、細胞シートへの関心が高まり

後場急伸。一部で、重い心臓病の女の子の足から細胞を採ってシート状にし、心臓に貼り付けて機能を回復させ

記事を読む

no image

CANBAS—大幅反落、前日大幅高のバイオ関連は下げきつい

大幅反落。前日に大幅上昇していたバイオ関連の一角は、一転してきつい下げとなっている。インフルエンザウ

記事を読む

no image

タカラBIO—買い先行、国内初のがん免疫遺伝子治療の治験計画届を提出

買い先行。国内初のがん免疫遺伝子治療の医師主導治験による治験計画届を提出したと発表したことが材料視さ

記事を読む

no image

エナリス—買い先行、一括受電事業の日本電力を買収と伝わり

買い先行。マンション1棟の電力をまとめて安価に購入する、一括受電事業で業界4位の日本電力を買収すると

記事を読む

no image

フィックスター—初値形成後も上値追い、値動きの軽さを材料視も

昨日マザーズ市場に上場し、本日は公開価格の2.6倍となる9040円の初値を付けた。初値形成後も値動き

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑