日本水産は決算後上昇、前期業績の上振れなど好決算を好感

公開日: : 注目トピックス 日本株

日本水産<1332>は決算発表後に上昇。前期営業利益は139億円で前期比2.4倍、従来予想の125億円を上振れる着地となった。今期は155億円で同11%増益の見通し、市場予想の120億円を上振れる格好となっている。水産物市況の上昇などが好業績の背景となっている。比較的、業績予想は楽観的な傾向が強い銘柄であるが、前期業績の上振れ着地などからストレートに好感される状況となっているもよう。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

デリカフーズ Research Memo(8):現状のペースでいけば、中期計画を上回る可能性が高い

■中期計画 (1)第1フェーズから第2フェーズへ移行 同社は2012年5月に中期5ヶ年計画を発

記事を読む

no image

日東電工は堅調、月次動向がプラス材料に

日東電工は堅調。前日に発表した月次動向が買い材料につながっている。11月の売上高は前年同月比で16

記事を読む

no image

東ソーが強い動き、今期のEPSは市場予想を大幅に超過するとの見方

東ソーが強い動き。SMBC日興証券が投資判断を新規に「オーバーウェイト」、目標株価を480円として

記事を読む

no image

みずほFGはもみ合い、一部格下げ評価が上値抑制要因に

みずほFGはもみ合い。SMBC日興証券では投資判断を「1」から「2」へ格下げしている。与信費用・実

記事を読む

no image

CDG Research Memo(4):直接売上増につながる販促プロモーションの企画力に強み

■会社概要 (3)市場規模と競合について CDGが主力とする販促用グッズの国内市場規模は年間で

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~市況回復期待などで野村HDがランクイン

野村HDがランクイン。日経平均14000円レベルでの底堅さに対する意識は強まるなか、市況回復期待な

記事を読む

no image

ソフトブレーン Research Memo(4):フィールドマーケティング事業は多業態対応と全国展開に強み

■事業概要 ○フィールドマーケティング事業 子会社のソフトブレーン・フィールドで展開している事業

記事を読む

no image

エイジア<2352>クラウド需要が好調で業界でのシェアも拡大

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』4月21日放送にお

記事を読む

no image

ダイナムジャパンHD Research Memo(1):低貸玉機とローコストオペレーションで業容拡大が継続

ダイナムジャパンホールディングス(06889/HK)は店舗数で日本最大、貸玉収入で第2位と日本最大級

記事を読む

no image

ウォーターダイレクト—ナチュラルミネラルウォーターの認知度向上を図る

ウォーターダイレクトは、飲料用天然水の宅配サービス会社。現在、東証において上場している唯一の宅配水専

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑