FESCO—ストップ高、好業績評価で押し目買い活発化

公開日: : 新興市場スナップショット

ストップ高。前日は地合いの悪化に抗えず、短期資金の利益確定売りに押される展開となったが、本日は地合いの改善もあって、押し目買いの動きが活発化する状況となっているようだ。引き続き、8日に発表した第3四半期の決算が評価材料。累計営業利益は11.4億円で前年同期比3.3倍、通期計画の12億円をほぼ達成する状況となっており、今後の大幅上方修正の可能性は高いといった見方に。

<KS>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

アンジェス—反発、米国でのHGF遺伝子治療薬の販売権許諾契約に係る一時金受領で

反発。田辺三菱との間で締結したHGF遺伝子治療薬の米国における抹消性血管疾患を対象とした独占的販売権

記事を読む

no image

ニュートンFC—初値低調、事業内容などへの評価高まらず

本日ジャスダック市場に新規上場し、初値は公開価格を約7.7%下回る3065円となった。同社は、保険代

記事を読む

no image

DAC—大幅続伸、4-6月期の好業績観測報道を材料視

大幅続伸。4-6月期営業利益が、前年同期比2倍の6億円前後になったようだと報じられたことが材料視され

記事を読む

no image

竹内製作—切り返す、今期業績計画をポジティブ材料視

売り一巡後は切り返す。昨日は本決算を発表し、15年2月期売上高は前期比11%増の596億円、営業利益

記事を読む

no image

ブロードメディ—急落、第三者割当実施で希薄化を嫌気

急落。第三者割当による新株予約権発行を受けて希薄化(17.01%)が嫌気されている。割当先はドイツ証

記事を読む

no image

サイバダイン—連日で上場来高値更新、需給面主導での上値追いが続く

連日で上場来高値更新。昨日の売買代金は全市場でトップとなるなど短期資金による売買が賑わったが、引き続

記事を読む

no image

ハーモニック—強い動き、東海東京の投資判断引き上げを材料視

強い動き。東海東京が投資判断を「2」から「1」へと引き上げたことが好材料視されている。会社計画では、

記事を読む

no image

タカラBIO—大幅続伸、がん治療薬の開発進展に期待感

大幅続伸。米国でがん治療薬「HF10」の第2相臨床試験を実施するため、米国食品医薬品局(FDA)に臨

記事を読む

no image

カイオム—大幅続落、バイオ関連の下落が目立つ

大幅続落。同社やPD、タカラバイオなど、バイオ関連の下落が目立つ。マザーズ指数の年初来安値更新が続く

記事を読む

no image

フィックスター—反発、カナダ子会社設立と前期末配当の増額を発表

反発。カナダでの子会社設立と2014年9月期末配当の増額を発表している。同社の100%子会社である米

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑