ジャストプランニング Research Memo(5):2期連続の増収、6期ぶりの営業増益で収益低迷期から脱出へ

公開日: : 注目トピックス 日本株

■決算概要

(1)2014年1月期連結業績

2014年3月14日付で発表されたジャストプランニング<4287>の2014年1月期の連結業績は、売上高が前期比10.1%増の1,833百万円、営業利益が同1.5%増の423百万円、経常利益が同1.4%増の420百万円、当期純利益が同183.8%増の683百万円となった。会社計画は売上高、利益ともに若干下回ったものの、売上高は2期連続増収となり、営業利益は6期ぶりの増益に転じるなど、長らく続いた収益低迷から脱しつつあることが確認される決算となった。

事業セグメント別では売上高、利益ともに、システムソリューション事業、物流ソリューション事業が牽引し、主力のASP事業に関しては伸び悩む格好となった。会社計画から未達となった要因も、ASP事業の売上高が想定を下回ったことが大きく影響している。また、一部開発中だったプロジェクト案件が顧客理由により、消滅したことも響いた。

売上構成比の変化により、原価率が前期比2.7ポイント上昇の54.1%となったことで、売上高営業利益率は2.0ポイント低下の23.1%となった。なお、当期は特別利益として投資有価証券売却益704百万円(デジタルガレージ<4819>株)を計上したことで、当期純利益は大幅増益となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<NO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

メガバンクの上げ幅は限定的、大手行の業界ビュー引き下げの動きも

三菱UFJ、三井住友FG、みずほFGは小幅高、各社ともにTOPIXの上昇率を下回る展開。バークレイ

記事を読む

no image

健康CP—第2四半期営業益はRIZAP好調で黒字転換、株式分割と株主優待拡充も発表

健康コーポレーションは14日、2015年3月期の第2四半期(4-9月)決算を発表。売上高が前年同期比

記事を読む

no image

アールテック・ウエノ—スキャンポ社と武田薬品がAMITIZA(R)に関するグローバルライセンス契約を締結

アールテック・ウエノは23日、Sucampo Pharmaceuticals, Inc.(以下、スキ

記事を読む

no image

ビーエスピーResearch Memo(8):メインフレームでは高いシェアを占め、残存者利益を享受する状況

■業界環境 IDCジャパンの調査によれば、2013年の国内ソフトウェア市場は約2兆3,988億円

記事を読む

no image

SBSホールディングス—千葉ニュータウンに新物流拠点、16年4月稼動予定

SBSホールディングスは16日、グループのSBSロジコムが千葉に新たな物流スペースを確保したと発表。

記事を読む

no image

証券各社レーティング(格上げ):日本電産の1社

■格上げ(※新規格付けの場合は強気) 銘柄名  :日本電産 証券会社 :岡三 変更前  : --

記事を読む

no image

キャリアリンク Research Memo(7):BPO関連事業の成長により安定的な収益基盤を構築へ

■成長戦略 キャリアリンクでは「すべての人に働くよろこびを」の企業理念のもと、今後の経営目標として

記事を読む

no image

島津製作所が急伸、アルツハイマー病の前兆を捉える検査法開発と伝わる

島津製作所が急伸。国立長寿医療センターなどと共同で、アルツハイマー病の前兆を捉える検査法を開発した

記事を読む

no image

ケネディクス Research Memo(8):好調な不動産市況を背景としてすべての事業セグメントが増収

■決算概要 (2)2014年12月期第3四半期(累計)決算の概要 ケネディクスの2014年12

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~ジャストシステムは東証1部への市場変更発表を好感

ジャストシステムがランクイン。27日をもって、ジャスダックから東証1部への市場変更を発表したことが

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑