日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ブリヂスやコニカミノルタなど決算関連の下落が押し下げ

公開日: : 注目トピックス 日本株

12日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり65銘柄、値下がり150銘柄、変わらず10銘柄となった。

日経平均は反落。ウクライナ情勢に対する警戒感が燻る中で、方向感が乏しい展開となった。好決算銘柄の一角には物色が見られたものの、売買代金は膨らまず盛り上がりに欠ける格好に。

大引けの日経平均は前日比50.07円安の14149.52円となった。東証1部の売買高は18億2889万株、売買代金は1兆6076億円だった。業種別では、ゴム製品や鉱業、非鉄金属、パルプ・紙、石油・石炭、ガラス・土石、情報・通信、電気・ガスなどの下落が目立った。一方、精密機械や食料品、水産・農林などが堅調だった。

値下がり寄与トップはソフトバンク<9984>となった。また、先週末の決算発表を受けて、ブリヂス<5108>やコニカミノルタ<4902>、住友電<5802>が軟調。その他、アステラス薬<4503>は後場取引時間中の決算発表を受けて一段安へ。

一方、値上がりトップは好決算が評価されオリンパス<7733>となった。また、日精工<6471>やミネベア<6479>なども決算内容が好感され強い動きに。

*15:00現在

日経平均株価  14149.52(-50.07)

値上がり銘柄数  65(寄与度+45.13)
値下がり銘柄数 150(寄与度-95.20)
変わらず銘柄数  10

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<7733> オリンパス 3185 145 +5.69
<9983> ファーストリテイ 31580 110 +4.32
<6471> 日精工 1145 101 +3.96
<6479> ミネベア 919 66 +2.59
<6988> 日東電 4677 66 +2.59
<7269> スズキ 2651 54 +2.12
<1721> コムシスHD 1671 47 +1.84
<5713> 住友鉱 1622 42 +1.65
<1925> 大和ハウス 1839 36 +1.41
<4324> 電通 4110 35 +1.37
<9613> NTTデータ 3825 35 +1.37
<7751> キヤノン 3275 23 +1.35
<4507> 塩野義 1880 31 +1.22
<4901> 富士フイルム 2600 30 +1.18
<8804> 東建物 879 27 +1.06
<5707> 東邦鉛 332 21 +0.82
<7752> リコー 1174 20 +0.78
<6506> 安川電 1137 19 +0.75
<6367> ダイキン 5897 19 +0.75
<4042> 東ソー 430 19 +0.75

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9984> ソフトバンク 7161 -115 -13.54
<5108> ブリヂストン 3536 -164 -6.44
<6902> デンソー 4297 -131 -5.14
<4902> コニカミノルタ 842 -104 -4.08
<5802> 住友電 1295 -90 -3.53
<4503> アステラス薬 1186 -13 -2.55
<4704> トレンド 3315 -60 -2.35
<7267> ホンダ 3311 -26 -2.04
<7203> トヨタ 5514 -47 -1.84
<7270> 富士重 2465 -46 -1.81
<6954> ファナック 17070 -45 -1.77
<8830> 住友不 4001 -43 -1.69
<8015> 豊通商 2560 -42 -1.65
<5333> ガイシ 1867 -39 -1.53
<8802> 菱地所 2387 -37 -1.45
<8035> 東エレク 6001 -36 -1.41
<6857> アドテスト 1069 -18 -1.41
<4506> 大日住薬 1508 -26 -1.02
<4519> 中外薬 2634 -25 -0.98
<2282> 日本ハム 1780 -25 -0.98

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ケネディクス—-固定資産の譲渡と特別損益の発生を発表

ケネディクスは17日、中期経営計画における重点施策の一つである関連J-REIT の成長サポート及び保

記事を読む

no image

三菱ケミカルHDが年初来高値更新、原油安メリット物色が波及

三菱ケミカルHDは買い優勢で年初来高値更新。27日に業績上方修正を発表したが、大陽日酸の子会社化の

記事を読む

no image

商船三井は小幅高、原油市況の下落を手掛かり材料視も格下げが重し

商船三井は小幅高。引き続き、原油安メリットセクターとして原油市況の下落を手掛かり材料視する流れが続

記事を読む

no image

太陽誘電の下げが目立つ、一部格下げをマイナス材料視

太陽誘電の下げが目立つ。モルガン・スタンレー(MS)では投資判断を「イコールウェイト」から「アンダ

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(10/16号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB ミライトHD

記事を読む

no image

ナガイレーベン Research Memo(6):今期はコスト面で厳しい予想も、営業利益は増益を見込む

■業績動向 (2)2015年8月期の業績予想 2015年8月期のナガイレーベンの通期業績は、売

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~アマダが急伸、株主還元策の強化がポジティブサプライズに

アマダが急伸でランクイン。株主還元の拡充策を前日に発表しており、ポジティブなサプライズが強まる状況

記事を読む

no image

DVX Research Memo(5):2015年3月期業績は会社計画を上回る可能性も

■決算動向 (2)2015年3月期業績見通し ディーブイエックスの2015年3月期の業績は、売上

記事を読む

no image

AOI Pro. Research Memo(8):好調なTVCM制作と新たなビジネスの展開が同社成長をけん引

■決算動向 (1)過去の業績推移 過去の業績を振り返ると、リーマンショックに伴う景気後退の影響に

記事を読む

no image

アイスタイル—今期はユーザー向けサービスの開発に注力

アイスタイルは29日、2014年6月期決算を発表した。売上高は前期比11.4%増の71.41億円、営

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑