ワコムが急落、前日発表の決算が市場の期待値に達せず

公開日: : 注目トピックス 日本株

ワコム<6727>が急落。前日に発表した決算は市場の期待値に達せず、戻り売りが優勢の展開になっている。前期営業利益は9.5%増益の86.6億円、従来予想の98.3億円を大きく下回った。今期は105億円で21.2%増益の見通しだが、市場予想は120億円レベルであった。ブランド製品の伸び悩みなどが業績下振れの背景に。昨日は決算期待が先行する動きとなっていたことで、その反動も強まる形に。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ANAは格上げで堅調、羽田空港の発着枠拡大の恩恵を考慮と

ANAは堅調で、3月13日以来の高値水準まで上昇へ。クレディ・スイス(CS)が投資判断を「ニュート

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~ホンダなど全般軟調、シカゴは大阪比60円高の16200円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル109.58円換算)で、三井住友が小じっかりなほか

記事を読む

no image

キトー Research Memo(8):「真のグローバルNo.1のホイストメーカー」を目指し、中期経営計画を推進中

■中期経営計画 キトーグループは、「真のグローバルNo.1のホイストメーカー」になるという目標を

記事を読む

no image

スターティア Research Memo(2):ウェブソリューションなどトータルなIT環境を提案

■会社概要 (1)沿革 スターティアは、1996年に現代表取締役社長兼CEOの本郷秀之(ほんごう

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~ジーテクトは今期2ケタ減益見通しを嫌気

ジーテクトがランクイン。先週末に本決算を発表し、今期営業利益は前期比12.2%減の124.0億円、

記事を読む

no image

あらた Research Memo(10):売上高の拡大施策としてインターネット流通市場への取り組みも強化

■中期経営計画 (1)売上高の拡大施策 売上高の拡大施策としては、販売地域・チャネルの範囲拡大

記事を読む

no image

国際標準化が近づくレドックスフロー電池と他社を圧倒する住友電気工業(3)

東レ、富士フイルムホールディングスは住友電気工業および関西電力とは異なる分布を示しており、両社ともに

記事を読む

no image

小糸製作所が急伸、先週末発表の好決算を評価材料視

小糸製作所が急伸。先週末に発表の好決算が評価材料視されている。前期営業利益は495億円で前期比31

記事を読む

no image

エレマテック Research Memo(3):スマートフォン、自動車関連向けの電子材料を幅広く取扱う

■会社概要 (2)エレマテックの事業領域 エレマテックは絶縁材料を手掛けるところから創業したこ

記事を読む

no image

メディア工房 Research Memo(4):携帯コンテンツの市場の拡大を追い風に順調に業績を拡大

■企業特徴 (3)沿革 メディア工房の事業の発足は、1998年4月に、同社前身である有限会社フ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑