タマホーム—主力商品「大安心の家」シリーズの坪単価を3.9%引き下げ

公開日: : 注目トピックス 日本株

住宅デベロッパーのタマホーム<1419>は1日、主力商品の販売価格を5月1日新規契約分より引き下げると発表した。

主力の「大安心の家」シリーズについて、長期優良住宅対応、最長60年保証、充実の標準設備、頑強な構造などの商品仕様はそのままで、本体工事価格を従来の坪単価25.8万円(税抜)から創業当時の価格である同24.8万円(税抜)へと約3.9%引き下げた。

坪単価の引き下げは受注の促進を目的としており、原価の圧縮等の企業努力により実現したものであるため、同社の業績への影響は軽微としているようだ。

同社は、1998年に福岡県で創業した住宅デベロッパーである。2013年3月に東証1部と福証に上場、現在は売上高規模で住宅デベロッパー大手9社の一角となっている。

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

リクルートHDは堅調スタート、機関投資家の組み入れ期待などが先行

リクルートHDは本日新規上場、公開価格3100円を上回る3170円の初値をつけて、その後も上値追い

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~ソニーなど全般軟調、シカゴは大証比70円安の14150円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.36円換算)で、イオン、日鉄住金、ソニー、

記事を読む

no image

京セラは軟調、中期業績観測報道も織り込むには時期尚早といった見方に

京セラは軟調。2018年3月期をメドに税引き前利益を前期比約4割増の2000億円以上に引き上げる方

記事を読む

no image

サン電子<6736>犯罪捜査機関向けモバイルデータ転送装置の需要拡大期待

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』9月11日放送にお

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):みずほFG、ルネサス、ガリバーなど

みずほFG:213円(前日比-5円) 売り先行。メガバンクは全体相場の下落に連れ安する展開になって

記事を読む

no image

マキタは格上げで急反発、今期以降の業績急回復見通しなどに評価

マキタは急反発。みずほ証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も5260円から67

記事を読む

no image

ニトリHDが大幅続伸、週末に決算発表を控え買い戻しの動き

ニトリHDが大幅続伸。週末に決算発表を予定しており、買い戻しの動きなども優勢になっているとみられる

記事を読む

no image

サンワテクノス—14年3月期は最高益更新、期末配当を12円に増額修正

サンワテクノスは8日、2014年3月期決算を発表。売上高は前期比14.9%増の1013.78億円、営

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は3日続伸、値上がり寄与トップはファーストリテ

29日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり127銘柄、値下がり87銘柄、変わらず11銘

記事を読む

no image

トヨタは格下げでさえない、今期収益が一時的な踊り場を迎える可能性とも

トヨタがさえない。三菱UFJでは投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げ、目標株

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑