UNITED—S高、前期の大幅な業績拡大を材料視

公開日: : 新興市場スナップショット

急伸でストップ高まで。未定としていた14年3月期業績計画を公表し、売上高は61.6億円、営業利益は1.4億円と大幅な増収増益見込みとなったことが好感されている。注力事業であるスマートフォンメディア事業の好調などが背景。四季報予想の営業利益は5000万円が見込まれており、想定以上の業績拡大を評価する動きに。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

サイバダイン—買い優勢、「ロボット革命実現会議」の設立報道を材料視

買い優勢。同社や菊池製作など、ロボット関連が強い動き。一部で政府の新たな成長戦略の原案について、次世

記事を読む

no image

ライドオンEX—買い優勢、いちよしの高評価を好材料視

買い優勢。いちよしが投資判断を「A」、フェアバリューを3900円でカバレッジを開始したことが好材料視

記事を読む

no image

アクロディア—ストップ高、知育アプリの「定期購読コース」開始と発表

ストップ高。Google PlayやAppStore、Amazonアプリストアで配信中の幼児・子供向

記事を読む

no image

BBT—急伸、上期業績予想の上方修正を発表

急伸。後場に、上期(4-9月)業績予想の上方修正を発表している。営業利益見通しを従来の9600万円か

記事を読む

no image

エナリス—大幅続伸、今期の大幅な増益見通しを好感

大幅続伸。10日に本決算を発表し、今期営業利益は前期比70.0%増の12.6億円、最終利益は同91.

記事を読む

no image

CANBAS—S高、抗癌剤候補化合物への関心が高まる

ストップ高。開発中の抗癌剤候補化合物「CBP501」のバイオマーカー研究に関する論文が、米国の著名な

記事を読む

no image

3Dマトリック—売り先行、今期業績計画の下方修正を嫌気

売り先行。今期の売上高見通しを41.8億円から1.1億円へ、営業損益見通しを16.6億円の黒字から1

記事を読む

no image

FESCO—S高買い気配、今期業績予想の上方修正を好感

ストップ高買い気配。昨日は中間決算を発表し、上期営業利益は6.8億円となり、従来予想の4.0億円を上

記事を読む

no image

カルナバイオ—大幅続伸、大腸がん治療薬の開発への関心が続く

大幅続伸。前日の後場取引時間中に、TNIKキナーゼを標的とした大腸がん治療薬の開発が、医薬基盤研究所

記事を読む

no image

マイクロニクス—急落、今期営業利益の大幅減益見通しに失望感が先行し

急落。昨日の引け後に決算を発表。14年9月期営業利益は前期比2.3倍の32.3億円となり、10月24

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑