日立建機が急反発、今期業績見通しがポジティブインパクトに

公開日: : 注目トピックス 日本株

日立建機<6305>が急反発。前日に決算を発表、今期の業績見通しがポジティブなインパクトにつながっている。前期営業利益実績は692億円で前期比34%増益、従来予想の830億円は大幅に下回った。ただ、市場コンセンサスは700億円前後であり、特にネガティブな見方は強まらず。一方、今期は800億円で同16%増益の見通しとしている。市場コンセンサスは720億円弱とみられ、減益に転じるとの見方も多かった。会社側の見通しは強めとの見方だが、前期に続いて今期も10円の増配予想としており、会社側の自信とも捉えられる形に。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

セーレンは格上げで急反発、車両資材事業の利益成長継続などに評価

セーレンは急反発。東海東京では投資判断を「2」から「1」に格上げしている。目標株価は1300円と設

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~イマジカロボットが急伸、決算説明会が見直しのきっかけに

イマジカロボットが急伸でランクイン。特に目立った材料は観測されないが、前日には決算説明会が開催され

記事を読む

no image

エレマテックResearch Memo(5):エレクトロニクス業界にありながら、経済変動を乗り切る安定性

■エレマテックの強み エレマテックの過去の業績を振り返ると、同社の業績安定性が極めて高いことがわか

記事を読む

no image

ビューティ花壇 Research Memo(6):葬儀関連業界は成長産業も、新規参入による競争が激化

■市場環境 同社の主力である生花祭壇事業の業績は、全国の葬儀件数や1件当たりの葬儀業売上高との相

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》菊池製作が大幅続伸、サイバーダインは改めて成長期待が高まる

菊池製作が大幅に続伸し、9日以来の4000円を回復している。介護ロボット関連として2月から3月にかけ

記事を読む

no image

3Dマトリックス Research Memo(6):血管塞栓材は当面、動物実験によるデータ蓄積を行う予定

■主要パイプラインの動向 (5)血管塞栓材 スリー・ディー・マトリックスの血管塞栓材(TDM-

記事を読む

no image

ポールHDが急落、上半期決算をマイナス材料視

ポールHDが急落。先週末に発表した上半期の決算内容が弱材料視されている。営業利益は9.8億円で前年

記事を読む

no image

アダストリアHDが急反発、大幅減益決算も短期的な悪材料出尽くしに

アダストリアHDが急反発。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は14.4億円で前年同期比52.5%

記事を読む

no image

第一工業製薬が急反発、新型蓄電池への期待感が先行

第一工業製薬が急反発。関西大では、同社などと共同開発した新型蓄電池「イオン液体リチウム2次電池」が

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(4/28号)【週足】

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 東鉄工

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑