フィックスターズ—後場も買い気配、事業内容や公開規模の小ささなどを好材料視

公開日: : 新興市場スナップショット

後場も買い気配。本日マザーズ市場に新規上場し、事業内容や公開規模の小ささなどが材料視され人気が高まっている。同社は、マルチコアプロセッサに関連したソフトウェア開発サービスを展開する。売上高の約25%が東芝<6502>向けとなるなど、大手ハイテクメーカーへの納入実績が買い安心感につながっているほか、公開規模が5億円程度に留まることなども前向きに捉えられている。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

カイオム—買い気配、抗体作成技術にあらためて関心が高まり

買い気配から。海外の製薬会社が、新薬開発の場を日本に置く動きが相次いでいると報じられたことが材料視さ

記事を読む

no image

サイバエージ—買い先行、BCは目標株価を5700円へ引き上げ

買い先行。バークレイズが投資判断「オーバーウエイト」を継続し、目標株価を4500円から5700円へと

記事を読む

no image

OTS—売り気配、今期の赤字継続見通しを嫌気

売り気配から。今期の売上高見通しを47.6億円から10.0億円へ、営業損益見通しを3.2億円の黒字か

記事を読む

no image

ロックオン—大幅反発、決算発表受け高成長への期待高まる

大幅反発。2014年9月期決算を発表している。営業利益は会社予想の2.35億円を上回る2.49億円で

記事を読む

no image

カイオム—買い先行か、エボラウイルスに対する抗体作製成功を発表

買い先行か。エボラウイルス病の原因ウイルス抗原に対する抗体作製プロジェクトを実施したところ、昨日抗体

記事を読む

no image

Dガレージ—買い先行、今期業績計画の上方修正を好感

買い先行。今期の営業利益見通しを18.0億円から24.5億円へと上方修正したことが好感されている。イ

記事を読む

no image

ユビキタス—売り優勢、第三者割当実施に伴う希薄化を嫌気

売り優勢。コミットメント条項付き第三者割当契約を締結と発表している。約18億円を資金調達し、主として

記事を読む

no image

リアルワールド—大幅続伸、マークアイ子会社化を材料に上ヒゲ吸収へ

大幅続伸。クラウドソーシングの事業拡大を目的に、知的財産権に関する総合コンサルティング事業を運営する

記事を読む

no image

日本通信—買い気配、CSが投資判断「アウトパフォーム」でカバレッジ開始

買い気配から。クレディ・スイスが投資判断「アウトパフォーム」、目標株価620円でカバレッジを開始した

記事を読む

no image

夢真HD—売り優勢、3月の月次売上高は拡大続くも反応薄

売り優勢。建築技術者派遣事業における月次売上高を発表し、3月は前年同月比53.1%増の10.6億円と

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑