フィックスターズ—後場も買い気配、事業内容や公開規模の小ささなどを好材料視

公開日: : 新興市場スナップショット

後場も買い気配。本日マザーズ市場に新規上場し、事業内容や公開規模の小ささなどが材料視され人気が高まっている。同社は、マルチコアプロセッサに関連したソフトウェア開発サービスを展開する。売上高の約25%が東芝<6502>向けとなるなど、大手ハイテクメーカーへの納入実績が買い安心感につながっているほか、公開規模が5億円程度に留まることなども前向きに捉えられている。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ジーテクト—売り優勢、第1四半期の大幅減益決算を嫌気

売り優勢。4-6月期営業利益は前年同期比33.7%減の21.0億円、最終利益は同48.8%減の10.

記事を読む

no image

いちごHD—後場急伸、太陽光ファンドの上場見通しが伝わり

後場急伸。2014年度をめどに、太陽光発電施設に投資するファンドを上場させると報じられたことが材料視

記事を読む

no image

スターバックス—もみあい、JPX日経400への採用にサプライズなく

もみあい。JPX日経インデックス400の構成銘柄の入れ替えが発表され、同社は新規採用となっている。こ

記事を読む

no image

ミクシィ—大幅続落、BCは目標株価引き上げも「アンダーウエイト」継続(訂正)

大幅続落。先週も週間で約15%の大幅上昇となるなど短期的な過熱感が残る中で、利益確定売り優勢の展開と

記事を読む

no image

パピレス—大幅反落、今期の大幅減益見通しを嫌気

大幅反落。昨日本決算を発表し、今期営業損益は前期比23.9%減の5.0億円、最終損益は22.0%減の

記事を読む

no image

カネコ種—反発、上期業績堅調で通期予想の上方修正や中間配当増額を発表

反発。上期(14年6-11月)決算を発表しており、営業利益は前年同期比28.7%増の5.37億円だっ

記事を読む

no image

トリケミカル—買い気配、今期業績予想の上方修正と期末配当の増額を好感

買い気配。15年1月期業績予想の上方修正と期末配当の増額を発表している。営業利益見通しは従来予想の3

記事を読む

no image

日特エンジ—売り先行、第3四半期の大幅減益決算を嫌気

売り先行。先週末に第3四半期決算を発表し、営業利益は前年同期比72.7%減の5.6億円、最終利益は同

記事を読む

no image

フィックスター—初値形成後も上値追い、値動きの軽さを材料視も

昨日マザーズ市場に上場し、本日は公開価格の2.6倍となる9040円の初値を付けた。初値形成後も値動き

記事を読む

no image

ペッパー—連日で上値追い、TPP関連として恩恵期待が高まり

連日で上値追い。環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る日本と米国の関税交渉について、日米首脳会談での大

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑