リズム時計工業は出来高伴い急伸、一部新規高評価を材料視

公開日: : 注目トピックス 日本株

リズム時計工業<7769>は出来高伴い急伸と人気化。岡三が投資判断を新規に「強気」、目標株価を250円としていることが、買い材料視されているようだ。15年3月期営業利益を15億円、前期比2.1倍の予想としている。車載カメラや監視カメラ、自動車の電装部品の販売増加、並びに、M&A効果などが見込まれることが背景と。さらに、16年3月期には防災行政ラジオの受注増加などが予想されるとし、営業利益は53%増と大幅増益が続くと見込んでいる。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ニコンがさえない、従来予想上振れ観測もインパクトは強まらず

ニコンがさえない。上半期営業利益は前年同期比77%減の50億円程度になった公算と伝わっている。従来

記事を読む

no image

ドンキホーテHDが堅調、顧客層の拡大策が想定以上に成果を発揮とも

ドンキホーテHDが堅調。ドイツ証券では投資判断を「ホールド」から「バイ」に格上げ、目標株価も590

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~サンケン電はCCFL事業からの撤退を評価する動き

サンケン電がランクイン。CCFL事業からの撤退を発表、需要の減少で売上高が顕著に減少、収益改善が困

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比5円高の15175円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.30円換算)で、ソフトバンク、ホンダ、三井

記事を読む

no image

博展Research Memo(2):顧客ニーズの高まる分野へと事業領域を拡大中

■会社概要 (1)事業内容 博展は、展示会や販促イベントの企画・運営など、人と人とが直接出会う場

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(11/25号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 国際帝石

記事を読む

no image

エレマテックResearch Memo(3):電気材料が売上高の約6割、売上総利益の半数以上を占める

■会社概要 (2)エレマテックの事業領域 エレマテックエレマテックは「エレクトロニクス専門商社」

記事を読む

no image

レナウン—SBU組織の構築と海外ライセンスビジネスの拡大で黒字化目指す

レナウンは、1902年創業の老舗アパレルメーカー。「ダーバン」「アクアスキュータム」「アーノルドパー

記事を読む

no image

大研医器が反発、一部新規高評価を材料視

大研医器が反発。野村では投資判断を新規に「バイ」、目標株価を2400円としている。来下期に発売予定

記事を読む

no image

テクマトリックス—海外企業との提携推進でクラウドサービス展開など成長戦略を加速

ITサービスのテクマトリックスは10日、インドネシアのPT Cyberindo Mega Pers

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑