週刊ダイヤモンド今週号より~NISA枠の3倍拡大を検討、株価引き上げ狙う政府の思惑

公開日: : 注目トピックス 経済総合

ダイヤモンド誌では、投資を促すための個人向けの投資優遇制度であるNISA(小額投資非課税制度)について、政府が非課税枠を拡大する検討に入ったことが分かったとしています。100万円に設定されている非課税枠を3倍の300万円とする案を軸に調整するようです。

NISAとは。年間100万円までの投資について、株式や投資信託などから得られる配当や譲渡益が最長5年間にわたって、非課税になる制度です。今年1月から3月にかけて、外国人投資家は1兆8000億円と大幅な売り越しに転じましたが、その間、国内の個人投資家は逆に1兆5000億円以上を買い越しました。特に、NISA口座を通じた個人マネーによる株や投信の購入額は5000億円に上り、日本の株式市場を下支えする格好になりました。

非課税枠が3倍に拡大されれば、さらなる個人マネーの流入が見込まれ、株価対策として高い効果が期待できることになります。このように株価の株価の鍵を握るNISA改革ですが、業界からは非課税枠の問題のほかにも、投資対象に債券が含まれていなかったり、損益通産が出来なかったりと、使い勝手の悪さの改善を求める声も少なくないようです。また、証券会社の間では、非課税枠の拡大よりもむしろ、10年間の時限立法では効果が限定的として、NISAの恒久化を望む意見の方が根強いようです。

株価の下支えが期待され、市場におけるアナウンスメント効果も大きい非課税枠の拡大ですが、目先の株価を意識しすぎた改革に終始すると、使い勝手の悪さが改善されないまま、個人からそっぽを向かれかねません。長期的な視点に立った制度改革が求められているといえます。

<KS>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

政治から読み解く【経済と日本株】:柿沢未途氏「これから本会議、代表質問」

衆議院議員の柿沢未途氏が「これから本会議、代表質問。民主海江田代表、自民谷垣総裁、維新江田代表。江田

記事を読む

no image

NYの視点:米10月雇用統計で早期利上げ観測が強まるとドルは一段高に

先進各国の金融政策でかい離が拡大するとの観測からドル高が進行している。米労働省が発表する10月の雇

記事を読む

no image

NYの視点:次は日銀の追加緩和期待

9月2日付けのシカゴIMM、投機・投資家筋のポジションで円の売り持ち高は前回から増加し、1月中旬以

記事を読む

no image

(ロシア)統一ロシア党、外国政府資産の押収可能案を提出

プーチン大統領が率いる統一ロシア党の議員はこのほど、ロシア国内の外国政府資産の差し押さえを可能にする

記事を読む

no image

【中国の視点】ロシア:欧米の制裁で経済衰退に直面、中国資本を大量誘致も

ロシア経済が衰退に直面していると指摘されている。ウクライナ・クリミア半島のロシア編入後、欧米政府が計

記事を読む

no image

政治から読み解く【経済と日本株】:有田芳生参議院議員(民主党)の「まずは人種的差別を禁止する基本法が必要」

参議院議員(民主党)の有田芳生氏はツイッターにて「お遍路休憩所に外国人排除の紙」との47NEWSにつ

記事を読む

no image

政治から読み解く【経済と日本株】:維新小沢氏「しがらみのない新勢力が日本には不可欠」

日本維新の会の小沢鋭仁衆議院議員が「維新の分裂が刺激となって、民主党、みんなの党が動き始めた。安倍政

記事を読む

no image

NYの視点:日本の消費増税延期、市場はほぼ織り込み済み

内閣省が発表した日本の7-9月期国内総生産1次速報は、前期比年率1.6%減と成長予想に反して4-6

記事を読む

no image

(中国)北京市内の「サブウェイ」に食品偽装、地元紙が潜入取材

ファストフードチェーン店「サブウェイ(SUBWAY)」の北京市西海国際店で、賞味期限の改ざんなど、食

記事を読む

no image

中国人民元の自由化:10年以内に飛躍的な発展、世界の重要準備通貨にも

オーストラリアの金融問題研究・教育機関である国際金融規制センター(CIFR)は最新リポートで、中国人

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑