日揮は格下げでさえない、16年3月期の受注減少を織り込み始めるタイミングとも

公開日: : 注目トピックス 日本株

日揮<1963>がさえない。バークレイズでは投資判断を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に格下げ、目標株価を4400円から3850円に引き下げている。受注高は、14年3月期が6500億円、前期比9%増、15年3月期が1兆1500億円、同77%増、16年3月期が5100億円、同55%減と予想している。今期でのピークアウトを想定しており、そろそろ16年3月期の受注減少を織り込み始めるタイミングと考えているようだ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~シャープがランクイン、新型液晶への期待感が先行

シャープがランクイン。どんな形にもできる液晶を開発したと発表、パネルにカーブをつけたり、穴をあけた

記事を読む

no image

ADワークス Research Memo(11):個人富裕層における不動産投資のマーケット規模は500億円以上

■成長戦略 (4)個人富裕層向けの不動産投資の成長ポテンシャルについて

記事を読む

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日のおすすめ銘柄】アンジェス、エボラ熱治療薬の開発を開始

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。 アンジェ

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は小幅反落、内需関連の一角の下落が重しに

16日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり90銘柄、値下がり119銘柄、変わらず16銘

記事を読む

no image

サイゼリヤが年初来高値を更新、今期見通しが市場コンセンサスを上振れ

サイゼリヤは急伸で年初来高値更新。前日に決算を発表、前8月期の営業利益は55億円で前期比27%減益

記事を読む

no image

アスクルは格下げで大幅続落、LOHACOの立ち上がりが想定よりも鈍いとも

アスクルが大幅続落。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」

記事を読む

no image

ダイナムジャパンHD Research Memo(10):配当性向35%を目安に最大級の株主還元

■配当:株主還元 ダイナムジャパンホールディングス(06889/HK)は、株主還元については高い

記事を読む

no image

アジュバンコスメジャパン<4929>、ケイアートファクトリーと資本業務提携

株式会社アジュバンコスメジャパンは、株式会社ケイアートファクトリー(大阪府東大阪市)と資本業務提携

記事を読む

no image

住友ゴムは大幅反発、欧州でのブランド力向上などが評価できるとも

住友ゴム工業は大幅反発。シティではタイヤセクターの強気レポートをリリースしている。米国のタイヤ需要

記事を読む

no image

ロイヤルホールディングス—「てんや」出店加速、ホテル事業は既存ホテルの売上が伸長

ロイヤルホールディングスは、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」、「天丼てんや」、ステーキ・ハンバ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑