アデランスが急伸、大幅増配予想などをポジティブ視

公開日: : 注目トピックス 日本株

アデランス<8170>が急伸。前日に前2月期の決算を発表、営業利益は36.2億円で前期比1.6%増益、従来予想の41億円を下振れる着地に。今期は41億円で同13.4%増益の見通しとしている。北米事業の遅れや米社買収に伴う償却負担増などが前期下振れの背景に。一方、中期計画を発表、最終年度の17年2月期営業利益は63億円、年率2ケタ成長を予想している。さらに、今期の配当金は15円を予想、前期の10円から大幅増配を予想しており、株主還元策の強化としてポジティブに捉えられているようだ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~ホットリンクはビッグデータ関連として物色が向かう

ホットリンクがランクイン。経産省は商品の購入履歴など消費者データの安全な活用を促すため、企業に新た

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~ナノキャリアは米国での特許査定受領を材料視

ナノキャリアがランクイン。がん細胞や疾患部位を標的にしたセンサーを結合し、薬物を患部へ確実に、大量

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(2/6号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR ライト工 73

記事を読む

no image

きちり—積極的なブランド展開、決算は想定線で着地

きちりは7日、2014年6月期第2四半期累計(2013年7-12月)決算を発表。売上高は前年同期比

記事を読む

no image

エレマテック<2715>2017年3月期売上高2000億円目標、豊田通商グループとの連携強化

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』7月3日放送におい

記事を読む

no image

特に発表なし—月次動向

7月16日は月次動向の発表が特にございませんでした。 <KO>

記事を読む

no image

エーザイが急反落、一部格下げがネガティブインパクトに

エーザイが急反落。大和では投資判断を「4」から「5」に格下げ、目標株価は3500円にまで引き下げて

記事を読む

no image

オプト—第2四半期営業益は4.5倍、進捗率は83.6%に

eマーケティング支援のオプトは25日、2014年12月期第2四半期(1-6月)決算を発表。売上高が前

記事を読む

no image

EMシステムズ Research Memo(7):買収したコスモシステムズの寄与を見込み通期見通しは据え置き

■業績動向 (4)2015年3月期計画 上期は医科システムが想定を下回ったものの、下期は買収し

記事を読む

no image

ヒマラヤ Research Memo(9):B&Dの原価率改善とPB商品拡大で大手との収益性の差は縮小へ

■同業他社比較 ヒマラヤとスポーツ用品小売で同業大手のゼビオ、アルペンとの直近の経営数値の比較をま

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑