ファーストリテは続落、上半期決算を控えるも期待感は高まらず

公開日: : 注目トピックス 日本株

ファーストリテ<9983>は続落。本日、上半期の決算発表を控えているが、期待感は高まる状況になっていない。会社側の上半期営業利益計画は1040億円程度になっているが、海外事業の好調を背景に上振れを見込む向きが多いようだ。1100億円レベルが市場想定線と捉えられる。なお、クレディ・スイス(CS)ではプレビューレポートにおいて、国内事業の粗利益率悪化など、割高感のある株価の上昇を促す内容にはならないと判断しているもよう。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

マネパG Research Memo(6):ポジション現金化など独自サービスで他社と差別化

■会社概要 (5)シェア、特色、強み 一般消費者がテレビやパソコンを購入しようとした場合、A社、

記事を読む

no image

明豊ファシリ Research Memo(7):2015年3月期第2四半期は増収減益決算

■業績動向 (1)2015年3月期第2四半期累計業績 11月10日付で発表された2015年3月

記事を読む

no image

パナソニックは買い先行、業績観測はインパクト薄も地合い改善が支援

パナソニックは買い先行。今期営業利益は前期比80%増の2900億円前後に達し、従来予想を200億円

記事を読む

no image

デリカフーズ Research Memo(5):新規大手顧客の売上貢献で通期売上高は計画上振れの可能性

■業績動向 (3)2015年3月期業績見通し 2015年3月期の連結業績見通しは、売上高が前期

記事を読む

no image

テクマトリックス Research Memo(7):後発の利を活かしてクラウド関連へ加速度的に事業構造転換

■中長期的な成長戦略 テクマトリックスの成長戦略の柱は、(1)クラウドサービスとセキュリティ&セ

記事を読む

no image

東光が急伸、電源回路用インダクターの新製品発売との報道を材料視

東光が急伸。スマホ向けに電力損失を抑えた電源回路用インダクターの新製品を発売すると報じられている。

記事を読む

no image

シェールガス関連として石井鐵工所が急伸、含み資産関連の循環物色の流れも支援

石井鐵工所は急伸と人気化。東京電力が横浜市と川崎市にある3箇所の火力発電所の大半の設備を、「シェー

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(5/27号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 極洋

記事を読む

no image

システム ディ Research Memo(15):今中計での業績目標達成が見えてくれば増配等への期待感も高まる

■株主還元 株主還元は配当によることを基本とし、将来の事業展開と経営体質強化のための内部留保確保

記事を読む

no image

ヒマラヤ Research Memo(1):ワールドカップや東京オリンピックが追い風、出店攻勢へ

ヒマラヤは、一般スポーツ、ゴルフ用品の小売チェーンで業界4位。中期経営ビジョンである「売上高『スポー

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑