香港IPO:豚肉加工最大手の万洲国際、日本でも募集実施へ

公開日: : 注目トピックス 外国株

豚肉加工で世界最大手の万洲国際(旧社名:双匯国際)が、香港での新規株式公開(IPO)を始動させる。あす10日にロードショーを開始する予定で、日本での募集も計画しているようだ。地元メディアが伝えた。

報道によれば、同社は調達予定額50億米ドル(約5096億円)のうち、5億-7億米ドル分を日本に振り向けるようだ。なお、同社が昨年買収した米豚肉最大手スミスフィールド・フーズの主要輸出国は、1位が中国、2位が日本となっている。

万洲国際は河南省に拠点を置く食肉加工会社。昨年下期にスミスフィールドの買収を終えた。ほかに、スペインの食肉大手カンポフリオにも出資。今年1月に社名を双匯国際から変更した。

<NT>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

(中国)短期金利が再び上昇傾向に、月末にも流動性懸念が再燃か

中国の金融市場で4日、短期金利が再び上昇傾向を示した。上海銀行間取引金利(SHIBOR)は7日物で3

記事を読む

no image

(中国)IPO再開:新たに25社が仮目論見書発表、上場審査の第1陣は3社が合格

中国証券監督管理委員会(証監会)は4日に公式ウェブサイト上で、新規株式公開(IPO)を予定している2

記事を読む

no image

米国株式相場 上昇、FOMCの結果を受け

米国株式相場は上昇。ダウ平均は24.88ドル高の17156.85、ナスダックは9.43ポイント高の

記事を読む

no image

(中国)外資系証券が本土株の先行きを楽観、不安要素は徐々に後退へ

複数の外資系証券が本土株式市場の下期の相場展開に楽観的な見方を示している。ゴールドマン・サックス(G

記事を読む

no image

(ロシア)中銀:緊急利上げを実施、ルーブル安を阻止

通貨ルーブルの急落を食い止めるため、ロシア中央銀行は3日、政策金利を5.5%から7.0%に引き上げる

記事を読む

no image

17日の香港市場概況:4日続落も下値は限定的、本土株高が下支えに

17日の香港市場では主要指数のハンセン指数が4営業日続落となり、前営業日比65.54ポイント安(-

記事を読む

no image

(中国)8億円以上の豪邸:昨年は151軒成約、8割以上は上海に集中

統計によると、価格5000万元(約8億2500万円)以上の豪邸の成約件数は2013年通期で151軒に

記事を読む

no image

(香港)セメントセクターが高い、地震の復興需要への思惑などで

セメントセクターが高い。中国雲南省で3日、大地震が発生したことを受け、復興需要への思惑が浮上している

記事を読む

no image

(中国)上海市場はマイナス圏に転落、弱いHSBC製造業PMIを警戒

上海総合指数はマイナス圏に転落。日本時間午前10時50分現在、指数は前日比0.08%安の2031.6

記事を読む

no image

(ブラジル)10月の大統領選挙:ルセフ政権の勝率は43%=世論調査

地元紙エスタド・デ・サンパウロが実施した世論調査によると、今年10月の大統領選挙ではルセフ政権の勝率

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑