東邦ガスが大幅続落、一部格下げ評価をマイナス材料視

公開日: : 注目トピックス 日本株

東邦ガス<9533>は大幅に3日続落。シティでは投資評価を「2」から「3」に格下げ、目標株価も500円から460円に引き下げている。中期計画などで示唆される利益成長は、足元で上昇して割高感のある株価の下支えには不十分と考えているようだ。新年度の実質利益は経費増などで減益が予想されることもネガティブ材料と。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は184円高、ソフトバンクなどが上げ幅拡大

【日経平均は184円高、ソフトバンクなどが上げ幅拡大】 13時04分現在の日経平均株価は、146

記事を読む

no image

岩崎電気—1Q売上高7.2%増、省エネ、節電に貢献するLED照明が堅調に推移

照明大手の岩崎電気が4日に発表した2015年3月期第1四半期(14年4-6月)業績は、売上高が前年同

記事を読む

no image

TOWAが急反落、一部2段階格下げ評価をマイナス材料視

TOWAが急反落。東海東京が投資判断を「1」から「3」に2段階格下げしており、売り材料視されている

記事を読む

no image

ヒマラヤ Research Memo(10):配当・株主優待は年2回実施、総利回りは約4%

■株主還元策について ヒマラヤは株主還元策として、配当金と併せて株主優待制度を導入している。配当金

記事を読む

no image

ヒマラヤ—業績予想を下方修正、消費税率の引き上げ後の需要減が継続

ヒマラヤは17日、2014年8月期の業績予想の修正を発表した。売上高は従来の700.00億円から前期

記事を読む

no image

TYO—第3四半期はTV-CM事業の受注が好調、財務基盤の改善も進む(訂正)

大手広告制作のティー・ワイ・オーは11日、2014年7月期第3四半期累計(2013年8月-2014

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》いよいよソチオリンピックが開幕、所属選手の企業に関心も

ソチオリンピックの開会式が7日に行われるが、それに先立ち6日には一部の競技が始まった。ジャンプの高梨

記事を読む

no image

ダイコク電機 Research Memo(3):ホール経営を支援する情報ツールを展開

■事業内容 (1)情報システム事業 主力の「ホールコンピュータ」を軸に、「景品顧客管理システム」

記事を読む

no image

メディシス Research Memo(12):後発医薬品や在宅医療向けの取り組み強化などで調剤薬局事業は増益基調を維持

■業績動向 (2)2015年3月期業績見通し ○調剤薬局事業 メディカルシステムネットワークは

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~サニックスがランクイン、見直し買いが優勢に

サニックスがランクイン。いちよしでは、レーティング未付与ながら、来期の業績予想を大幅に上方修正して

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑