注目銘柄(3)エスプール<2471>(2/2):市場拡大を背景にスマートメーター関連業務が急拡大へ

公開日: : 注目トピックス 日本株

4月5日に開催されたフィスコ個人投資家向けセミナー「新年度の株式相場の行方を探る」では、注目企業としてエスプール<2471>を取り上げ、フィスコの小川アナリストと、同社のIR担当者との質疑応答を実施した。主な内容は以下の通り。

■エスプール<2471>との質疑応答の概要

Q:昨日2014年11月期第1四半期の決算発表がありましたが、その概要について教えていただけますか?
A:売上高は22.8%増の1,489百万円、営業利益は、約12倍の17百万円となりました。第1四半期は閑散期にあたりスタートは苦戦することが多いのですが、計画を上回ることができ、ここ数年では1番の滑り出しとなりました。

Q:第3の柱へと成長しつつある障がい者雇用支援サービスの今後の展開について、可能な範囲で取り組み内容を教えていただけますか?
A:現在、納品が受注に追い付かない状況が続いており、新農園の建設が急務となっていましたが、土地の確保も完了し、ようやく3月から新農園の建設を開始しました。順調にいけば5月中には完成する予定となっており、第2四半期の業績に寄与する見込みとなっています。

Q:2016年から始まる小売の全面自由化に向けて、スマートメーターの設置に関連する今後の動きを教えていただけますか?
A:東京電力管内の2,700万の全世帯を2020年までにスマートメーターに切り替えることが決定しております。現在は設置に向けた調査段階となりますが、関連業務が急拡大しています。また、スマートメーターへの切換えは、関西電力など他の地域でも順次スタートする見込みで、数年後には、数千億の市場規模になるといわれております。

フィスコ個人投資家向けセミナー
「新年度の株式相場の行方を探る」
2014年4月5日(土)14:00~17:00開催

<NO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日東電工は堅調、月次動向がプラス材料に

日東電工は堅調。前日に発表した月次動向が買い材料につながっている。11月の売上高は前年同月比で16

記事を読む

no image

ロームが急伸、今期見通しは市場予想下振れも保守的との見方に

ロームが急伸。前日の大引け前に決算を発表、営業利益は236億円と黒字転換、従来予想の210億円を上

記事を読む

no image

極洋 Research Memo(5):生食用冷凍食品で高いシェア、回転寿司チェーンに強い

■会社概要 (2)事業内容 ●冷凍食品 冷凍食品部門では、主に水産系の食材を、生食用、加熱用

記事を読む

no image

アインファーマは急落で下落率トップ、第3四半期決算を受けて失望売り優勢に

アインファーマシーズは急落で下落率トップ。同社が前日に発表した第3四半期決算内容がネガティブに受け

記事を読む

no image

ビックカメラ—第3四半期経常益は2.1倍、節電・省エネ・高機能な高付加価値商品が好調

ビックカメラは家電量販店大手。「都市型」「駅前」「大型」を中心とした店舗出店のほか、こだわりの専門店

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(4/25号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB サンヨーH

記事を読む

no image

あらた Research Memo(1):物流部門や間接業務の効率化で収益性は確実に向上

あらたは日用雑貨・化粧品カテゴリーにおける国内最大級の卸商社である。子会社にはペット関連商品卸で業

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》米アップル、ストリーミングTVでコムキャストと提携交渉

米アップルは、テレビ番組のストリーミングサービスで米CATV最大手コムキャストと提携する方向で交渉し

記事を読む

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】年内受渡最終日で12月優待・配当狙い(5件)

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】年内受渡最終日で12月優待・配当狙い(5件)

記事を読む

no image

商船三井はしっかり、海運大手3社に一斉格上げの動き

商船三井はしっかり。本日は海運セクターが業種別上昇率の上位になっている。岡三では、海運大手3社の投

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑