米国株式相場 上昇、雇用統計に楽観的な見方強まり全面高

公開日: : 注目トピックス 外国株

米国株式相場は上昇。ダウ平均は188.30ドル高の15628.53、ナスダックは45.57ポイント高の4057.12で取引を終了した。10-12月期の労働生産性が予想を上回ったほか、予想を下回る週間新規失業保険件数を受けて7日発表予定の1月雇用統計に対する楽観的な見方が強まり、上昇幅を広げる展開となった。トルコリラをはじめとする新興国通貨が戻り基調にあり、新興国の問題が落ち着きに向かっているとの見方も買い安心感につながった。セクター別でも全面高となり、特に小売りやメディアの上昇が目立った。

メディア・娯楽大手のディズニー(DIS)が売上高、利益ともに予想を上回る10-12月期決算を発表して上昇。コーヒー豆およびコーヒーマシンメーカーのグリーン・マウンテン・コーヒー(GMCR)は、コカ・コーラ(KO)が同社株式10%を取得することで合意したと発表し、両社とも堅調推移となった。一方、短文投稿サイトのツイッター(TWTR)が、決算で10-12月期ユーザー数の伸び鈍化など成長減速の兆候がみられたことで大幅下落。自動車大手のゼネラルモーターズ(GM)は、10-12月期利益が予想を下回る決算を発表して、軟調推移となった。

7日の取引開始前に発表される1月雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比18万人増(12月7.4万人増)、失業率は6.7%(同月6.7%)がそれぞれ予想されている。

<KG>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

概況からBRICsを知ろう~インド市場は続伸、外国人投資家(FII)の買い継続が支援材料

【ブラジル】ボベスパ指数 53801.83 -0.47% 7日のブラジル市場は3営業日ぶりに反落。

記事を読む

no image

(ブラジル)ルセフ政権の支持率、37%に低下

最新世論調査によると、ルセフ政権の支持率は昨年12月の43.7%から2月の37%に低下したという。ま

記事を読む

no image

米国株式相場 大幅下落、2012年ぶりにS&P500指数200日移動平均割り込む

米国株式相場は下落。ダウ平均は223.03ドル安の16321.07、ナスダックは62.58ポイント

記事を読む

no image

(中国)内陸部原発の第1号が早期着工か、会社側は「まだ準備中」と否定

中国で内陸部第1号となる原子力発電所の建設が早期に着工するもようだ。地元メディアが5日伝えた。中国核

記事を読む

no image

(ブラジル)製紙大手スザノ・パペルが急騰、好調な四半期決算で12年以来の上げ幅

7.75レアル(+7.19%)=12日終値 製紙大手スザノ・パペル(SUZB5)が急騰し、2012

記事を読む

no image

(中国)上海総合が切り返す、5月製造業PMIは予想上振れ

22日の中国本土市場で、上海総合指数が切り返す展開に。日本時間午前10時49分現在、前日比0.25%

記事を読む

no image

(ロシア)クリミア支援、国内年金を圧迫

ウクライナ・クリミア半島のロシア編入に伴う同地区への経済支援がロシアの年金を圧迫している。ロシア財務

記事を読む

no image

概況からBRICsを知ろう~ロシア市場は3日ぶり反落、利益確定売りが優勢

【ブラジル】ボベスパ指数 51239.34 -1.91% 先週末5月30日のブラジル市場は大幅続落。

記事を読む

no image

概況からBRICsを知ろう~ブラジル市場は続落、一段の成長鈍化見通しが圧迫材料

【ブラジル】ボベスパ指数 51558.79 -0.53% 昨日5日のブラジル市場は続落。主要指標の

記事を読む

no image

(中国)7月の電力消費量は3%増、昨年4月以来の低い伸び

中国国家エネルギー局が14日に発表した7月の電力消費量は前年同月比3.0%増となり、伸び率は前月の5

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑