あい ホールディングス Research Memo(1):既存事業に加えてM&Aが重要な成長戦略

公開日: : 注目トピックス 日本株

あい ホールディングス<3076>は傘下にドッドウエル ビー・エム・エス、グラフテックなど16の事業会社を持つ純粋持株会社。これらの会社が主に7つの事業を展開しているが、現在はセキュリティ事業と米国での情報機器事業が成長エンジンとなっている。

2014年6月期第2四半期(2013年7-12月)決算は、売上高17,813百万円(前年同期比10.8%増)、営業利益3,007百万円(同29.3%増)、経常利益3,090百万円(同26.5%増)、四半期純利益1,923百万円(同44.8%増)となった。これにより2014年6月期通期の予想も売上高35,600百万円(前年比9.9%増)、営業利益6,000百万円(同20.6%増)、経常利益6,100百万円(同20.1%増)、当期純利益3,750百万円(同26.1%増)へ上方修正された。

同社は来期から新規事業を立ち上げることを宣言している。また既存事業に加え、M&Aを成長のための重要な戦略と公言している。常に多くの案件を手がけているが、現在も案件が進行中のようだ。今後の動向からは目が離せない。

また、配当性向30~35%を掲げていることから、今期の業績(利益)によってはさらなる増配の可能性もありそうだ。

■Check Point
・ブレのない明確な方針と素早い経営判断が強み
・今期足元は好調な進捗、業績上振れの可能性も
・堅実、成長、新規事業のサイクルで持続的に成長

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

VTホールディングス Research Memo(3):子会社は日産系・ホンダ系ディーラー6社が中核

■会社概要 (2)事業内容 ○子会社の概要 VTホールディングスは持株会社であるため、実際の

記事を読む

no image

アクトコール—第1四半期は増収減益、家賃収納代行事業は黒字化、不動産開発プロジェクトが下期収益に寄与へ

アクトコールは10日、第1四半期(2013年12月-2014年2月期)決算を発表した。連結業績は、

記事を読む

no image

ルネサスイーストン—東証1部昇格を発表、記念配当2円増額へ

ルネサスイーストンは19日、9月26日付けで東京証券取引所第2部から第1部への昇格を発表した。これに

記事を読む

no image

ネットイヤーグループ Research Memo(9):安定的で継続的な配当が基本方針、将来的には業績連動型の導入も

■株主還元策 株主還元策として、ネットイヤーグループは配当を実施している。将来の事業展開と経営体

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~ラウンドワンが大幅続伸、既存店売上高が2ヶ月連続のプラスに

ラウンドワンが大幅続伸でランクイン。前日に11月の月次動向が発表されている。既存店売上高は前年同月

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は6日続伸、中外薬が約20円の押し上げ要因に

18日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり91銘柄、値下がり122銘柄、変わらず12銘

記事を読む

no image

東和薬品が急伸、決算や一部格上げ評価をプラス材料視

東和薬品が急伸。一昨日に発表の決算が買い材料に。10-12月期営業利益は32.7億円で前年同期比3

記事を読む

no image

伊藤忠エネクス Research Memo(5):カーライフ事業は車関連ビジネスの利益成長を計画

■事業部門の詳細 (2)カーライフ事業 伊藤忠エネクスのカーライフ事業は、系列のガソリン・スタ

記事を読む

no image

ダイナック—8月の既存店売上高は台風の影響もあり0.3%減、客単価は5ヶ月連続で前年実績を上回る

レストラン・バーなどを展開するダイナックは8日、8月の月次動向を発表。既存店売上高は8月の台風11号

記事を読む

no image

CDG <2487>直接的な売上増効果につながる販促プロモーションの企画力に強み

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』8月25日放送にお

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑