政策期待高まるが消費増税の影響見極めで強弱感対立か

公開日: : オープニングコメント

 1日の東京市場は、ややこう着感の強い相場展開になりそうだ。3月31日の米国市場では注目されていたイエレンFRB議長の講演で、異例の金融緩和策は「当面の間、必要」との考えを示したことが好感された。NYダウは100ドル超の上昇となり、この流れを受けて東京市場は買い先行の展開が期待される。

 一方、シカゴ日経225先物清算値は大証比35円高の14815円と反応が鈍い。日経平均は前日に130円超の上昇となったほか、3月4日-7日以来の4営業日続伸となるなか、利食いも出やすいところであろう。チャート形状では25日線を突破し、3月14日に空けたマド埋めを完了しているほか、一目均衡表では基準線、雲下限をクリアしている。短期的な達成感のほか、強弱感が対立しやすいところである。

 企業短期経済観測調査(短観3月調査、日本銀行)の発表が予定されている。短観の事前予想は大企業・製造業の業況判断指数(DI)はプラス19(前回12月調査はプラス16)と、5四半期連続で改善が予想されている。結果次第では追加の緩和期待につながりそうである。

 また、名実ともに新年度相場入りとなるなか、年金資金などの流入への思惑や政策期待が高まる。半面、消費税率が5%から8%に引き上げられた。ギリギリまで駆け込み消費がみられていたこともあり、反動減を見極めたいとする流れも強まりやすい。そのため、積極的に上値を追う展開は期待しづらいところであろう。

 物色はIT関連や公共投資関連など増税の影響を受けづらいセクターや企業への短期的な値幅取り狙いにシフトしやすいだろう。また、3月31日のJPX日経インデックス400は6日続伸となるなど、新資金流入への思惑や高ROE銘柄への関心は高いとみられる。

<TN>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

7-9月期GDPを受けて思惑的な売買が先行

 17日の東京市場は堅調な相場展開が期待されよう。14日のNY市場は10月小売売上高が予想を上回った

記事を読む

no image

個人主体の中小型株物色が中心に

 12日の東京市場はやや売り優勢の相場展開になりそうだ。11日の米国市場ではバージニア州の予備選挙で

記事を読む

no image

米モメンタム株上昇に安心感

 13日の東京市場は堅調な展開が期待される。12日の米国市場ではハイテクの一角や小型株に幅広く買い戻

記事を読む

no image

金融政策決定会合に要注目か

 18日の東京市場は、日銀の金融政策決定会合の結果を見極めることになろう。17日の米国市場はプレジデ

記事を読む

no image

株主総会ピークでこう着、個人主体の循環物色に

 27日の東京市場は引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。26日の米国市場は小幅に反落。5月の

記事を読む

no image

買い一巡後は全人代開幕で為替動向に注視か

 5日の東京市場は買い先行の展開となろう。4日の米国市場はウクライナ情勢の緊張緩和を背景に上昇。NY

記事を読む

no image

成長戦略への期待から押し目買い意欲は強い

 16日の東京市場は政策期待の高まりを背景に、底堅い展開が期待される。13日の米国市場は反発をみせて

記事を読む

no image

売り一巡後は下げ幅を縮める展開がコンセンサスか

 1日の東京市場は売り一巡後の底堅さが意識される相場展開になりそうだ。7月31日の米国市場は、NYダ

記事を読む

no image

個人主体で中小型株に資金が流れやすい

 20日の東京市場は利食い優勢の展開が続きそうである。19日の米国市場ではNYダウが続落となった。米

記事を読む

no image

SQ値安値がコンセンサスだが需給調整が必要に

 11日の東京市場は売り優勢の展開になりそうである。10日の米国市場では、ポルトガル大手行の信用不安

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑