アーバネットコーポレーション Research Memo(2):機能性やデザイン性に優れた投資用ワンルームの設計・開発に

公開日: : 注目トピックス 日本株

■会社概要

(1)事業内容

同社<3242>は、東京23区内を基盤として投資用ワンルームの開発及び1棟販売を基軸事業としている。用地取得から不動産販売会社への卸売りまでを手掛けており、設計・開発に特化しているところに特徴がある。設計事務所からスタートしたデベロッパーとして、機能性やデザイン性に優れた「ものづくり」や、駅近の好立地へのこだわりが入居者からの高い支持を受けるとともに、将来の年金受給などに不安を抱える個人投資家からの堅調な需要に支えられて業績は好調に推移している。

事業セグメントは、「不動産事業」の単一となるが、サブセグメントとして「不動産開発販売」「不動産仕入販売」「その他」の3つに分類される。「不動産開発販売」は、投資用ワンルームマンション「アジールコート」を中心として、分譲用ファミリーマンション「グランアジール」やコンパクトマンション「アジールコフレ」も手掛ける。なお、分譲用ファミリーマンションやコンパクトマンションは、現在までのところ年1~2棟の実績にとどめており、販売は自社で行っている。「不動産仕入販売」は、他社が開発した新築残戸物件の販売や不動産仕入販売等を行っている。「その他」は、不動産仲介及び不動産賃貸業となっている。2013年6月期の実績では、「不動産開発販売」が売上高の約92.2%を占めている。

投資用ワンルームマンションの販売は、提携する販売会社への1棟売りが基本であるが、信頼性が高い販売会社を厳選したうえで密接な関係を築いている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日のおすすめ銘柄】IIJ、MVNOを支援するMVNE事業に注力へ

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。 IIJ

記事を読む

no image

太平洋セメントは格下げで売り優勢、来期は国内が営業減益になるとの見方

太平洋セメントは売り優勢。野村では投資判断を「買い」から「中立」に格下げしている。目標株価も480

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~ヤフーはイーアクセスの買収発表できつい下げに

ヤフーがランクイン。ソフトバンクからイーアクセスを3240億円で買収すると発表している。イーアクセ

記事を読む

no image

ネクスト—ビッグデータを活用した不動産業界特化型のプライベートDMPサービスを開始

不動産・住宅情報サイトのネクストは16日、ビッグデータを活用した不動産業界特化型のプライベートDMP

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~UNITEDが急伸、アングリーバーズの配信を材料視

UNITEDが急伸でランクイン。フィンランドのROVIO社と共同パブリッシング契約を締結し、NTT

記事を読む

no image

システム ディ Research Memo(12):16/10期にはROEが15%に肉薄、各財務指標は著しく改善の見込み

■財務分析と業績動向 (1)財務分析 システム ディは2012年10月期に利益水準が極端に低下

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅続伸、値上がり寄与トップはファーストリテ

19日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり193銘柄、値下がり20銘柄、変わらず12銘

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(12/17号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR ファンコミ 141

記事を読む

no image

パイオニアは売り先行、ホームAV事業の売却発表も短期的な出尽くし感が先行

パイオニアは売り先行。前日にホームAV事業の売却を発表、昨日は発表後に買い進まれる展開となったが、

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):KADOKAWA、図書印刷、スクエニHDなど

KADOKAWA:3490円(前日比+340円) 大幅高。ドワンゴと経営統合する方針を固めたと報じ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑