アーバネットコーポレーション Research Memo(8):投資用ワンルームが好調で売上高、各利益ともに期初会社予想

公開日: : 注目トピックス 日本株

■決算動向

(3)2014年6月期第2四半期(累計)決算の概要

同社<3242>の2014年6月期第2四半期(累計)の業績は、売上高が前年同期比2.3%増の3,617百万円、営業利益が同16.5%減の364百万円、経常利益が同29.9%減の270百万円、四半期純利益が同39.8%減の309百万円と増収減益となった。期初会社予想との対比では、売上高が113.1%、営業利益が169.7%とどちらも計画を上回った。

売上高は、「不動産開発販売」で、引き続き投資用ワンルームの販売が好調であったことや、「不動産仕入販売」で分譲用コンパクトの買取再販が増収に寄与した。特に、投資用ワンルームで11月竣工物件の期中戸別決済が前倒しで発生したことが計画を上回る増収につながった。

また、利益面では、想定していた通り、地価の上昇や円安による建設資材の高騰が建設費用を押し上げたことにより減益となったが、買取再販物件の利益率が想定よりも高かったことや増収による固定費吸収等により、営業利益率は期初計画(6.7%)を上回る水準(10.1%)となった。

貸借対照表の状況については、総資産が11,205百万円(前期末比2,665百万円増)に増加した。その内訳として、現金及び預金は1,652百万円(前期末比394百万円減)と賃貸収益物件の取得等により減少したものの、開発物件(仕掛を含む販売用不動産)が8,160百万円(同2,099百万円増)と順調に積み上がるとともに、固定資産も賃貸収益物件の取得等により984百万円(同800百万円増)に増加した。

一方、有利子負債は、長短合わせて6,837百万円(前期末比1,442百万円増)と増加し、自己資本比率は2.5%となった。

2013年12月末の物件の状況(自社開発物件)は以下のとおりである。2016年6月期まで販売予定物件として、投資用ワンルーム847戸、分譲用コンパクト47戸のプロジェクトが進行しており、そのほとんどが契約済みとなっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

クボテックが急伸、最終損益の黒字転換を材料視

クボテックが急伸。先週末に第1四半期決算を発表、土地建物売却による固定資産譲渡益計上で、最終損益は

記事を読む

no image

ティー・ワイ・オー Research Memo(6):本業回帰による事業再編が奏功し新たな成長ステージへ

■決算動向 (1)過去の業績推移 ティー・ワイ・オーの過去の業績推移を振り返ると、売上高は20

記事を読む

no image

ミロク情報サービス Research Memo(1):持続的な成長と新たな収益基盤の確立で過去最高業績の更新へ

ミロク情報サービスは、会計事務所及び中堅・中小企業向けに、財務会計・税務システムを中心とするERP(

記事を読む

no image

キユーピーは反落、今期見通しは市場予想をやや下回る水準に

キユーピーは反落。前日に11月期の決算を発表、営業利益は243億円で前期比9%増益、従来計画並みの

記事を読む

no image

キトー Research Memo(1):巻上機のトップメーカーでグローバル展開も着実に成長

キトーは、建設現場や製造業の工場などで簡単に物を持上げ、運び、固定するために利用する「巻上機」(チ

記事を読む

no image

ミロク情報 Research Memo(4):アフターサービスによりストック型の収益拡大を実現

■会社概要 (3)業績推移 ミロク情報サービスはここ数年、新規顧客の開拓に注力すると同時に、ア

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(4/25号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB サンヨーH

記事を読む

no image

JDIが急反発、目先の需給改善などを期待する動きが優勢に

JDIが急反発。2014年の年内最終売買日を前日に通過、節税目的のための損失確定売りに押されていた

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~アクロディアはカカオトーク向けゲームに関心が向かう

アクロディアがランクイン。韓国カカオトーク向けソーシャルゲーム「クターといっしょ!for Kaka

記事を読む

no image

ベネ・ワン Research Memo(10):積極的な投資家対応で外国人持ち株比率は高水準

■株価バリュエーションと投資家対応 ベネフィット・ワンの株価は2014年7月末時点でPER16倍程

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑