リプロセル—急伸、STAP幹細胞に対する見解を好材料視

公開日: : 新興市場スナップショット

急伸で一時ストップ高まで。STAP幹細胞の発明に関して、同社の見解を発表したことがポジティブ材料視されている。STAP幹細胞の発明は同社にとって大きなプラス材料であり、これまで蓄積してきた技術力や知的財産をSTAP幹細胞にそのまま応用することで、大きなビジネス機会の創出につなげられるとコメントしており、買い安心感が高まる格好に。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

プラネックスH—S高買い気配、MBOの実施発表を受けて

ストップ高買い気配。マネジメント・バイアウト(MBO)を実施すると発表したことが材料視されている。買

記事を読む

no image

フィールズ—売り優勢、今期業績予想の下方修正を嫌気

売り優勢。今期の営業利益見通しを125億円から96億円へ、最終利益見通しを63億円から52億円へと下

記事を読む

no image

マクドナルド—9営業日続落、12月既存店売上高は前年同月比21.2%減

9営業日続落。これまで下値めどとして意識されていた2500円水準を下振れする格好となっている。9日発

記事を読む

no image

カイオム—大幅続落、バイオ関連の下落が目立つ

大幅続落。同社やPD、タカラバイオなど、バイオ関連の下落が目立つ。マザーズ指数の年初来安値更新が続く

記事を読む

no image

イデアインター—S高買い気配、今期の大幅な業績拡大見通しを好感

ストップ高買い気配。2月にリレント化粧品を合併したほか、健康コーポレーショングループとの取引拡大など

記事を読む

no image

フリービット—買い優勢、「格安スマホ」の特集記事を材料視

買い優勢。自社開発のスマホと使い放題のネット接続、IP電話を組み合わせたサービス「フリービット モバ

記事を読む

no image

イリソ電子—買い優勢、みずほ証券の目標株価引き上げが支援材料に

買い優勢。みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を6400円から7600円へと引き上げたこと

記事を読む

no image

ビーロット—一時ストップ高、需給面主導で急伸する場面も

一時ストップ高まで上昇。11日にマザーズ市場に上場、初値は公開価格の約5.2倍となる10500円だっ

記事を読む

no image

アーキテクツS—下げ目立つ、今期の2ケタ減益見通しをネガティブ材料視

下げ目立つ。今期営業利益は前期比22.8%減の2.1億円、最終損益は同11.2%減の1.3億円と2ケ

記事を読む

no image

サイバダイン—買い気配、SMBC日興が投資判断「1」でカバレッジ開始

買い気配から。SMBC日興が投資判断「1」、目標株価1万6000円でカバレッジを開始したことが材料視

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑