ソフトクリエH Research Memo(2):ECソリューション事業を中心にSIや物品販売など展開

公開日: : 注目トピックス 日本株

■会社概要

(1)会社沿革

ソフトクリエイトホールディングス<3371>の歴史は、1969年8月の「白坂産業有限会社」の設立に遡る。しかし、現在の情報通信企業としての歴史は1983年5月、渋谷にパソコンショップ「ソフトクリエイト」を開店したところから始まる。

当初はパソコンショップの多店舗展開を志向し、ピーク時には7店舗を展開するまでになった。しかし、1990年代半ばに「Windows95」が登場し、家電量販店が本格的に取り扱うようになると、パソコンは急速に家電化した。そうした潮流のなかで、同社はパソコンショップでのリテール事業から、法人向けとインターネット通販へと、大きく事業のかじを切った。自前でネット通販サイトを開設したが、これは短期間に大きな成功を収めることとなった。このノウハウが、現在のECソリューション事業の基礎となっている。

同社のもう1つの事業の流れとして、システムインテグレーション(SI)がある。同社は1983年のパソコンショップ開店当初から、自社ソフトウエアの開発を志向しており、1985年には受託開発系のSIサービスを開始した。前述のように1990年代半ばに法人需要強化にかじを切ったことは、必然的にSI事業の強化となり、今日に至っている。

証券市場には2005年、大証ヘラクレスに上場した。その後2008年に東証2部上場し、2011年に東証1部に指定替えとなった。

(2)事業内容

同社は2012年10月に持ち株会社制に移行した。持ち株会社の下に、ecbeing(イーシービーイング)、ソフトクリエイト、エイトレッドの3社が事業会社として連なっている構図だ。

同社の事業部門は、ECソリューション事業、システムインテグレーション(SI)事業、物品販売事業の3つから成り立っている。3事業会社の事業内容は、ecbeingがECソリューション事業、ソフトクリエイトとエイトレッドがSI事業を、それぞれ手掛けている。エイトレッドはワークフローソフトウエアの開発に特化しており、SI事業のうちネットワーク構築などの領域はソフトクリエイトが担当だ。また、ソフトクリエイトのSI事業に付随するハード(パソコン、サーバーや周辺機器など)/ソフトの販売を切り出したのが、物品販売事業という形になっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)

<NT>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

C&Gシステムズ<6633>海外市場に成長の余地、Gold Product認定で着実に販路拡大へ

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』4月7日放送におい

記事を読む

no image

スターティア Research Memo(7):ストック売上高の構成比が徐々に上昇し業績は安定化

■業績動向と財務分析 (2)2015年3月期下期見通しの考え方 2015年3月期通期見通しは、

記事を読む

no image

日本写真印刷は年初来高値を更新、一部ポジティブレポートを材料視

日本写真印刷は年初来高値を更新。本日は大和のポジティブなレポートが材料視されている。同社では上期ガ

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~三井住友FGなど全般堅調、シカゴは大阪比30円高の17700円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル119.50円換算)で、ルネサス、ANAが小安いほ

記事を読む

no image

JVCケンウッドが急伸、カーナビ世界最大手との提携強化を好感

JVCケンウッドが急伸で年初来高値更新。カーナビ世界最大手の米ガーミンと、自動車メーカー向け純正品

記事を読む

no image

トリドールは決算を受けて急伸、一部目標株価引き上げの動きも材料視

トリドールは急伸。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は15.8億円で前年同期比11%増益、会

記事を読む

no image

コンドーテック Research Memo(7):当初目標はほぼ達成、次目標として売上高100,000百万円を目指す

■成長戦略 コンドーテックは従来、震災復旧・復興需要の対応、太陽光発電関連事業の拡大、海外事業の拡

記事を読む

no image

キリンHDは買い先行、来期の業績・増配観測報道を材料視

キリンHDは買い先行。来期の業績・増配観測報道が伝わっており、買い材料視される格好に。2015年1

記事を読む

no image

田淵電機が急伸、通期業績予想や配当予想の上方修正を好感

田淵電機が急伸。先週末に通期業績予想の上方修正、並びに、配当予想の上方修正を発表している。通期営業

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(3/27号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 東建コーポ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑