エムティーアイ—買い先行、上期計画の上方修正や株式分割を好感(訂正)

公開日: : 新興市場スナップショット

買い先行。上期の営業利益見通しを7.0億円から11.0億円へ上方修正したことが好感されている。第2四半期においては、全国の携帯ショップでコンテンツを販売促進する余力が改善していることや大規模商戦期があることを鑑み、スマートフォン有料会員数拡大に注力するために積極的なプロモーション展開を行う予定と。また、決算発表と同時に、1:2の株式分割を実施すると発表しており、最低投資金額の引き下げによる流動性向上期待も先行へ。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ADWAYS—急伸、子会社がファーストリテイリング・チャイナと業務提携

急伸。子会社のアドウェイズチャイナが、ユニクロを展開するファーストリテイリング・チャイナと業務提携し

記事を読む

no image

リプロセル—急伸、STAP幹細胞に対する見解を好材料視

急伸で一時ストップ高まで。STAP幹細胞の発明に関して、同社の見解を発表したことがポジティブ材料視さ

記事を読む

no image

ラクオリア創薬—買い気配、旭化成ファーマと創薬研究に関する共同研究契約を締結

買い気配から。旭化成ファーマと新薬の創出を目指し、特定のイオンチャネルを標的とした創薬研究に関する新

記事を読む

no image

3Dマトリック—買い優勢か、自己組織化ペプチドの修飾方法に関して米国での特許が成立

買い優勢か。米国マサチューセッツ工科大学より独占実施権の許諾を受けている自己組織化ペプチド技術につい

記事を読む

no image

オンキヨー—買い優勢、パイオニアAV機器事業の統合が伝わり

買い優勢。来年3月をめどに、パイオニアのAV(音響・映像)機器子会社と経営統合することで合意したと伝

記事を読む

no image

3Dマトリック—続伸、シンガポールでの医療機器製品登録の承認取得を好感

続伸。シンガポールにおいて、吸収性局所止血材「PuraStat」の医療機器製品登録の承認を取得したと

記事を読む

no image

タカラBIO—買い先行、国内初のがん免疫遺伝子治療の治験計画届を提出

買い先行。国内初のがん免疫遺伝子治療の医師主導治験による治験計画届を提出したと発表したことが材料視さ

記事を読む

no image

ミクシィ—続伸、韓国版「モンスト」の事前登録を開始

続伸。三角もち合いからの上放れを再度試す展開となっている。3日より主力のスマートフォン向けゲーム「モ

記事を読む

no image

トレックスセミ—ストップ高、信用規制解除やシーテック開幕を材料視

ストップ高。東証が7日売買分から信用規制を解除すると発表し、資金流入期待から買い優勢となっている。9

記事を読む

no image

ファーマF—買い先行、新規機能性バナナ素材の上市を材料視

買い先行。ドールとの共同開発による、発酵青バナナ末由来の新規機能性素材「バナファイン」が上市されるこ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑