東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

公開日: : 未分類

東ソー<4042>は急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を560円から670円に引き上げている。今期営業利益は470億円から535億円に、来期は530億円から610億円にそれぞれ上方修正。円安や原燃料安が追い風で、来期は9期ぶりに最高益更新を予想している。今後はコンセンサス予想の切り上がりが想定されると。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

6月5日のNY為替概況

5日のニューヨーク外為市場でドル・円は、102円73銭へ上昇後、102円34銭まで反落し102円40

記事を読む

no image

インテリックス Research Memo(5):リノヴェックス販売事業は採算性重視で減収も、総利益率の上昇で大幅増益

■決算動向 (2)セグメント別状況 同社のセグメント別の収益状況について見ると、中古マンション再

記事を読む

no image

ネオスが急落で下落率トップ、第1四半期の赤字決算をマイナス材料視

ネオスが急落で下落率トップ。先週末に発表した第1四半期の決算が嫌気されている。営業損益は0.2億円

記事を読む

no image

米国株は下落、ウクライナ情勢の緊迫化を嫌気(7日)

「シカゴ日経平均先物(CME)」(7日)SEP14O 15090(ドル建て)H 15250L

記事を読む

no image

欧州為替:地政学的リスク回避の円買い 101.92円/138.61円

ドル・円は、地政学的リスクへの警戒感から、101円92銭まで軟調推移。 ユーロ・ドルは、ユーロ圏の

記事を読む

no image

野村HDの強い動きが目立つ、証券株はほぼ全面高に

野村HDの強い動きが目立つ。特に目立った材料は観測されていないが、本日は証券セクターが業種別上昇率

記事を読む

no image

10月9日のNY為替概況

 9日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円54銭から108円18銭へ上昇し107円80銭で引

記事を読む

no image

レーサム—続伸、堅調な上期決算を受けて買い安心感(訂正)

続伸。上期(4-9月)決算を発表しており、営業利益は前年同期比29.1%増の30.96億円、四半期純

記事を読む

no image

ケネディクスが急反発、好業績を評価する流れに

ケネディクスが急反発。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は前年同期比21.5%増の22.4億円

記事を読む

no image

(ロシア)4月の鉱工業生産、予想以上に上昇

統計局は20日、4月の鉱工業生産が前年同月比で2.4%上昇し、前月の上昇率1.4%を上回ったと発表し

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑