東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

公開日: : 未分類

東ソー<4042>は急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を560円から670円に引き上げている。今期営業利益は470億円から535億円に、来期は530億円から610億円にそれぞれ上方修正。円安や原燃料安が追い風で、来期は9期ぶりに最高益更新を予想している。今後はコンセンサス予想の切り上がりが想定されると。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ロシア政府、一部欧米食品の輸入禁止を解除

ロシア政府が欧米食品の国内輸入禁止について、一部を解除したと報じられた。一部メディアによると、政府は

記事を読む

no image

ウエストHD—大幅反発、九州電力の再生エネ受け入れ再開を材料視

大幅反発。九州電力が再生エネルギーの受け入れを一部再開すると発表している。電力各社の受け入れ停止や、

記事を読む

no image

6日の米国市場ダイジェスト:ダウは188ドル高、雇用統計への楽観的な見方が強まる

■NY株式:ダウは188ドル高、雇用統計への楽観的な見方が強まる NYダウ       ナスダッ

記事を読む

no image

博展Research Memo(4):商環境サービス事業は顧客企業の「売れる空間」をプロデュース

■事業概要 (3)商環境サービス事業 企業が自社及び商品のブランド認知度向上や販促活動のために

記事を読む

no image

ジャストプランニング Research Memo(6):「まかせてタッチ」はサービスメニューが揃い本格拡販へ

■今後の見通し (2)新サービスの動向 ○「まかせてタッチ」 「まかせてタッチ」とは、飲食店で来

記事を読む

no image

オバマ米大統領、プーチン露大統領の制裁対象組み入れを示唆

オバマ米大統領は17日、ロシア軍によるウクライナ南部クリミア半島への軍事侵攻に関わった疑いでロシアや

記事を読む

no image

欧米為替見通し:米国のインフレ率とメスター次期クリーブランド地区連銀総裁の講演に要注目

本日30日の欧米市場のドル・円は、ロンドンフィキシングでの月末絡みの売買に警戒しつつ、米国のインフ

記事を読む

no image

アデランス Research Memo(5):ヘアクラブ社の本格寄与で2Q海外ウィッグ事業は大幅増収に

■成長戦略 (2)海外ウィッグ事業の状況 2015年2月期第2四半期の海外ウィッグ事業は、売上

記事を読む

no image

トレンドが出やすい後場、先物主導でプラスに転じるか

 日経平均は小幅に下落。26.20円安の15169.57円(出来高概算9億6000万株)で前場の取引

記事を読む

no image

アイスタイル Research Memo(3):メディアサービスはクライアント企業からの広告出稿料が主な収入源

■事業概要 (1)メディア事業 メディア事業のなかには「@cosme」上でのサービスとしてメデ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑