東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

公開日: : 未分類

東ソー<4042>は急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を560円から670円に引き上げている。今期営業利益は470億円から535億円に、来期は530億円から610億円にそれぞれ上方修正。円安や原燃料安が追い風で、来期は9期ぶりに最高益更新を予想している。今後はコンセンサス予想の切り上がりが想定されると。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

アデランス Research Memo(16):ライバルの攻勢で一時低迷するも、リストラを断行し黒字体質が定着

■財務分析 (2)過去の業績推移 ○連結営業利益のピークは2002年2月期 アデランスは19

記事を読む

no image

後場に注目すべき3つのポイント~指数寄与度の高い銘柄が指数を牽引

8日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。 ・オプションSQ控えポジション調整等によ

記事を読む

no image

ミクシィ—さえない、大型株への資金シフトで物色の圏外に

さえない。同社やサイバーダイン、日本通信など、新興市場の主力株が総じて軟調に推移している。ドル・円の

記事を読む

no image

米国による石油備蓄の放出、ロシア制裁の最強武器=ソロス氏

米著名投資家ジョージ・ソロス氏はこのほど、ウクライナ南部クリミア自治共和国のロシア編入をめぐる欧米制

記事を読む

no image

(ブラジル)ヴァーレが3%以上の下落、鉄鉱石価格の下落を嫌気

28.40(-3.20%)=30日終値 鉄鉱石大手ヴァーレ(VALE3)が大幅下落。鉄鉱石価格は3

記事を読む

no image

日経平均は小幅反落、米雇用統計を控えて方向感が乏しい展開

日経平均は小幅に反落。欧州中央銀行(ECB)の追加金融緩和を受けた欧米株高が支援材料となる一方、為替

記事を読む

no image

日経平均は大幅反発スタート、日立マクセルの初値は1971円に

日経平均;14491.41;+213.74TOPIX;1173.66;+18.73 [寄り付き

記事を読む

no image

26日の香港市場概況:3日ぶり反落、過熱感や本土株安が売り手掛かりに

26日の香港市場では主要指数のハンセン指数が3営業日ぶり反落となり、前日比92.41ポイント安(-

記事を読む

no image

NY原油:反発で95.54ドル、ウクライナ停戦期待や米経済期待で買い先行

NY原油は反発(NYMEX原油10月限終値:95.54 ↑2.66)。93.78ドルから95.83

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は続落、指数寄与度の大きい銘柄が押し下げ

8日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり30銘柄、値下がり192銘柄、変わらず3銘柄と

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑