H.I.S.は大幅反発、目標株価引き上げや訪日外国人数発表への期待感も

公開日: : 注目トピックス 日本株

H.I.S.<9603>は大幅反発。モルガン・スタンレー(MS)では投資判断「オーバーウェイト」を継続で、目標株価を4000円から4500円に引き上げている。原油安→燃料サーチャージ低下→国際線旅客需要の喚起といった流れを想定して、業績予想をコンセンサスの上限値並み水準にまで上方修正しているもよう。また、インバウンド関連として、明日の訪日外国人数発表なども期待材料視へ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

キッツが年初来高値更新、燃料電池関連の一角として関心が高まる

キッツが年初来高値更新。燃料電池関連の一角として関心が高まっているもよう。外資メーカーなどの製品と

記事を読む

no image

富士フイルムはしっかり、新規高評価が支援材料に

富士フイルムはしっかり。上半期営業利益は前年同期比約2割増の700億円程度になったもようとの観測報

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~住石HDが急伸、本業の順調推移を評価する流れに

住石HDが急伸でランクイン。前日に業績予想の修正を発表している。経常利益は3.2億円から4.7億円

記事を読む

no image

システム ディ Research Memo(13):14/10期上期は学園ソリューション事業の貢献で大幅な増収増益を達成

■財務分析と業績動向 (2)2014年10月期の上期決算 システム ディの2014年10月期・

記事を読む

no image

特に発表なし—月次動向

10月17日は月次動向の発表が特にございませんでした。 <KO>

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は小反発、ソフトバンクやファーストリテが重しに

20日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり108銘柄、値下がり104銘柄、変わらず13

記事を読む

no image

ソフトバンクは売り先行、競争激化懸念やアリババの株安がネガティブ材料に

ソフトバンクは売り先行。NTTドコモが来年2月に開始する光回線と携帯電話のセット販売の概要が明らか

記事を読む

no image

【注目銘柄】ソニー—エレクトロニクス事業の投資家向け説明会開催へ

ソニーは25日、エレクトロニクス事業の投資家向け説明会が予定されている。スマートフォンやデジカメなど

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~みずほFGなど全般軟調、シカゴは大阪比40円安の17340円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル117.72円換算)で、任天堂、ホンダ、ソニーが小

記事を読む

no image

共立メンテナンス—寮事業は好調、訪日観光客の増加を追い風にホテル事業は収穫期へ

共立メンテナンスは、学生寮や社員寮施設の管理・運営のほか、シニア向け賃貸住宅、ビジネスホテル、リゾー

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑