H.I.S.は大幅反発、目標株価引き上げや訪日外国人数発表への期待感も

公開日: : 注目トピックス 日本株

H.I.S.<9603>は大幅反発。モルガン・スタンレー(MS)では投資判断「オーバーウェイト」を継続で、目標株価を4000円から4500円に引き上げている。原油安→燃料サーチャージ低下→国際線旅客需要の喚起といった流れを想定して、業績予想をコンセンサスの上限値並み水準にまで上方修正しているもよう。また、インバウンド関連として、明日の訪日外国人数発表なども期待材料視へ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

マネパG Research Memo(10):FX取引の潜在的な成長余地は依然大きい

■中期展望と経営戦略 (1)FX市場の将来性 マネーパートナーズグループの中期展望を考える際、F

記事を読む

no image

ケネディクス Research Memo(2):受託資産残高は1.4兆円を超え、運用報酬が安定的な収益源

■事業概要 ケネディクスは国内最大の独立系不動産アセットマネジメント会社である。日本の不動産投資

記事を読む

no image

東京特殊電線は急伸と人気化、業績上方修正などで短期資金が向かう

東京特殊電線は急伸と人気化。前日に発表した第1四半期決算、並びに、業績の上方修正が買い材料視されて

記事を読む

no image

ネットワークバリューコンポネンツ—米スレットストップ社と国内販売代理店契約を締結

ネットワークバリューコンポネンツは5日、米スレットストップ社(ThreatSTOP,Inc.)と、同

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は続伸、値上がり寄与トップはソフトバンク

1日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり162銘柄、値下がり53銘柄、変わらず10銘柄と

記事を読む

no image

アイダは買い先行、燃費改善に向けた車体軽量化の恩恵を享受するとの見方

アイダは買い先行。ゴールドマン・サックス(GS)が投資判断を新規に「買い」、目標株価を1400円と

記事を読む

no image

エイジア Research Memo(5):全セグメントで大幅な売上増を達成

■業績動向 (2)事業セグメント別動向 アプリケーション事業の当期売上高は前期比25.7%増の8

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比10円高の17460円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル118.63円換算)で、トヨタ自、ソフトバンク、キ

記事を読む

no image

コニシ Research Memo(16):2014年末に発表見込みの新しい中期経営計画では利益目標の水準に注目

■中期経営計画 (3)新しい中期経営計画 進行中の2015年3月期が現在の中計の最終年度である

記事を読む

no image

ティー・ワイ・オー Research Memo(9):広告主直接モデルの躍進、海外事業の新規展開で中計達成へ

■中期経営計画 ティー・ワイ・オーは、2014年7月期を初年度とした中期経営計画(TYOグループ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑