日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は116円高、ソフトバンクなどが冴えない

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

【日経平均は116円高、ソフトバンクなどが冴えない】

13時00分現在の日経平均株価は、16980.95円(前日比+116.79円)で推移。日経平均は前引け値から若干上げ幅を縮めて始まっている。ランチタイムの225先物は、じりじりと上げ幅を縮めており、10時半辺りにつけた安値16920円処での攻防に。昼のバスケットは買い越しとの観測。円相場は1ドル=116円97銭辺りと円高に振れて推移している。

売買代金上位ではマイナス銘柄が目立ってきており、トヨタ<7203>、ソフトバンク<9984>、JT<2914>、シャープ<6753>、ファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>、ブリヂストン<5108>が冴えない。一方で、ファナック<6954>が指数を下支え。材料系では、ガーラ<4777>、ファーマF<2929>が堅調。

【ドル・円は117円10銭付近、上海総合指数の大幅安を受けたドル売り観測】

ドル・円は117円10銭付近で推移。上海総合指数の大幅安が意識され、ドル・円は一時116円93銭まで下げた。117円以下には短期筋などのドル買いオーダーが残されており、アジア市場でドル・円が117円を継続的に下回る可能性は低いとの見方もある。

13時00分時点のドル・円は117円10銭、ユーロ・円は135円38銭、ポンド・円は177円31銭、豪ドル・円は96円14銭付近で推移。上海総合指数は、3163.72(前日比-6.30%)で前引け。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

東京為替:ドル・円は101円81銭付近、FOMCを控え上値は限定的

ドル・円は101円81銭付近で推移。ドル・円は、東京株式市場が強含みに推移していることで下げ渋る展

記事を読む

no image

日経平均寄り付き&為替概況:日経平均は43円安、14000円割れの局面では押し目買いの動き

【日経平均は43円安、14000円割れの局面では押し目買いの動き】 9時40分現在の日経平均株価

記事を読む

no image

【NY午前外為概況】米Q3GDP内容に失望、ドル反落

 30日のニューヨーク午前の外為市場でドル・円は、109円36銭へ上昇後、108円80銭へ反落した。

記事を読む

no image

日経平均寄り付き&為替概況:日経平均は303円高、円安や景気刺激策期待で自律反発の動き

【日経平均は303円高、円安や景気刺激策期待で自律反発の動き】 9時30分現在の日経平均株価は、

記事を読む

no image

日経平均は15円高、中小型株の強含みが支援材料に

14時13分現在の日経平均株価は、14686.36円(前日比+15.41円)で推移。後場の日経平均

記事を読む

no image

日経平均テクニカル:25日線の抵抗突破を試すか

日経平均は続伸。じり高基調が続いており、25日線に接近してきている。一目均衡表では転換線をクリアし

記事を読む

no image

東証業種別ランキング:不動産が上昇率トップ、大手不動産株を中心に全面高

本日4日は、不動産が上昇率トップ。三井不動産、三菱地所、住友不動産など大手不動産株を中心に全面高商

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は101円98銭付近、3月経常収支の予想下振れが円売り材料に

ドル・円は101円98銭付近で推移。日経平均株価は小幅安となっているが、14000円を下回る可能性

記事を読む

no image

日本株見通し:利食い先行は想定内、ソフトバンクの動向が日経平均に影響

26日の東京市場は利食い優勢の展開になりそうだ。25日の米国市場では、予想を下回る経済指標の発表が

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は102円11銭付近、アジア市場では102円台を維持するとの見方

ドル・円は102円11銭付近で推移。日経平均株価は買い戻しの動きが一服。ただ、リスク回避的な円買い

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑