センコーは格上げで急反発、低収益業務を中心に運賃転嫁が加速するとの見方

公開日: : 注目トピックス 日本株

センコー<9069>が急反発。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も530円から730円に引き上げている。低収益業務を中心に運賃転嫁が加速すると予想されること、ランテックの業績寄与を増額したことなどを背景に業績予想を上方修正、来期営業利益は2割強の営業増益を予想しているようだ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

トクヤマが急反発、一部業績見通しや燃料電池車関連として関心が向かう

トクヤマが急反発。クレディ・スイス(CS)では、第1四半期営業利益は45億円となり、会社計画を上回

記事を読む

no image

トライステージ Research Memo(11):タイの現地企業と12月に合弁会社を設立

■成長戦略 (4)海外マーケットへの進出と育成 トライステージの海外展開としては2012年以降

記事を読む

no image

大和ハウスは格下げで大幅続落、その他住宅大手との比較で魅力は小さいとも

大和ハウスは大幅に3日続落。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュー

記事を読む

no image

三菱マテリアルが軟調、非鉄市況の先行き懸念で関連銘柄の下げが目立つ

三菱マテリアルが軟調。同社のほか、住友鉱、東邦亜鉛など大手非鉄金属株の下げが目立っている。中国企業

記事を読む

no image

東京製鐵は格上げで大幅続伸、スプレッドの拡大局面を迎えたとの指摘

東京製鐵は大幅に3日続伸。三菱UFJでは投資判断を「アンダーパフォーム」から「ニュートラル」に格上

記事を読む

no image

イグニス—新感覚スマホRPG「ぼくとドラゴン」配信に先駆け、事前登録キャンペーンを開始

スマホ向けネイティブアプリの企画開発を手掛けるイグニスは26日、協力バトルRPGアプリの配信に先立ち

記事を読む

no image

スターティア Research Memo(8):低下しているROEに注視、利益成長が再加速してくればROEも上昇へ

■業績動向と財務分析 (3)財務分析 スターティアの自己資本利益率(ROE)の推移を見ると、2

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅続伸、値上がり寄与トップはファーストリテ

2日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり202銘柄、値下がり17銘柄、変わらず6銘柄と

記事を読む

no image

フォトクリエイト—フォトクラウド事業は前年同期比増収に

12日に発表したフォトクリエイトの第1四半期決算では、売上高は前年同期比1.8%増の6.61億円、営

記事を読む

no image

大塚HDは米ベンチャー買収を発表も売り先行、買収資金が高いとの見方

大塚HDは売り先行。米ベンチャーのアバニア社を買収すると発表している。買収額は約4200億円のもよ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑