センコーは格上げで急反発、低収益業務を中心に運賃転嫁が加速するとの見方

公開日: : 注目トピックス 日本株

センコー<9069>が急反発。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も530円から730円に引き上げている。低収益業務を中心に運賃転嫁が加速すると予想されること、ランテックの業績寄与を増額したことなどを背景に業績予想を上方修正、来期営業利益は2割強の営業増益を予想しているようだ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

《注目銘柄を探る》国交相、リニア中央新幹線、工事実施計画認可へ

国土交通省は10月17日、JR東海が2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の工事実施計画を認可する

記事を読む

no image

【注目材料】ソニーのコンピュータにハッカー侵入

ソニーピクチャーズのコンピューター・ネットワークにハッカーが侵入したと報じられている。脅迫されてお

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、値上がり寄与上位に自動車株がランクイン

26日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり146銘柄、値下がり71銘柄、変わらず8銘柄と

記事を読む

no image

中国塗料—主要造船国の新造船建造量が全体的に底入れ

中国塗料は船舶用塗料、工業用塗料、コンテナ用塗料を中心に、様々な分野への塗料を製造・販売する塗料メー

記事を読む

no image

ダイナック—10月既存店売上高は2.6%増、2ヶ月連増で前年実績を上回る

レストラン・バーなどを展開するダイナックは10日、10月の月次動向を発表。既存店売上高は、前年同月

記事を読む

no image

アールテック・ウエノ Research Memo(9):中期の経営目標値としてROEを重視、引き続き10%以上を維持

■中長期見通し アールテック・ウエノは中期の経営目標値として、利益の最大化、株主価値の最大化を目

記事を読む

no image

スター・マイカ Research Memo(1):足元の業績は堅調、積極的な拡大戦略で先行きにも明るさ

スター・マイカは中古マンション事業を主力とする。主に1都3県のファミリータイプの賃貸中の中古マンショ

記事を読む

no image

泉州電業 Research Memo(9):実績PBRは0.4倍と解散価値を下回る水準

■株主還元策 泉州電業は株主還元策として配当金や株主優待制度、自社株買い等で対応していく方針だ。

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大証比110円安の14290円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.23円換算)で、三井住友、ホンダが堅調。一

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~ダイコク電がランクイン、一部格下げの動きを嫌気

ダイコク電がランクイン。いちよしがレーティングを「A」から「B」に格下げしていることが弱材料視され

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑