センコーは格上げで急反発、低収益業務を中心に運賃転嫁が加速するとの見方

公開日: : 注目トピックス 日本株

センコー<9069>が急反発。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も530円から730円に引き上げている。低収益業務を中心に運賃転嫁が加速すると予想されること、ランテックの業績寄与を増額したことなどを背景に業績予想を上方修正、来期営業利益は2割強の営業増益を予想しているようだ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ADR日本株ランキング~三菱UFJなど全般軟調、シカゴは大阪比360円安の16800円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル116.24円換算)で、ソニー、富士重、日東電、オ

記事を読む

no image

プロネクサス Research Memo(7):第1四半期に業績が集中する傾向

■企業特徴 (3)業績の季節性 また、プロネクサスの業績面における特徴として、第1四半期(4月-

記事を読む

no image

コニシ—第3四半期純利益19%増、ボンド事業、化成品事業ともに好調

合成接着剤国内最大手のコニシは31日、2014年第3四半期(2013年4-12月)業績を発表。売上

記事を読む

no image

ヒマラヤ Research Memo(3):2014年8月期は新規出店や積極的な販促施策が奏功し増収

■決算動向 (1)2014年8月期の業績概要 9月29日付で発表された2014年8月期の連結業

記事を読む

no image

富士通が大幅続伸、前日発表の決算内容や格上げ評価を好感

富士通が大幅続伸。前日に発表した決算内容が好感される展開に。実績営業利益は1426億円で前期比61

記事を読む

no image

シャープは買い優勢、「IGZO」の中国への出荷量倍増報道を材料視

シャープは買い優勢。スマホ向けに「IGZO」を安価で提供、中国への出荷量を年内メドに倍増させると報

記事を読む

no image

インタースペース Research Memo(4):ママ向けコミュニティサイト広告販売やソーシャルメディア・アプリ中心

■事業概要 (2)メディア運営事業 インタースペースのメディア運営事業は、自社運営しているママ向

記事を読む

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】観光ガイドヘルパー事業の需要に期待(6件)

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。 医療関連

記事を読む

no image

ソフトブレーン Research Memo(10):来期以降に向けた業績拡大トレンドの明確化に注目

■株主還元策 ソフトブレーンは株主還元基本方針として、「企業体質強化と事業展開に備えるため内部留

記事を読む

no image

マネーパートナーズグループ<8732>体質改善により低水準の営業収益でも利益が出る体質に

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』8月18日放送にお

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑