センコーは格上げで急反発、低収益業務を中心に運賃転嫁が加速するとの見方

公開日: : 注目トピックス 日本株

センコー<9069>が急反発。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も530円から730円に引き上げている。低収益業務を中心に運賃転嫁が加速すると予想されること、ランテックの業績寄与を増額したことなどを背景に業績予想を上方修正、来期営業利益は2割強の営業増益を予想しているようだ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

TOKAIHD Research Memo(2):第1四半期業績は利益で第2四半期計画を大幅に超過

■決算動向 (1)2015年3月期の第1四半期業績 7月31日付で発表された2015年3月期第

記事を読む

no image

アルバックの強い動きが目立つ、高評価継続で売り方の買い戻しが強まる

アルバックの強い動きが目立つ。JPモルガン(JPM)では投資判断「オーバーウェイト」、目標株価27

記事を読む

no image

コロムビアがストップ高買い気配、フェイスがTOB実施で子会社化すると発表

コロムビアがストップ高買い気配。フェイスがTOBを実施して子会社化すると発表している。フェイスは3

記事を読む

no image

MUTOHHDはしっかり、米3Dプリンター関連の株高が刺激材料に

MUTOHHDはしっかり。米国市場では、ストラタシス、3Dシステムズ、エクスワンなど3Dプリンター

記事を読む

no image

アコムが急反発、利息返還問題は最終段階に近づいているとの指摘

アコムが急反発。クレディ・スイス(CS)では、利息返還問題は最終段階に近づいているとして、投資判断

記事を読む

no image

証券各社レーティング(格上げ):横河電機、日本光電の2社

■格上げ(※新規格付けの場合は強気) 銘柄名  :横河電機 証券会社 :UBS 変更前  : -

記事を読む

no image

ムサシ Research Memo(4):国政選挙との高い相関性、2014年末の衆院選で上方修正へ

■「選挙システム機材」事業 (2)収益構造と業績インパクトの考え方 選挙システム機材事業の売上

記事を読む

no image

トヨタは伸び悩む展開、コンセンサス上振れ決算もサプライズは限定的

トヨタは伸び悩む展開。同社は前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は6927億円で前年同期比4.4

記事を読む

no image

ティー・ワイ・オー Research Memo(1):事業再編が奏功し更なる成長を追求するフェーズへ

ティー・ワイ・オーは、TV-CMの企画・制作を主力としており、大手CM制作会社の一角を占めている。

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~ラクオリアは選択的ナトリウムチャネル遮断薬の特許査定受領を好感

ラクオリアがランクイン。選択的ナトリウムチャネル遮断薬に関して、日本における特許査定を受領したと発

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑