センコーは格上げで急反発、低収益業務を中心に運賃転嫁が加速するとの見方

公開日: : 注目トピックス 日本株

センコー<9069>が急反発。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も530円から730円に引き上げている。低収益業務を中心に運賃転嫁が加速すると予想されること、ランテックの業績寄与を増額したことなどを背景に業績予想を上方修正、来期営業利益は2割強の営業増益を予想しているようだ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

明豊ファシリティワークス Research Memo(5):建設工事をトータルマネジメントするCM事業が成長

■事業概要 (4)事業概要 明豊ファシリティワークスの事業セグメントはコンストラクション・マネジ

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比5円高の15175円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.30円換算)で、ソフトバンク、ホンダ、三井

記事を読む

no image

ディーブイエックス—9月3日付けで東証第1部に昇格へ

循環器系の医療機器販売のディーブイエックスは27日、9月3日付けで東京証券取引所第2部から第1部への

記事を読む

no image

エイチームが急伸、第1四半期で上半期計画をほぼ達成

エイチームが急伸。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は4.9億円で前年同期比4.4倍、上半期

記事を読む

no image

ヘリオステクノがストップ高、来期業績への期待感が先行

ヘリオステクノがストップ高。四季報の発売を控えて期待感が高まっているものとみられる。新四季報では、

記事を読む

no image

DeNAが大幅続伸、個人向け遺伝子サービスへの本格参入を発表

DeNAは大幅に3日続伸。前日に個人向け遺伝子サービスへの本格参入を発表、先に観測報道は伝わってい

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):日産自動車、良品計画、SUMCOなど

日産自動車:984円(前日比+12円) しっかり。前日には6月の米国自動車販売が発表されている。全

記事を読む

no image

■田代昌之の銘柄選定:決算発表時期の出来高変化率ランキングに注目

フィスコアナリストの田代昌之は、決算発表時期は取引時間中に発表する銘柄が多いことから、無料のスマート

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~鉄建がランクイン、JR東の新線開設報道で関心

鉄建がランクイン。JR東日本が2020年代半ばに東京都心と羽田空港を結ぶ新線を開設すると報じられて

記事を読む

no image

ラクオリア創薬 Research Memo(13):研究開発拠点の移転で事業費用の削減を進める

■中期経営計画と業績見通し (3)費用計画の詳細 ラクオリア創薬は事業費用についても、十分な研

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑