MDNT—後場急伸、「樹状細胞を増幅する特許技術」に関する技術評価完了

公開日: : 新興市場スナップショット

後場急伸。アイロムHD<2372>の100%子会社であるディナベックと昨年5月に締結した「樹状細胞を増幅する特許技術」の実施許諾契約について、再現性等の技術評価が完了し、次のステップとして臨床応用に向けた開発に進むと発表している。健常人において、従来の培養法と比較してより多くの樹状細胞を得ることが確認できたとしている。

<HK>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

MDNT—大幅続伸、資金流入でマザーズ売買代金首位に

大幅続伸。21日に、九州大学との共同研究部門において難治性悪性腫瘍に対する免疫細胞療法の臨床試験を開

記事を読む

no image

APLIX—大幅反発、Beaconモジュールの機能強化を材料視

大幅反発。O2Oや位置情報などの幅広いサービスの新しいソリューションである「Beaconモジュール」

記事を読む

no image

イデアインター—S高買い気配、今期の大幅な業績拡大見通しを好感

ストップ高買い気配。2月にリレント化粧品を合併したほか、健康コーポレーショングループとの取引拡大など

記事を読む

no image

今村証券—一時ストップ高、短期資金向かい賑わう展開に

一時ストップ高。先週からIPOラッシュを迎えているなか、昨日上場を果たした同社に短期資金が向かってい

記事を読む

no image

菊池製作所—売り先行、第1四半期の赤字決算を嫌気

売り先行。第1四半期の営業損益は1.8億円の赤字、最終損益は7200万円の赤字となったことがネガティ

記事を読む

no image

リプロセル—買い先行、パーキンソン病をiPS細胞で治療と伝わり

買い先行。京大が、iPS細胞を使いパーキンソン病を治す臨床研究を開始すると報じられたことが材料視され

記事を読む

no image

UBIC—大幅反発、人工知能応用技術に関する特許取得を材料視

大幅反発。「プレディクディブ・コーディング」に係る日本特許を取得したと発表したことが材料視されている

記事を読む

no image

大泉製—急伸、欧州大手自動車メーカーでの採用を材料視

急伸。主力製品である自動車用温度センサが、世界最大の電装メーカーである独ロバート・ボッシュを通じて、

記事を読む

no image

マイクロニクス—売り気配、目先の材料出尽くし感から利益確定売り

売り気配から。昨日は、国際二次電池展の開催を受けて朝方こそ期待感から強い動きとなったものの、後場にか

記事を読む

no image

エヌピーシー—ストップ高買い気配、好調な第1四半期決算や業績予想上方修正を好感

ストップ高買い気配。第1四半期(14年9-11月)決算と同時に、上期及び通期業績予想の修正を発表して

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑