MDNT—後場急伸、「樹状細胞を増幅する特許技術」に関する技術評価完了

公開日: : 新興市場スナップショット

後場急伸。アイロムHD<2372>の100%子会社であるディナベックと昨年5月に締結した「樹状細胞を増幅する特許技術」の実施許諾契約について、再現性等の技術評価が完了し、次のステップとして臨床応用に向けた開発に進むと発表している。健常人において、従来の培養法と比較してより多くの樹状細胞を得ることが確認できたとしている。

<HK>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日本通信—急伸、日本郵便が格安スマホ参入検討との報道で思惑買いも

急伸。日本郵便が格安スマートフォン事業への参入を検討していると報じられており、関連銘柄に物色が向かっ

記事を読む

no image

グリムス—後場買い気配、中期経営計画を好材料視

後場は買い気配から。昼休み時間中に、「2014中期経営計画」を発表したことが好材料視されている。数値

記事を読む

no image

ITBOOK—急伸、マイナンバー関連として物色が向かう

急伸でストップ高まで。政府がマイナンバーを医療分野にも活用する方針と報じられており、マイナンバー関連

記事を読む

no image

ITBOOK—急伸、マイナンバー関連として物色が向かう

急伸でストップ高まで。政府が、銀行の預金口座に預金者の税と社会保障の共通番号(マイナンバー)の登録を

記事を読む

no image

エナリス—7営業日ぶり反発、社長交代で悪材料出尽くし感が先行(訂正)

7営業日ぶり反発。第三者調査委員会からの追加報告書の受領及びと代表取締役の交代を発表している。複数年

記事を読む

no image

コックス—急伸、第1四半期の好決算を材料視

急伸。3-5月期営業損益は1.0億円の黒字転換、最終損益も7600万円の黒字転換となったことが好材料

記事を読む

no image

FFRI—続伸、直近IPO銘柄が引き続き物色対象に

続伸。市場環境が不安定ななか、需給懸念の小さい直近IPO銘柄が物色される展開が続いている。21日にマ

記事を読む

no image

フロイント—売り先行、第1四半期の赤字決算を嫌気

売り先行。3-5月期営業損益は2000万円の赤字、最終損益は2900万円の赤字となったことが嫌気され

記事を読む

no image

JACR—一時ストップ高まで、月次動向を材料視

一時ストップ高まで。前日10月の月次動向を発表している。売上高は前年同月比38.1%増となった。前月

記事を読む

no image

サイバダイン—大幅反発、換金売り一巡で75日線突破を試す展開に

大幅反発。海外投資家不在の東京市場では、動意薄の大型株を尻目にマザーズ指数が前日比+2%と強い動きを

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑