政治から読み解く【経済と日本株】:蓮舫氏「再出発の民主党」

公開日: : 注目トピックス 経済総合

参議院議員の蓮舫氏が「再出発の民主党。昨日の岡田克也さんの演説で、「改革を訴え共に自民党を出た仲間がいた。残念ながら、羽田孜さんや藤井裕久さんなどすでに引退された方、志半ばで政界を去った方も多くいる。その想いを実現するために今一度、民主党を建て直す」との言葉が私には染み入りました。頑張ります。」とツイートしている。

18日に実施された民主党代表選挙は、決戦投票の末、岡田克也氏が細野豪志氏を破って約10年ぶりに民主党代表の座に返り咲いた。任期は17年9月末までで、まずは今春に実施される統一地方選挙で民主党新体制のトップとしての手腕を発揮することとなる。

「再チャレンジ」での返り咲きは、現首相の安倍氏と同じ。今後は、最大野党の民主党が維新の党などほかの野党との連携を含めた動きが活発化する見通し。岡田代表は現時点で、「国会での協力は重要だが、同じ等になることは考えられない」とコメントしている。

<MT>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

(中国)北京~モスクワ高速鉄道、総投資額26兆円との試算も

中国とロシアが、それぞれの首都・北京とモスクワを結ぶ高速鉄道を建設する構想を打ち出した。17日付の京

記事を読む

no image

(中国)トヨタのHV:現地化を加速、部品の現地調達最終目標は100%

外電によると、トヨタ自がハイブリッド(HV)の生産コストを削減するため、2015年から中国に投入する

記事を読む

no image

(中国)2月のHSBC製造業PMI速報値は48.3、市場予想を下回る

HSBCはきょう20日、2月の中国製造業購買担当者指数(PMI、速報値)が48.3と、前月の49.5

記事を読む

no image

【中国から探る日本株】一人っ子政策緩和:北京でもついに実施、来年にもベビーブーム到来か

中国の首都、北京市は21日付で、人口規制策の「一人っ子政策」を緩和した。複数メディアが報じたもので、

記事を読む

no image

タカ派によるハト派発言

ブラード米セントルイス地区連銀総裁は、2015年第1・四半期の利上げを主張してきたことで、「タカ派」

記事を読む

no image

NYの視点:イエレンFRB議長のミニ警告

グリーンスパン元連邦準備制度理事会(FRB)議長は1996年にクリントン大統領から3期目のFRB議

記事を読む

no image

塩崎厚労大臣「GPIFは分散投資をすることが望ましい」

塩崎恭久厚生労働大臣は「年金積立金運用独立行政法人(GPIF)は分散投資をすることが望ましい」「ガバ

記事を読む

no image

携帯大手、アイパッドでも激しい下取り競争

NTTドコモは18日、同日から予約受付を開始した「iPad Air 2」および「iPad mini

記事を読む

no image

“号泣”野々村県議、中国ネットの反応は「こんなに少ないの?」

中国にも野々村議員の動画が拡散されている。 ネットの反応を見ると、「一年でたった18万元か、本当

記事を読む

no image

人民元国際化の前に規制緩和が必要=人民銀の周総裁

中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁はきょう11日、世界同時不況が起きた後、既存の国際通貨システムに

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑