政治から読み解く【経済と日本株】:蓮舫氏「再出発の民主党」

公開日: : 注目トピックス 経済総合

参議院議員の蓮舫氏が「再出発の民主党。昨日の岡田克也さんの演説で、「改革を訴え共に自民党を出た仲間がいた。残念ながら、羽田孜さんや藤井裕久さんなどすでに引退された方、志半ばで政界を去った方も多くいる。その想いを実現するために今一度、民主党を建て直す」との言葉が私には染み入りました。頑張ります。」とツイートしている。

18日に実施された民主党代表選挙は、決戦投票の末、岡田克也氏が細野豪志氏を破って約10年ぶりに民主党代表の座に返り咲いた。任期は17年9月末までで、まずは今春に実施される統一地方選挙で民主党新体制のトップとしての手腕を発揮することとなる。

「再チャレンジ」での返り咲きは、現首相の安倍氏と同じ。今後は、最大野党の民主党が維新の党などほかの野党との連携を含めた動きが活発化する見通し。岡田代表は現時点で、「国会での協力は重要だが、同じ等になることは考えられない」とコメントしている。

<MT>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

中国の中国人民元安誘導

中国人民銀行が中国人民元安誘導を実施しており、3月5日からの始まる全国人民代表大会が終了した後に、中

記事を読む

no image

中国が反テロ対策を強化、「国家反テロ情報センター」を設立へ

ウイグル族など少数民族による分離・独立の動きが過激化するなか、中国政府が反テロ対策を一段と強化する。

記事を読む

no image

「相当の期間」の射程

米国連邦準備理事会(FRB)の量的緩和第3弾(QE3)は、今月末の連邦公開市場委員会(FOMC)で終

記事を読む

no image

ウォール街の女神、イエレンFRB議長の議会証言

本日と明日、イエレンFRB議長は、半年に一度の定例議会証言を行う(15 日は上院・銀行委員会、16

記事を読む

no image

(ロシア)欧米、対露強力制裁実施の公算小

欧米が強力な制裁を追加する可能性が低いとの見方が広がっている。欧米がロシアへの強力な制裁が報復を誘発

記事を読む

no image

【中国から探る日本株】欧米勢がエコカーで攻勢、富裕層に人気のアウディはPHV現地生産へ

海外の自動車大手が中国のエコカー市場に照準を定めている。独フォルクスワーゲン傘下のアウディは9日、中

記事を読む

no image

【中国の視点】中国の小米:インド重視姿勢鮮明に、世界でのサムスン追撃を加速

中国のスマートフォン(スマホ)メーカー、北京小米科技(シャオミ)はこのほど、2015年の世界市場にお

記事を読む

no image

インドGDP:購買力平価で日本抜き世界3位に=世銀

世界銀行は29日付のリポートで、購買力平価(PPP)ではインドの国内総生産(GDP)が2011年に日

記事を読む

no image

NYの視点:米9月雇用統計、「Yom Kippur買い戻し」のきっかけになるか

株式相場は現在、24日のユダヤ教新年祭Rosh Hashanahから始まった下落サイクルにある。こ

記事を読む

no image

【中国の視点】バフェット氏:馬雲会長を尊敬、だがアリババに投資しない

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏はこのほど、中国メディアの取材を受けた。米株式市場に上場する計画

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑