すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

公開日: : 注目トピックス 日本株

すかいらーく<3197>は買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期推定比48%増の140億円程度になりそうだとの観測報道が伝わっている。前回上場していた99.12期の最高益にほぼ並ぶ見通しと。市場コンセンサスは150億円程度であり、サプライズは限定的と見られるが、好業績のディフェンシブ銘柄に関心が集まりやすい中、短期的な買い安心感が相対的に強まる状況となっている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

大研医器 Research Memo(10):事業リスク顕在化の可能性は低い

■リスク要因 大研医器の業績をみるうえで、考えられる主なリスク要因としては以下の5点が挙げられるが

記事を読む

no image

ミロク情報 Research Memo(5):14/3期は3期連続で最高益を達成、会社計画も上回る

■決算動向 (1)2014年3月期連結業績 2014年5月9日付で発表された2014年3月期の

記事を読む

no image

フルスピード Research Memo(7):ネットキャッシュはほぼゼロベースと安定した水準を維持

■財務状況と株主還元策について フルスピードの財務状況は2008年のリーマン・ショック以降、大幅

記事を読む

no image

キヤノンは上値の重い展開、上方修正された見通しは楽観的との指摘

キヤノンは上値の重い展開に。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「ニュートラル」から「アンダーパ

記事を読む

no image

エプソンが急伸、第3四半期決算がポジティブインパクトに

エプソンが急伸。同社が先週末に発表した第3四半期決算がポジティブなインパクトを強めさせている。10

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~JINがランクイン、第3四半期決算を受けて格上げの動き

JINがランクイン。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は21.8億円で前年同期比57%減益

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(7/25号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB ホクト

記事を読む

no image

電算システム Research Memo(1):第2四半期は半期ベースの過去最高業績を更新

電算システムは岐阜県発祥の独立系総合情報処理サービス企業で、現在では全国に事業を展開している。SIや

記事を読む

no image

IIJが後場急落、市場予想を大幅に下回る通期下方修正を嫌気

IIJが後場急落。同社が前引け後に発表した第3四半期決算が売り材料に。累計営業利益は42.1億円で

記事を読む

no image

シンワアートオークション—15年5月期第2四半期は増収減益、通期予想は大幅増額修正

シンワアートオークションは9日、2015年5月期第2四半期(14年6-11月)決算を発表。売上高は前

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑