すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

公開日: : 注目トピックス 日本株

すかいらーく<3197>は買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期推定比48%増の140億円程度になりそうだとの観測報道が伝わっている。前回上場していた99.12期の最高益にほぼ並ぶ見通しと。市場コンセンサスは150億円程度であり、サプライズは限定的と見られるが、好業績のディフェンシブ銘柄に関心が集まりやすい中、短期的な買い安心感が相対的に強まる状況となっている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ミロク情報サービス Research Memo(6):有利子負債の圧縮により財務体質の改善が進む

■決算動向 (2)財務状況 ミロク情報サービスの2014年9月末の財務状況について見ると、総資産

記事を読む

no image

ダイナムジャパンHD Research Memo(9):顧客の支持獲得には成功、下期以降の回復に備える

■業績:決算と見通し (2)2015年3月期下期以降の業績の考え方 2015年3月期の下期も上

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(11/11号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB ミライトHD

記事を読む

no image

アイ・エス・ビー Research Memo(3):モバイルで強みを発揮も売上高構成比はバランスが取れた構造に

■会社概要 (2)事業の概要と企業グループ 同社は「情報サービス事業」という単一セグメント企業

記事を読む

no image

J-オイルミルズ Research Memo(7):下期は円安が想定以上、食用油の8〜10%値上げで対応

■業績動向 (2)下期及び通期の見通し J-オイルミルズの2015年3月通期の計画は、当初の計画

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日続伸、値上がり寄与トップはソフトバンク

4日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり118銘柄、値下がり97銘柄、変わらず10銘柄と

記事を読む

no image

アイ・エス・ビー Research Memo(8):新事業の売上高は、2015年12月期にかけて大きく成長すると期待

■中期経営計画と成長性 (3)その他の新事業 同社が中期成長を担う成長製品として期待を寄せるも

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比5円安の15685円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル105.09円換算)で、三住トラスト、住友商、三菱

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日続落、ファーストリテが後場プラス転換し指数けん引

5日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり82銘柄、値下がり130銘柄、変わらず13銘柄

記事を読む

no image

アーバネットコーポレーション Research Memo(7):前期は利益率改善により大幅な営業増益を達成

■決算動向 (2)2013年6月期決算の概要 同社の2013年6月期の業績は、売上高が前期比4

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑