すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

公開日: : 注目トピックス 日本株

すかいらーく<3197>は買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期推定比48%増の140億円程度になりそうだとの観測報道が伝わっている。前回上場していた99.12期の最高益にほぼ並ぶ見通しと。市場コンセンサスは150億円程度であり、サプライズは限定的と見られるが、好業績のディフェンシブ銘柄に関心が集まりやすい中、短期的な買い安心感が相対的に強まる状況となっている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

《注目銘柄を探る》岩谷産業、圧縮機のいらない水素ステーション開発目指す

岩谷産業は大幅反発で年初来高値(840円)に接近してきている。 燃料電池車(FCV)の年度内の市販が

記事を読む

no image

FJネクスト Research Memo(12):将来に向けた資産運用に加え、相続増税対策でもニーズ高まる

■資産運用型マンションの概要と魅力 (2)購入者の目的、メリット 購入者は一般的なサラリーマンが

記事を読む

no image

トヨタは年初来高値更新、円安進行や米国自動車販売の好調さを材料視

トヨタはしっかりで年初来高値を更新。為替市場での円安進行、11月の米国自動車販売の好調などを好材料

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):日立製作所、カシオ、日本通信など

日立製作所:757円(前日比+5円) もみ合い。今期営業利益は前期推定比1割増の6000億円前後に

記事を読む

no image

コニシ Research Memo(10):安定配当を志向、次の中計で増配の可能性も

■配当政策 コニシは特に目安となる「配当性向」を定めていないが、常に安定配当を目指している。20

記事を読む

no image

ユー・エス・エス—第1四半期はオークション出品台数が増加

ユー・エス・エスは、中古自動車オークション運営で市場シェア32.3%(2014年1月-6月)とトップ

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、ファーストリテやソフトバンクが指数押し下げ

25日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり53銘柄、値下がり165銘柄、変わらず7銘柄

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~洋ゴムが年初来高値更新、相対的に順調な決算内容を評価

洋ゴムが年初来高値更新でランクイン。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は340億円で前年同

記事を読む

no image

洋ゴムは目標株価引き上げで大幅続伸、株価水準には割安感が強いとの見方

東洋ゴム工業が大幅続伸。バークレイズでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を900円から

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》マイクロソフト、イスラエルのセキュリティー会社買収で交渉中

米マイクロソフトはイスラエルのサイバーセキュリティー新興企業アオラトの買収に向け交渉していると、事情

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑