すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

公開日: : 注目トピックス 日本株

すかいらーく<3197>は買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期推定比48%増の140億円程度になりそうだとの観測報道が伝わっている。前回上場していた99.12期の最高益にほぼ並ぶ見通しと。市場コンセンサスは150億円程度であり、サプライズは限定的と見られるが、好業績のディフェンシブ銘柄に関心が集まりやすい中、短期的な買い安心感が相対的に強まる状況となっている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ファナックは急反落、決算はサプライズ薄で短期的な出尽くし感が先行

ファナックは急反落。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は1383億円で前年同期比85%増益、9月

記事を読む

no image

日本ハムが年初来高値を更新、食肉市況改善などに期待が持てるとも

日本ハムが年初来高値を更新。SMBC日興証券では、食品・日用品セクターのレポートにおいて、注目銘柄

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):キヤノン、マイクロニクス、コロプラなど

キヤノン:3148円(前日比+69円) 買い先行。前日に自己株式の取得実施を発表している。発行済み

記事を読む

no image

木徳神糧 Research Memo(4):第2四半期は大幅増益となり期初予想を上振れ

■決算動向 (1)2014年12月期第2四半期実績 1.損益状況 木徳神糧の2014年12月期第

記事を読む

no image

カイオム Research Memo(7):当面は配当の実施予定なし

■リスク要因と株主還元策 (1)リスク要因 カイオム・バイオサイエンスの業績を見るうえでの主な

記事を読む

no image

ムサシ—印刷機材が低調も文書のデジタル化事業が順調

ムサシは11日、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)決算を発表。売上高が前年同期比9.2%減

記事を読む

no image

インタースペース Research Memo(1):主力のアフィリエイト広告が好調に推移し大幅増収増益

インタースペースはアフィリエイト広告大手で、金融・オンラインゲーム業界カテゴリー向けに強みを持つ。ゲ

記事を読む

no image

日新製鋼は格下げで売り優勢、今期経常減益は不可避との見方

日新製鋼は売り優勢。三菱UFJでは投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げ、目標

記事を読む

no image

日本MDMがストップ高買い気配、複数製品の承認取得発表で関心が高まる

日本MDMがストップ高買い気配。人工股関節大腿骨ステム「OVATIONTribute ヒップステム

記事を読む

no image

CDG—6月の大幅な改善で第1四半期は小幅増収を確保

CDGは、大手企業の販売促進を企画・立案する「マーケティングソリューションカンパニー」。通信・飲料・

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑