東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

公開日: : 注目トピックス 日本株

東ソー<4042>は急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を560円から670円に引き上げている。今期営業利益は470億円から535億円に、来期は530億円から610億円にそれぞれ上方修正。円安や原燃料安が追い風で、来期は9期ぶりに最高益更新を予想している。今後はコンセンサス予想の切り上がりが想定されると。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

サン電子 Research Memo(13):M2M事業でもイスラエル社と資本業務提携

■成長戦略 (2)需要拡大の見込めるM2M事業を強化 今後、需要拡大の見込めるM2M事業にも注

記事を読む

no image

■田代昌之の銘柄選定:決算発表時期の出来高変化率ランキングに注目

フィスコアナリストの田代昌之は、決算発表時期は取引時間中に発表する銘柄が多いことから、無料のスマート

記事を読む

no image

牧野フライスは大幅続伸、受注は相対的に良好な状況を持続する可能性とも

牧野フライス製作所は大幅続伸。三菱UFJでは投資判断「アウトパフォーム」を継続で、目標株価を970

記事を読む

no image

エスプール—販売支援サービスに特化した新会社を設立

エスプールは18日、販売促進支援サービスを提供する子会社「エスプールセールスサポート」を設立したと発

記事を読む

no image

東北電力は格上げで堅調、バリュエーション面での懸念が解消との見方

東北電力が堅調。JPモルガン(JPM)では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上

記事を読む

no image

アデランス—3月の月次動向を発表、国内は前年同月比23.4%増収

アデランスは10日、2014年3月の月次動向を発表した。月次売上は、国内では、美材ルートを除く全て

記事を読む

no image

プラザクリエイト Research Memo(4):既存店売上高プラスを目標に成長施策を推進

■イメージング事業の成長戦略 (3)第二の創業の当面の目標は「既存店プラス」 第二創業期のスター

記事を読む

no image

証券各社レーティング(格下げ):ナブテスコの1社

■格下げ(※新規格付けの場合は弱気) 銘柄名  :ナブテスコ 証券会社 :シティ 変更前  :「

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅続伸、値上がり寄与上位に7&IHD

27日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり136銘柄、値下がり74銘柄、変わらず14銘柄

記事を読む

no image

ソフトクリエH Research Memo(9):事業構造の変化に伴うバリュエーション切り上がりに期待

■財務分析 ソフトクリエイトホールディングスの自己資本利益率(ROE)は、2013年3月期実績ベー

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑