東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

公開日: : 注目トピックス 日本株

東ソー<4042>は急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を560円から670円に引き上げている。今期営業利益は470億円から535億円に、来期は530億円から610億円にそれぞれ上方修正。円安や原燃料安が追い風で、来期は9期ぶりに最高益更新を予想している。今後はコンセンサス予想の切り上がりが想定されると。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

7&iHDがさえない、6-8月期の営業減益をネガティブ視

7&iHDがさえない。前日に上半期の決算を発表、営業利益は1672億円で前年同期比1.6%増益、従

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は続伸、値上がり寄与トップはソフトバンク

21日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり160銘柄、値下がり49銘柄、変わらず16銘柄

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比70円高の14680円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.00円換算)で、ルネサス、野村、任天堂が軟

記事を読む

no image

電算システム Research Memo(13):ここ数年は1株益の増大に伴って増配基調を継続

■株主還元 電算システムは株主還元を経営の最重要課題の1つとして掲げている。配当政策においては、

記事を読む

no image

タナベ経営—第1四半期営業利益52.1%増、コンサルティングやセミナー、ネットワーク事業等順調

中堅・中小企業向け経営コンサルティングのタナベ経営は5日、2015年3月期第1四半期(14年4-6月

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~セルロースナノファイバー関連に短期資金が向かう

一工薬、星光PMCがランクイン。経産省が「セルロースナノファイバー」のロードマップ策定と伝わってい

記事を読む

no image

バンダイナムコHDが大幅続落、通期上方修正も市場コンセンサスに達せず

バンダイナムコHDが大幅続落。前日に上半期の好決算を発表している。営業利益は319億円で前年同期比

記事を読む

no image

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期推定比48%増の140億円程度

記事を読む

no image

インテリックス Research Memo(9):リノベーション内装工事の請負事業で事業ポートフォリオの多様化を図る

■成長戦略 (2)事業ポートフォリオの多様化 事業ポートフォリオの多様化としては、リノベーション

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~ミクシィはmixiへの不正ログインで懸念も

ミクシィがランクイン。先週末に、交流サイト「mixi」の利用者の一部にあたる約1万7000件のID

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑