東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

公開日: : 注目トピックス 日本株

東ソー<4042>は急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を560円から670円に引き上げている。今期営業利益は470億円から535億円に、来期は530億円から610億円にそれぞれ上方修正。円安や原燃料安が追い風で、来期は9期ぶりに最高益更新を予想している。今後はコンセンサス予想の切り上がりが想定されると。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ダイコク電機—多彩なイルミネーションの呼出ランプなどが好調で上方修正

ダイコク電機は、パチンコホール向けのコンピュータシステムの製造・販売を行う「情報システム事業」、パ

記事を読む

no image

KADOKAWAが急伸、ドワンゴとの経営統合報道を好感

KADOKAWAが急伸。ドワンゴとの経営統合報道が伝わっている。両社ともにメリットが大きいとの見方

記事を読む

no image

京セラが急反発、今期見通しが観測報道や市場予想を上振れ

京セラが急反発。一昨日に決算を発表している。前期営業利益は1206億円で前期比56.8%増益、従来

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~ソフトバンクなど全般堅調、シカゴは大阪比95円高の15765円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル105.1円換算)で、三住トラスト、花王、任天堂が

記事を読む

no image

ソルクシーズ—上家氏“いつでもどこでも”実現へ安全なファイル共有は不可欠

ソルクシーズは29日、インプレス/東京IT新聞が9月19日に主催した「スマホ時代クラウドを活用しない

記事を読む

no image

夢テクノロジー—付加価値の高い人材サービスを提供、きめ細かくサービスをカスタマイズして提案

夢テクノロジーは、製造業・IT業界におけるエンジニアのアウトソーシング事業を展開している。エンジニ

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~第一興商はJPX日経400構成銘柄として関心が向かう

第一興商がランクイン。日本取引所グループは25日、投資魅力の高い日本企業400社で構成する新株価指

記事を読む

no image

ソフトブレーンが後場急伸、「アップル コンサルタント・ネットワーク」への参加を発表

ソフトブレーンが後場急伸。米アップル社の認定を受けて、「アップル コンサルタント・ネットワーク」へ

記事を読む

no image

セプテーニHD Research Memo(5):新人漫画家を発掘・育成しコンテンツ配信する版権ビジネス

■メディアコンテンツ事業 (2)マンガコンテンツ事業 コミックスマートが手掛けるマンガコンテン

記事を読む

no image

ディップが大幅続伸、好業績継続で一段と評価を高める流れに

ディップは大幅に3日続伸。前日に決算を発表、前2月期営業利益は17.1億円、前期比6.9倍となり、

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑