東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

公開日: : 注目トピックス 日本株

東ソー<4042>は急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を560円から670円に引き上げている。今期営業利益は470億円から535億円に、来期は530億円から610億円にそれぞれ上方修正。円安や原燃料安が追い風で、来期は9期ぶりに最高益更新を予想している。今後はコンセンサス予想の切り上がりが想定されると。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ラクーン Research Memo(5):自己資本比率、D/Eレシオ、ROA、営業利益率ともに改善を継続

■決算動向 (2)財務状況 ラクーンの2014年4月末の財務状況は表のとおりで、総資産残高は前期

記事を読む

no image

ソーバル Research Memo(6):通期予想は保守的な印象、MCTECと新卒社員の収益貢献で上振れも

■2015年2月期業績予想 2015年2月期の業績予想は、連結で売上高6,700百万円(前期比1

記事を読む

no image

新日鐵住金は3日続落、中国景気の鈍化懸念などが引き続きマイナス材料に

新日鐵住金は3日続落。昨年8月以来の安値水準となっている。中国景気の鈍化懸念などが引き続き鉄鋼株の

記事を読む

no image

【注目IPO】:gumiは落ち着いた初値形成、売り一巡後は下げ渋る展開に

gumiは本日新規上場。公開価格3300円と同値の初値をつけ、いったん下げ幅を広げたものの、その後

記事を読む

no image

東ソーは格上げで急反発、予想以上の業績好調などに評価

東ソーが急反発。野村では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げ、目標株価を440円から57

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》JR東日本、ホームドア整備などに総額1兆円投資

JR東日本は、2014年度から5ヵ年の安全計画を発表。 首都圏直下型地震に備えた耐震工事や踏切事故

記事を読む

no image

BBT Research Memo(6):「世界で活躍するグローバルリーダーの育成」をさらに推進

■決算概要 (2)アオバジャパン・インターナショナルスクールの概要と子会社化の目的について アオ

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~菊池製作がランクイン、ロボット関連に短期資金

菊池製作がランクイン。ソフトバンクがロボット事業に参入すると報じられたことが刺激材料となり、同社な

記事を読む

no image

ダイコク電機 Research Memo(12):業界のリーディングカンパニーとして盤石な事業基盤を築く

■沿革 ダイコク電機は、1964年、現代表取締役社長の栢森秀行(かやもりひでゆき)氏の実父である栢

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(9/17号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 東建コーポ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑