DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

公開日: : 注目トピックス 日本株

DTS<9682>は独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をはじめ、さまざまな業種・業態のコンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までのシステムに関わるサービスを提供。

足元の業績では、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)の売上高が前年同期比14.0%増の351.37億円、営業利益が同28.5%増の26.69億円、経常利益が同28.6%増の27.16億円、四半期純利益が同33.7%増の15.01億円だった。

金融、通信に続く第三の柱の創出に向けた施策として、組込み関連ビジネスの拡大を目的に、アートシステム、横河ディジタルコンピュータの株式を取得し、新規連結としている。同時にグループ会社の再編も進めており、昨年4月に同社を存続会社として、子会社FAITECを吸収合併。さらに、同社の関西支社および中京支社の情報サービス事業を分社化し、DTSWESTを設立している。

また、DTSWESTは、子会社である総合システムサービスと2015年4月をもって合併。両社が有するノウハウの融合や経営基盤の強化を図ることで、西日本地域におけるさらなる事業拡大を目指す。

新規ソリューションの創出に向けた取り組みとしては、昨年5月に畜産業向けクラウドサービス「Dr.Cowbell」を開始。中小規模システムユーザー向けシステム監視製品「ReSM(リズム)システム監視スタートセット」や、複数端末間で情報を共有・閲覧できるオンラインストレージ「On-PreSt(オンプレスト)」を発売するなど、新たなサービスの提供を進めている。

15年3月期通期については、売上高が前期比12.2%増の720.00億円、営業利益が同18.1%増の56.00億円、経常利益が同17.5%増の56.50億円、純利益が同20.6%増の32.00億円を見込んでいる。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ジャストプランニング<4287>新サービス「まかせてタッチ」導入本格化でASP事業の収益拡大見込む

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』6月2日放送におい

記事を読む

no image

インテリックス Research Memo(9):リノベーション内装工事の請負事業で事業ポートフォリオの多様化を図る

■成長戦略 (2)事業ポートフォリオの多様化 事業ポートフォリオの多様化としては、リノベーション

記事を読む

no image

東京・虎ノ門地区に地下鉄の新駅整備へ

東京メトロと都市再生機構(UR)は10月14日、2020年の東京オリンピックとパラリンピックの開催を

記事を読む

no image

大幸薬品 Research Memo(4):引き続き二酸化塩素の安全性や有効性に係る研究を継続

■消費者庁からの措置命令対応完了と今後について 3月27日に消費者庁から、大幸薬品を含む二酸化塩

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比15円高の15545円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル104.07円換算)で、三住トラスト、ANA、イオ

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~みずほFGなど全般軟調、シカゴは大阪比190円安の14110円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.56円換算)で、野村HD、ルネサス、三住ト

記事を読む

no image

日東電工は堅調、月次動向がプラス材料に

日東電工は堅調。前日に発表した月次動向が買い材料につながっている。11月の売上高は前年同月比で16

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~ゲーム関連の一角としてガンホーに物色が波及

ガンホーがランクイン。目立った材料はないが、ミクシィが好決算を受けて連日でストップ高買い気配が続く

記事を読む

no image

J-オイルミルズ Research Memo(3):原料の大豆や菜種の搾油から精製販売までを一貫して行う

■会社概要 (2)事業概要 J-オイルミルズの事業は、主力の「製油事業」と「その他」に分けられ、

記事を読む

no image

ソフトバンクは売り先行、Tモバイル買収が実現困難になるとの報道を嫌気

ソフトバンクは売り先行。スプリントのTモバイル買収が、さらに実現困難になるとの米紙報道を嫌気する動

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑