DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

公開日: : 注目トピックス 日本株

DTS<9682>は独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をはじめ、さまざまな業種・業態のコンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までのシステムに関わるサービスを提供。

足元の業績では、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)の売上高が前年同期比14.0%増の351.37億円、営業利益が同28.5%増の26.69億円、経常利益が同28.6%増の27.16億円、四半期純利益が同33.7%増の15.01億円だった。

金融、通信に続く第三の柱の創出に向けた施策として、組込み関連ビジネスの拡大を目的に、アートシステム、横河ディジタルコンピュータの株式を取得し、新規連結としている。同時にグループ会社の再編も進めており、昨年4月に同社を存続会社として、子会社FAITECを吸収合併。さらに、同社の関西支社および中京支社の情報サービス事業を分社化し、DTSWESTを設立している。

また、DTSWESTは、子会社である総合システムサービスと2015年4月をもって合併。両社が有するノウハウの融合や経営基盤の強化を図ることで、西日本地域におけるさらなる事業拡大を目指す。

新規ソリューションの創出に向けた取り組みとしては、昨年5月に畜産業向けクラウドサービス「Dr.Cowbell」を開始。中小規模システムユーザー向けシステム監視製品「ReSM(リズム)システム監視スタートセット」や、複数端末間で情報を共有・閲覧できるオンラインストレージ「On-PreSt(オンプレスト)」を発売するなど、新たなサービスの提供を進めている。

15年3月期通期については、売上高が前期比12.2%増の720.00億円、営業利益が同18.1%増の56.00億円、経常利益が同17.5%増の56.50億円、純利益が同20.6%増の32.00億円を見込んでいる。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ソフトブレーン Research Memo(2):「eセールスマネージャー」はクラウド型の需要も伸長

■事業概要 ソフトブレーンの事業は「eセールスマネージャー関連事業」「フィールドマーケティング事

記事を読む

no image

JPXは格下げでさえない、業績モメンタムは弱まっているとの指摘

JPXがさえない。大和では投資判断を「3」から「4」に格下げ、売り材料視される格好にもなっている。

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~三菱UFJなど全般軟調、シカゴは大阪比360円安の16800円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル116.24円換算)で、ソニー、富士重、日東電、オ

記事を読む

no image

ラクオリア創薬—韓国で選択的ナトリウムチャネル遮断薬の特許査定を受ける

米製薬大手ファイザーの日本法人から分離独立してできた創薬開発型のバイオベンチャーであるラクオリア創薬

記事を読む

no image

インテリックス Research Memo(10):相続税法改正に向け賃貸不動産の小口商品を販売する計画

■成長戦略 (3)賃貸アセット事業の強化 第3の成長戦略として、収益性の安定性を高めることを目

記事を読む

no image

東洋建設が急伸、業績予想の上方修正を受けて人気化

東洋建設が急伸と人気化。先週末に業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の35億円から

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》安倍内閣にインフルの猛威、厚労相が閣議欠席

【インフルエンザ】安倍内閣の閣僚がインフルエンザの猛威にさらされていると報じられている。4日午前の閣

記事を読む

no image

アールテック・ウエノ Research Memo(7):新薬が実用化すれば国内外で初の治療薬となり市場を独占の可能性も

■新薬開発動向 (1)網膜色素変性治療薬「ウノプロストン点眼液(UF-021)」 網膜色素変性と

記事を読む

no image

ソニーは売り先行、経営方針説明会を受けて迷走感がより強まっているとの指摘も

ソニーは売り先行。前日に経営方針説明会を開催、今期中に構造改革をやり切るとの姿勢が示されたほか、来

記事を読む

no image

証券各社レーティング(格下げ):商船三井の1社

■格下げ(※新規格付けの場合は弱気) 銘柄名  :商船三井 証券会社 :モルガン・スタンレー(M

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑