DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

公開日: : 注目トピックス 日本株

DTS<9682>は独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をはじめ、さまざまな業種・業態のコンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までのシステムに関わるサービスを提供。

足元の業績では、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)の売上高が前年同期比14.0%増の351.37億円、営業利益が同28.5%増の26.69億円、経常利益が同28.6%増の27.16億円、四半期純利益が同33.7%増の15.01億円だった。

金融、通信に続く第三の柱の創出に向けた施策として、組込み関連ビジネスの拡大を目的に、アートシステム、横河ディジタルコンピュータの株式を取得し、新規連結としている。同時にグループ会社の再編も進めており、昨年4月に同社を存続会社として、子会社FAITECを吸収合併。さらに、同社の関西支社および中京支社の情報サービス事業を分社化し、DTSWESTを設立している。

また、DTSWESTは、子会社である総合システムサービスと2015年4月をもって合併。両社が有するノウハウの融合や経営基盤の強化を図ることで、西日本地域におけるさらなる事業拡大を目指す。

新規ソリューションの創出に向けた取り組みとしては、昨年5月に畜産業向けクラウドサービス「Dr.Cowbell」を開始。中小規模システムユーザー向けシステム監視製品「ReSM(リズム)システム監視スタートセット」や、複数端末間で情報を共有・閲覧できるオンラインストレージ「On-PreSt(オンプレスト)」を発売するなど、新たなサービスの提供を進めている。

15年3月期通期については、売上高が前期比12.2%増の720.00億円、営業利益が同18.1%増の56.00億円、経常利益が同17.5%増の56.50億円、純利益が同20.6%増の32.00億円を見込んでいる。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ブイキューブ—第3四半期は大幅増収増益達成、為替差益計上で経常利益は倍増へ

ブイキューブは13日、2014年12月期第3四半期(14年1-9月期)決算を発表。売上高は前年同期比

記事を読む

no image

テラ—次世代がん抗原サーバイビンペプチド及びMAGE-A4ペプチドに係る特許が成立

バイオベンチャーのテラは16日、次世代がん抗原サーバイビンに係る特許が日本及びオーストラリアで成立

記事を読む

no image

ユー・エス・エス—第1四半期はオークション出品台数が増加

ユー・エス・エスは、中古自動車オークション運営で市場シェア32.3%(2014年1月-6月)とトップ

記事を読む

no image

兼松はしっかり、中期計画の上方修正などを材料視

兼松はしっかり。前日に発表した業績上方修正、並びに中期計画の上方修正が買い材料視されている。前3月

記事を読む

no image

G-7ホールディングス—ベトナムに「黄金カレー ビンズオンキャナリー店」オープン

G-7ホールディングスは、ベトナムに日本式のカレー専門店「黄金カレー ビンズオンキャナリー店」を11

記事を読む

no image

イー・ギャランティ Research Memo(3):売上高を左右する信用保証残高は順調に拡大中

■事業概要 (2)事業概要 イー・ギャランティは、企業間取引の際に発生する売上債権等の信用リスク

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~OTSは今期の赤字継続見通しを嫌気

OTSが急落でランクイン。今期の売上高見通しを47.6億円から10.0億円へ、営業損益見通しを3.

記事を読む

no image

アコムが急反発、利息返還問題は最終段階に近づいているとの指摘

アコムが急反発。クレディ・スイス(CS)では、利息返還問題は最終段階に近づいているとして、投資判断

記事を読む

no image

Eストアー Research Memo(5):事業構造転換の中核としてインターネット広告事業に注力

■事業構造転換の方向性と詳細 (2)事業構造改革の内容と方向性 現在、Eストアーが進める事業構造

記事を読む

no image

ツガミは新規高評価で急反発、来期の営業利益は急回復するとの見方

ツガミが急反発。シティでは投資判断を新規に「1」、目標株価を710円としている。アップルの設備投資

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑