DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

公開日: : 注目トピックス 日本株

DTS<9682>は独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をはじめ、さまざまな業種・業態のコンサルティングから設計、開発、運用、基盤構築までのシステムに関わるサービスを提供。

足元の業績では、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)の売上高が前年同期比14.0%増の351.37億円、営業利益が同28.5%増の26.69億円、経常利益が同28.6%増の27.16億円、四半期純利益が同33.7%増の15.01億円だった。

金融、通信に続く第三の柱の創出に向けた施策として、組込み関連ビジネスの拡大を目的に、アートシステム、横河ディジタルコンピュータの株式を取得し、新規連結としている。同時にグループ会社の再編も進めており、昨年4月に同社を存続会社として、子会社FAITECを吸収合併。さらに、同社の関西支社および中京支社の情報サービス事業を分社化し、DTSWESTを設立している。

また、DTSWESTは、子会社である総合システムサービスと2015年4月をもって合併。両社が有するノウハウの融合や経営基盤の強化を図ることで、西日本地域におけるさらなる事業拡大を目指す。

新規ソリューションの創出に向けた取り組みとしては、昨年5月に畜産業向けクラウドサービス「Dr.Cowbell」を開始。中小規模システムユーザー向けシステム監視製品「ReSM(リズム)システム監視スタートセット」や、複数端末間で情報を共有・閲覧できるオンラインストレージ「On-PreSt(オンプレスト)」を発売するなど、新たなサービスの提供を進めている。

15年3月期通期については、売上高が前期比12.2%増の720.00億円、営業利益が同18.1%増の56.00億円、経常利益が同17.5%増の56.50億円、純利益が同20.6%増の32.00億円を見込んでいる。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

沖電線が急伸、電線地中化関連として短期資金の関心が集まる

沖電線が急伸。東京都では、今後5年間に都道172キロで電線の地中化に着手すると発表している。現在整

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比20円高の14940円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.85円換算)で、ソフトバンク、三住トラスト

記事を読む

no image

ゴルフダイジェスト・オンライン—売上、売上総利益共に過去最高を記録

ゴルフダイジェスト・オンラインは、ゴルフ専業。リテールビジネス、ゴルフ場ビジネス、メディアビジネスの

記事を読む

no image

エスプール Research Memo(10):第3の柱へ成長中の障がい者雇用支援サービスの展開に注目

■成長戦略 (1)中期経営目標 エスプールは2012年の年明けに、中期経営計画「Move Fo

記事を読む

no image

鉄建—鉄道工事の安全・品質の向上と資格保有者の増強や、バイオマス発電など環境ビジネスの積極的展開へ

鉄建建設は、土木建築工事の施工、企画、設計、監修コンサルティングなどを手掛ける中堅ゼネコンである。

記事を読む

no image

ラクーン—子会社T&Gが愛媛銀行と業務提携、T&G売掛保証提供へ

ラクーンは16日、連結子会社トラスト&グロース(T&G)が、愛媛銀行と売掛債権保証サービスの顧客紹介

記事を読む

no image

萩原電気 Research Memo(7):トヨタの自動車生産を考慮して今期は堅めの予想

■2015年3月期の業績見通し 萩原電気は2015年3月期の通期業績見通しについて、売上高が88,

記事を読む

no image

フォスター電機が急落、今期は想定外の減益予想に

フォスター電機が急落。先週末に発表した決算内容が嫌気されている。前期営業利益は60.2億円で前期比

記事を読む

no image

テラ—MedPeerアンケート調査、樹状細胞ワクチン療法「初めて知った」7割、その内4割は「興味が沸いた」

医師7万人以上が参加する医師専用サイト「MedPeer(メドピア)」を運営するメドピアは、会員医師を

記事を読む

no image

証券各社レーティング(格上げ):日本精工の1社

■格上げ(※新規格付けの場合は強気) 銘柄名  :日本精工 証券会社 :野村 変更前  :「ニュ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑