エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

公開日: : 注目トピックス 日本株

エスプール<2471>は14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.1%増の66.04億円、営業利益が同3.1倍の2.07億円、経常利益が同3.8倍の1.91億円、純利益が同3.7倍の1.65億円だった。計画に対して売上高が10.0%増、営業利益が38.0%増、経常利益が39.4%増、純利益が41.0%増と、それぞれ超過しての着地だった。
赤字・先行投資サービスの早期収益化と主力サービスの積極拡大の2点に絞って事業を推進。特に主力の3サービス(人材派遣サービス、ロジスティクスアウトソーシングサービス、障がい者雇用支援サービス)については、労働市場の需給が逼迫しているため人材派遣を中心に需要が好調に推移した。また、赤字・先行投資サービスの早期収益化については、スマートメーター関連の業務が拡大し、収益に貢献している。

15年11月期通期については、売上高が前期比10.5%増の73.00億円、営業利益が同9.4%増の2.26億円、経常利益が同11.8%増の2.14億円、純利益が同9.6%増の1.81億円を見込んでおり、売上高、営業利益については過去最高を更新する見通しだ。

なお、中期経営計画「Next 2020 -変化への挑戦-」を策定。新中期経営計画では、急激に変化する外部環境を適切に捉え、次の時代を見据えた事業構造に転換を目指し、ポートフォリオ経営の継続、インフレ下での事業戦略の再構築、労働力人口の減少への対応に重点置き、営業利益率を2020年度までに業界最高水準となる10%まで引き上げることを目標としている。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ムサシ Research Memo(9):豊富な現預金についてはバリュー面からも含めて使用使途に注目

■財務分析と企業業績 (1)財務分析 ムサシの2014年3月期末の自己資本利益率(ROE)は3

記事を読む

no image

カシオは買い優勢、今期見通しが市場コンセンサスを上振れ

カシオは買い優勢。前日に発表した決算が買い材料視されている。前期営業利益は266億円で前期比32.

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、指数寄与度の大きい銘柄は高安まちまち

23日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり86銘柄、値下がり123銘柄、変わらず16銘柄

記事を読む

no image

プラザクリエイト Research Memo(9):ROEは9.2%、利益率向上による一段の改善が課題

■財務分析と業績動向 (1)財務分析 プラザクリエイトの2014年3月期末の自己資本利益率(RO

記事を読む

no image

VTホールディングス Research Memo(6):利益の積み増しと資本増強で自己資本比率は大きく向上

■業績動向 (1)2014年3月期の通期業績 ○財務状況 VTホールディングスの2014年3月期

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般軟調、シカゴは大阪比130円安の14330円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.16円換算)で、トヨタ、ソフトバンク、ホン

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~三井松島は今期の営業赤字転落を嫌気

三井松島がランクイン。先週末に決算を発表、今期の営業赤字転落が嫌気されている。前期営業利益は18.

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~千代建は大型受注報道も織り込み済みに

千代建がランクイン。米LNG基地を米国企業と共同受注の見通しと伝わっている。受注総額は約6000億

記事を読む

no image

乃村工藝社は年初来高値を更新、上半期予想の上方修正をストレートに評価

乃村工藝社は年初来高値を更新。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は20億円で前年同期比19.3

記事を読む

no image

関東電化工業は新規高評価で急伸、増益基調は定着するとの評価に

関東電化工業が急伸。東海東京では投資判断を新規に「1」、目標株価を470円としている。12年3月期

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑