エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

公開日: : 注目トピックス 日本株

エスプール<2471>は14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.1%増の66.04億円、営業利益が同3.1倍の2.07億円、経常利益が同3.8倍の1.91億円、純利益が同3.7倍の1.65億円だった。計画に対して売上高が10.0%増、営業利益が38.0%増、経常利益が39.4%増、純利益が41.0%増と、それぞれ超過しての着地だった。
赤字・先行投資サービスの早期収益化と主力サービスの積極拡大の2点に絞って事業を推進。特に主力の3サービス(人材派遣サービス、ロジスティクスアウトソーシングサービス、障がい者雇用支援サービス)については、労働市場の需給が逼迫しているため人材派遣を中心に需要が好調に推移した。また、赤字・先行投資サービスの早期収益化については、スマートメーター関連の業務が拡大し、収益に貢献している。

15年11月期通期については、売上高が前期比10.5%増の73.00億円、営業利益が同9.4%増の2.26億円、経常利益が同11.8%増の2.14億円、純利益が同9.6%増の1.81億円を見込んでおり、売上高、営業利益については過去最高を更新する見通しだ。

なお、中期経営計画「Next 2020 -変化への挑戦-」を策定。新中期経営計画では、急激に変化する外部環境を適切に捉え、次の時代を見据えた事業構造に転換を目指し、ポートフォリオ経営の継続、インフレ下での事業戦略の再構築、労働力人口の減少への対応に重点置き、営業利益率を2020年度までに業界最高水準となる10%まで引き上げることを目標としている。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

《注目銘柄を探る》山中教授、治療を計画する研究機関へiPS細胞を年内配布

京都大学の山中伸弥教授は17日、治療を計画する研究機関へiPS細胞を年内に配布する方針を明らかにした

記事を読む

no image

ゲオディノス—14年3月期経常益86.6%増、新社名「SDエンターテイメント」

ゲオディノスは12日、2014年3月期決算を発表。売上高は前期比1.5%減の82.45億円、営業利益

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大証比355円高の14275円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.66円換算)で、トヨタ自、ファーストリテ、

記事を読む

no image

アデランス Research Memo(5):男性用2位・女性用1位のシェア、市場には中小も乱立

■ヘアケア市場の分析 (2)かつら(ウィッグ)市場の分析 (a)かつら市場の概況 ○大手2社以

記事を読む

no image

イグニス Research Memo(10):無料ネイティブアプリが軌道に乗り広告収入が伸長

■決算動向 (1)過去の業績推移 イグニスの過去の業績を振り返ると、本格的な業績拡大が始まったの

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):三菱重工、吉野家HD、コロプラなど

三菱重工:603円(前日比-14円) 売り優勢。15年3月期営業利益は前期推定比26%増の2400

記事を読む

no image

ネクスト—Trovit社の完全子会社化発表、16年3月期よりIFRSを適用

ネクストは1日、10月7日に発表した「世界最大級のアグリゲーションサイトを運営するTrovitの株式

記事を読む

no image

ビジネス・ブレークスルー Research Memo(12):教育カリキュラムの充実と遠隔教育システムで差別化を図る

■株主還元策とリスク要因 (2)リスク要因について ビジネス・ブレークスルーの事業におけるリスク

記事を読む

no image

JDIが大幅続落、引き続き想定外の業績下方修正を嫌気

JDIが大幅続落。引き続き、一昨日の寄り付き前に発表した業績下方修正がネガティブインパクトを強めさ

記事を読む

no image

テクノスジャパン Research Memo(1):「ビッグデータ」で安定成長路線から高成長路線に舵を切る

■フィスコトップインタビュー 独立系として経営課題解決に向けたITコンサルティングに強みを持つテク

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑