エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

公開日: : 注目トピックス 日本株

エスプール<2471>は14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.1%増の66.04億円、営業利益が同3.1倍の2.07億円、経常利益が同3.8倍の1.91億円、純利益が同3.7倍の1.65億円だった。計画に対して売上高が10.0%増、営業利益が38.0%増、経常利益が39.4%増、純利益が41.0%増と、それぞれ超過しての着地だった。
赤字・先行投資サービスの早期収益化と主力サービスの積極拡大の2点に絞って事業を推進。特に主力の3サービス(人材派遣サービス、ロジスティクスアウトソーシングサービス、障がい者雇用支援サービス)については、労働市場の需給が逼迫しているため人材派遣を中心に需要が好調に推移した。また、赤字・先行投資サービスの早期収益化については、スマートメーター関連の業務が拡大し、収益に貢献している。

15年11月期通期については、売上高が前期比10.5%増の73.00億円、営業利益が同9.4%増の2.26億円、経常利益が同11.8%増の2.14億円、純利益が同9.6%増の1.81億円を見込んでおり、売上高、営業利益については過去最高を更新する見通しだ。

なお、中期経営計画「Next 2020 -変化への挑戦-」を策定。新中期経営計画では、急激に変化する外部環境を適切に捉え、次の時代を見据えた事業構造に転換を目指し、ポートフォリオ経営の継続、インフレ下での事業戦略の再構築、労働力人口の減少への対応に重点置き、営業利益率を2020年度までに業界最高水準となる10%まで引き上げることを目標としている。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

大幸薬品 Research Memo(4):措置命令への対応は完了、新用途開発による業容拡大も期待

■今後の感染管理事業の見通しについて 今後の大幸薬品の業績を占う上で、感染管理事業の動向が注目ポイ

記事を読む

no image

《注目銘柄を探る》日立、グループ連携で自動運転高度化

日立は、グループの日立オートモティブシステムズ、クラリオンと連携し、高速道路などでの一部運転の自動化

記事を読む

no image

ラクオリア創薬 Research Memo(15):第2四半期決算はほぼ計画どおりの着地に

■中期経営計画と業績見通し (5)2014年12月期の第2四半期(1-6月)決算 ラクオリア創

記事を読む

no image

古河電工が年初来安値更新、通期計画は下方修正される可能性が高いとの見方も

古河電工が年初来安値更新。UBSでは投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に格下げしている。目標株

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大証比170円高の14670円(訂正)

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.3円換算)で、トヨタ自、ソフトバンク、ファ

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~日清食HDがランクイン、即席めんの値上げを発表

日清食HDがランクイン。即席めんを来年1月出荷分から値上げすると発表している。カップヌードルやチキ

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~みずほFGなど全般軟調、シカゴは大阪比40円安の17340円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル117.72円換算)で、任天堂、ホンダ、ソニーが小

記事を読む

no image

ダイナック—通期決算は2ケタ増益を達成、今期は新業態の開発と倶楽部ダイナックを強化へ

レストラン・バーなどを展開するダイナックは6日、2013年12月期の通期決算を発表した。単体業績は

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~インプレスが急伸、決算を受けて業績底打ち期待が高まる

インプレスが急伸でランクイン。同社は前日に第3四半期の決算を発表、10-12月期経常利益は3.8億

記事を読む

no image

カシオはリキャップCB発表で年初来高値更新、需給改善期待などが先行

カシオ計算機が年初来高値更新。CB発行、自社株買い、自己株式の消却を前日に発表している。CB発行に

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑