森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

公開日: : 注目トピックス 日本株

森永乳業<2264>は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ・練乳製品、チーズ・バター、育児・栄養食品のほか、宅配サービスや健康食品、介護食、流動食、衛生管理用装置などを手掛けている。1917年に日本煉乳株式会社として創業。2017年には100周年を迎える。

足元の業績では、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)決算は、売上高が前年同月比1.6%減の3157.62億円、営業利益が同46.5%減の51.54億円、経常利益が同44.7%減の55.91億円、四半期純利益が同31.7%減の32.80億円だった。単体の売上高はチーズや牛乳類などが前年同期実績を上回ったが、ヨーグルト、乳飲料等、アイスクリームなどが前年同期実績を下回った。また、予想を上回る原材料価格の上昇や広告費の増加などが響き、減益となった。

15年3月期については、売上高が前期比0.5%減の5960.00億円、営業利益が同36.6%減の76.00億円、経常利益が同31.4%減の85.00億円、純利益が同17.4%減の40.00億円と、期初計画から下方修正。消費増税による販売数量の減少といった市場状況の見通しや、原材料・エネルギー価格の上昇が利益を押し下げ、売上高、各利益とも前回発表予想を下回る見込み。

なお、研究開発分野では、同社独自の「ビフィズス菌BB536」を配合したヨーグルトの摂取で、肉食で起こる腸内細菌叢の乱れが予防されることを確認したと10月に発表。ビフィズス菌BB536については、これまでの研究でも病原性大腸菌O-157の感染防御作用や、大腸がん発症の原因ではないかとの報告がある毒素産生型フラジリス菌の除菌作用を有していることが報告されている。同社は他にも母乳に多く含まれる成分「ラクトフェリン」入りのヨーグルト商品なども展開しているが、ヨーグルトの機能性に着目した製品や、のむヨーグルトなど商品形態の幅を広げ、今後ヨーグルト事業を拡大させる方針。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

小野薬品工業が大幅続伸、「オプジーボ」承認方針報道を材料視

小野薬品工業が大幅続伸。皮膚がんの「メラノーマ」について、厚生労働省では同社が開発した治療薬「オプ

記事を読む

no image

ネットイヤーグループ Research Memo(6):2015年3月期の連結業績、期初計画を上方修正

■決算概要 (3)2015年3月期の業績見通し 2015年3月期の連結業績は、売上高が前期比1

記事を読む

no image

キトー—第2四半期売上高4.2%増、国内は公共需要、民間の設備投資とも堅調

キトーは13日、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)決算を発表。売上高が前年同期比4.2%増

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):サニックス、商船三井、住友化学など

サニックス:556円(前日比+80円) ストップ高。九州電力が再生可能エネルギーの買い取り手続きを

記事を読む

no image

アイスタイル Research Memo(9):収益性は一時的な要因で悪化も、財務の安全性は健全な水準

■決算概要 (3)財務状況と経営指標 アイスタイルの2014年6月末の財務状況に関しては表のと

記事を読む

no image

日本航空電子工業が大幅続落、想定通りの好決算発表も出尽くし感が先行

日本航空電子工業は大幅に3日続落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は106億円で前年同期比75.

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~日本通信は総務省のSIMロック解除促進検討報道を材料視

日本通信がランクイン。総務省が、携帯電話のSIMロック解除を促す方針を検討すると伝わったことが材料

記事を読む

no image

マネパG—米ドルの変動率低下が逆風も取引高当たり収益性の向上を図る

FX(外国為替証拠金取引)のマネーパートナーズグループは7月30日、第1四半期(2014年4-6月期

記事を読む

no image

Eストアー Research Memo(7):新規マーケティング事業の売上高は389百万円と前期比52%の大幅増収

■財務分析と業績動向 (2)2014年3月期決算 2014年3月期の売上高は5,871百万円(前

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(8/26号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 浅沼組 153

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑