出来高変化率ランキング(12時台)~キッツが急伸、燃料電池関連の出遅れとして関心が高まる

公開日: : 注目トピックス 日本株

キッツ<6498>が急伸でランクイン。特に材料は観測されていないが、燃料電池関連銘柄の人気化が続いており、関連の出遅れとして関心が高まる状況とみられる。とりわけ、同社のほか、宮入バルブ<6495>、ハマイ<6497>など、バルブメーカーの株価上昇が目立っている。他製品と比べて水素の充電時間を短縮できるバルブを開発など、関連分野では相対的に先行しているとの見方もあるもよう。

■出来高変化率上位 [1月19日 12:52 現在]
(直近5日平均出来高比較)

コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
<2138>クルーズ       7433900  190800  3796.17% 1.27%
<7727>オーバル       2311400  226040  922.56% 2.86%
<3776>ブロバンタワ     1866100  236200  690.05% 7.04%
<6498>キッツ        2886800  414820  595.92% 9.90%
<2286>林兼産        29808000  6691400  345.47% 15.56%
<4093>邦アセチレン     1293000  317000  307.89% 1.41%
<2370>MDNT       2408500  603320  299.21% 12.34%
<6391>加地テック      1092000  277000  294.22% 7.41%
<5162>朝日ラバー      211100  55760  278.59% 14.18%
<6871>マイクロニクス    1265100  347680  263.87% 9.57%
<6494>NFK−HD     9701100  2686340  261.13% 38.89%
<6619>WSCOPE     230000  69700  229.99% 14.84%
<6753>シャープ       62013000  18885200  228.37% -7.14%
<9069>センコー       1124000  364200  208.62% 4.40%
<3760>ケイブ        232700  77220  201.35% 12.76%
<6629>テクノHR      20354200  6886960  195.55% 21.09%
<1348>MXトピクス     672590  250578  168.42% 0.22%
<1518>三井松        1573000  599000  162.60% 2.38%
<3656>KLab       4219300  1710240  146.71% 3.71%
<6993>AGCap      1316800  542900  142.55% 6.49%
<1309>上証50連      13475  5766.6  133.67% -8.59%
<3053>ペッパー       39900  18820  112.01% -4.82%
<4970>東洋合成       254600  122620  107.63% 15.61%
<2678>アスクル       515200  252520  104.02% -5.04%
<3197>すかいらーく     1345400  688380  95.44% 4.08%
<4739>CTC        238600  130500  82.84% -3.86%
<3698>CRI・MW     61500  34420  78.68% 4.65%
<3315>日本コークス     810200  463400  74.84% 0.00%
<7298>八千代工       699600  400360  74.74% 16.65%
<8728>マネースクウェアHD  102300  59960  70.61% -1.03%

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ダイヘンが年初来高値更新、一部目標株価引き上げを材料視

ダイヘンが年初来高値更新。三菱UFJでは投資判断「バイ」継続で、目標株価を630円から700円に引

記事を読む

no image

シュッピン Research Memo(8):質の高い高ROE、株価バリュエーションへのプレミアムも

■財務分析と業績動向 (1)財務分析 シュッピンの2014年3月期末のROE(自己資本利益率)は

記事を読む

no image

きちり Research Memo(7):大手居酒屋チェーンで店舗数を縮小する動き、「KICHIRI」は出店ペース加速も

■中期計画 きちりは2013年8月に中期5ヶ年計画を発表している。具体的な業績目標値は下表のとおり

記事を読む

no image

ダイナック Research Memo(3):直営ビジネスは首都圏と京阪神に絞り込んだドミナント戦略が中心

■会社概要 (2)事業概要 ダイナックの事業モデルは新規出店をドライバにした売上高成長モデルで

記事を読む

no image

ヒマラヤ—上期はランニングブームやソチオリンピックなどを追い風に販売堅調

スポーツ用品販売のヒマラヤは27日、上期(2013年9月-2014年2月期)決算を発表した。連結業

記事を読む

no image

ビーエスピーResearch Memo(4):ビーコンITの連結化で大幅増収も計画に対してはやや未達に

■決算動向 (1)2015年3月期第2四半期決算の概要 ビーエスピーの2015年3月期第2四半

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(6/6号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 東建コーポ

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は続落、指数寄与度の大きい銘柄が下げに転じる

9日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり20銘柄、値下がり199銘柄、変わらず6銘柄と

記事を読む

no image

ラクオリア創薬 Research Memo(8):京大CiRA、iPSアカデミアジャパンと共同研究契約を締結

■共同研究の状況 (1)京都大学iPS細胞研究所、iPSアカデミアジャパンとの共同研究 ラクオ

記事を読む

no image

日本製鋼所が急伸、通期下方修正も短期的な悪材料出尽くし感

日本製鋼所が急伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は36.7億円で前年同期比54%増益、従来予想

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑