サイバエージ—後場一段安、追い証発生に伴う換金売り懸念が強まり

公開日: : 新興市場スナップショット

後場一段安。同社やコロプラ<3668>、ミクシィ<2121>など、主力のネット関連株が下げ幅を拡大している。外部環境の落ち着きを追い風に買い先行となったものの、連日の大幅下落によって信用取引の追い証発生に伴う換金売り懸念が強まる中で、戻り待ち売り圧力も強まる格好に。なお、マザーズ指数も後場は一段安となり一時4%超の大幅続落に。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ぷらっと—急伸、小型サーバーの遠隔制御ソフトを販売と伝わり

急伸でストップ高まで。一部で、小型サーバーを遠隔で制御できるソフトを販売すると報じられたことが材料視

記事を読む

no image

APLIX—買い優勢、需給面主導での上値追いが続く

買い優勢。位置情報サービスの新しいソリューションとして「Beaconモジュール」への関心が高まり、需

記事を読む

no image

ADWAYS—強い動き、gumi社の株式取得を材料視

強い動き。gumi社の議決権所有割合1.0%に当たる株式を取得する契約を締結したと発表したことが材料

記事を読む

no image

ウエストHD—強い動き、サニックスの急伸で連想感も

強い動き。東証1部市場では、サニックスが中期経営計画に対する高評価を背景に急伸となっており、類似企業

記事を読む

no image

メディアGL—買い気配、上期業績計画の大幅上方修正を受けて

買い気配。上期営業利益見通しを1.7億円から4.2億円へと、大幅に上方修正したことが好感されている。

記事を読む

no image

日本通信—売り先行、信用取引規制の強化をネガティブ材料視

売り先行。東証が同社株の信用取引に関して、委託保証金率を本日売買分から50%以上、うち現金20%以上

記事を読む

no image

PD—買い先行、いちよしが投資判断を「A」へ引き上げ

買い先行。いちよしが投資判断を「B」から「A」へ引き上げたことが好材料視されている。特殊ペプチド創薬

記事を読む

no image

ラクオリア創薬—反発、日本における特許査定の受領を材料視

反発。「5-HT2B拮抗薬」の日本における特許査定を受領したと発表したことが材料視されている。「5-

記事を読む

no image

Fastep—大幅続伸、15年2月期予想の上方修正を受けて年初来高値更新

大幅続伸。15年2月期の業績予想を上方修正している。営業利益見通しを従来の0.70億円から1.10億

記事を読む

no image

3Dマトリック—大幅続伸、今期の黒字転換見通しを好感

大幅続伸。昨日本決算を発表し、今期営業損益は44.8億円の黒字転換、最終損益も35.6億円の黒字転換

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑