(中国)航空機の非常口ドアが開放、搭乗客が誤って操作

公開日: : 注目トピックス 経済総合

重慶江北国際空港で12日、搭乗客の男性が機体の非常口ドアを誤って開ける事件が発生した。乗務員によってその場で空港警察へ通報された男性は、取り調べを受けたのち、35万人民元(約659万3000円)の罰金を科せられている。京華時報が15日付で伝えた。

非常口ドアオープン事件は12日午後6時30分、ラサ発重慶行きの西部航空PN6272便が重慶江北国際空港に着陸し、429番スポットへ停止したのちに発生した。非常口横の座席に着席していた中年男性が非常口ドアを開放し、脱出用スライダーが空気圧によって展開した。男性は、「機体が完全に停止したので、目の前のドアを開けていいと思った」と供述している。

航空警察は、この行為を誤解による誤操作に当たると判断。航空機の安全運行に重大な影響をもたらさなかったとして、警告と罰金を科すのみにとどめた。男性はすでに35万人民元の罰金を支払ったという。

民間航空業界に詳しい専門家は、「機体の非常口ドアが開放された場合、経済的損失は大きい」と指摘する。1度展開すると再利用できない脱出用スライダーの再装着費、その作業に要する空港停留費の延滞料と、航空整備士の人件費、搭乗客に対する遅延補償費など、少なくとも10万人民元(187万9000円)を超える損失になるという。

またネットユーザーは、「航空機の脱出用スライダー価格表」を自身のミニブログにアップロードした。これによると、脱出用スライダーの本体価格は搭載する機体によって異なり、ボーイング737型は8万人民元(約150万3000円)、エアバス320型は9万2000人民元(約172万9000円)、エアバス330型は19万人民元(約357万円)、ボーイング777型は20-25万人民元(約375万8000-469万8000円)、エアバス380型は30万人民元(約563万7000円)となっているという。

【亜州IR】

<ZN>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

週刊ダイヤモンド今週号より~紛糾する東証の夜間取引、実現しても不便な市場に

日本取引所グループの斉藤CEOは、英ロンドンやシンガポールと比べて圧倒的に短い取引時間の拡大に強い意

記事を読む

no image

NYの視点:米Q1GDP見通しがマイナス成長へ

14年度の世界経済の成長を牽引すると見られている米国の経済は日に日に、リセッション(景気後退)的な

記事を読む

no image

イエレンFRB議長の「相当な期間」のトラウマ

イエレンFRB議長は、昨年の就任後の連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で「相当な期間」とは約

記事を読む

no image

【中国の視点】ウクライナ新政権支援する欧米に誤算、ロシアのクリミア支配は着々

ウクライナ暫定政権を支援する欧米側に誤算があったと指摘された。ヤヌコビッチ前政権を擁護するロシアへの

記事を読む

no image

NYの視点:米4-6月期GDPの奇跡に期待

米商務省が発表した米国の1-3月期実質国内総生産(GDP)確定値は前期比年率2.9%減と、予想の1

記事を読む

no image

(中国)上海総合指数は続伸、一時2800の大台突破

上海総合指数は続伸し、一時2800の大台を突破。日本時間午前11時1分現在、指数は前日比1.21%高

記事を読む

no image

(中国)銀行不良債権は総額14.5兆円、13四半期連続で増加

中国商業銀行の間で、不良債権の規模が膨らみつつある。今年第3四半期末の不良債権総額は7669億人民元

記事を読む

no image

【中国の視点】不動産市場、回復には2年以上が必要

国家統計局が発表した9月の新築住宅価格統計によると、主要70都市のうち、福建省のアモイ市(前月比横ば

記事を読む

no image

「商品販売やCMの自粛」、反対意見に敏感になりすぎとの声が多数

「情報資産の銀行」を事業コンセプトに掲げるパイプドビッツが展開する政治・選挙プラットフォーム「政治山

記事を読む

no image

70歳の老人の慧眼? 根拠無き・有る熱狂

グリーンスパン第13代FRB議長は、70歳の1996年、6000ドル台のNYダウに対して「根拠なき熱

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑