NYの視点:ECBの大規模QEに備える

公開日: : 注目トピックス 経済総合

スイス国立銀行(SNB)は2011年から3年間継続していた対ユーロで1.20フランの上限を撤廃し無制限の介入を終了することを発表し、市場にサプライズを与えた。これに対し、ラガルドIMF専務理事はインタビューでジョーダン総裁から事前に報告は受けておらず、SNBの行動に若干困惑していることを明らかにした。理事はたびたび政策変更の際、市場への伝達、各国中央銀行との密の連絡を取り合うなど金融当局の協調が非常に重要であると訴えている。

ジョーダン総裁は記者会見において、行動がパニック反応ではなく現在の国際的な状況下で対ユーロでのスイスフラン上限を維持することは理にかなわないと決定を擁護。一方、今後もフランの水準を監視し為替市場での介入を継続していく方針を示した。欧州中央銀行(ECB)が追加緩和に踏み切る可能性やバランスシートが5000億フランまで拡大したことを考慮した行動だとも見られている。

スイス国立銀行の行動は、早くて来週22日に実施される定例理事会で欧州中央銀行(ECB)が量的緩和(QE)を導入することを防衛する目的だとの見方も少なくない。スイス国立銀行は声明の中で、「最近、主要先進各国の金融政策のかい離が著しく拡大している、一段と拡大する可能性がある」と指摘。スイス国立銀行が耐えられないほど大規模なQEをECBが発表する可能性があるとの憶測につながった。欧州司法裁判所法務官も欧州中央銀行(ECB)の国債購入プログラム(OMT)に関して「条件付で合法」との判決を出したばかり。投資家は、ECBの大規模QEに備えている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

【中国から探る日本株】水質汚染対策まもなく発表へ、投資規模は33兆円相当に

中国政府は近く、水質汚染対策の具体的な行動計画を発表する見通しだ。地元メディアが11日、環境保護部か

記事を読む

no image

オバマ米大統領のレッドライン=中国の第一列島線

オバマ米大統領が、尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象であることを明言したことで、極東での「レッドラ

記事を読む

no image

【中国】マカオのカジノ収入が減少、ワールドカップの影響なら良いのだが

マカオのカジノ収入が減少している。 マカオのカジノ管理当局が1日に発表した6月の賭博収入は約272

記事を読む

no image

通販では消費増税のタイミングに注意

4月1日の消費税増税を前に大きな買い物は済ませておこうと考えている人も多いと思われるが、購入前に実際

記事を読む

no image

ドル・円と消費税の法則

ドル・円のテクニカル分析では、2012年2月に「斜行三角形」が完成したことで、ドル高8年サイクルの2

記事を読む

no image

【中国から探る日本株】3Dプリンター発展支援策、続々発表か 年平均90%超ペースで成長

中国政府は今年、3Dプリンター産業の発展支援策を続々と打ち出す見通しだ。主要証券紙の「上海証券報」が

記事を読む

no image

【中国の視点】行き過ぎた人民元安誘導が逆効果の可能性、長期的な元高観測は優勢

旧正月明けから3月初めまでに人民元の対米ドル為替レートは急落。人民元のオフショア市場では、1米ドル=

記事を読む

no image

政治から読み解く【経済と日本株】:秋元司氏「エコ社会の実現化に向けて前進あるのみ」

衆議院議員の秋元司氏が「本日のみ、ホンダより水素自動車を借りる。当然、まだ水素ステーションが配置され

記事を読む

no image

NYの視点:米4-6月期GDPの奇跡に期待

米商務省が発表した米国の1-3月期実質国内総生産(GDP)確定値は前期比年率2.9%減と、予想の1

記事を読む

no image

【中国の視点】外需拡大で日本経済を救える可能性も、周辺国との関係改善が不可欠

国際通貨基金(IMF)は最新リポートで、日本の2014年の実質経済成長率を昨年10月時点に予想した1

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑