ソフトバンク・テクノロジー—子会社がユビキタスと車用「Linux統合ソリューション」のプロトタイプを開発

公開日: : 注目トピックス 日本株

ソフトバンク・テクノロジー<4726>は14日、子会社のミラクル・リナックスが、ユビキタス<3858>と共同で、車載機器向け「Linux統合ソリューション」のプロトタイプを開発したと発表。ユビキタスの高速起動の技術とミラクル・リナックスの組込みLinuxの実績を活かし、高速起動を実現。1月14日より東京ビッグサイトで開催される『第7回 [国際]カーエレクトロニクス技術展』で、実機デモを展示している。

ミラクル・リナックスとユビキタスは、車載機器やIVI向けのソフトウェア販売から技術サポートまでをワンストップで提供することを目的に、2014年9月に業務提携。車載品質の組込みLinuxとミドルウェアを組み合わせた、ベストソリューションの共同開発を進めている。なお、IVIとは、車載インフォテインメント(In-Vehicle Infotainment)の略称で、自動車にインフォメーションとエンターテインメントの機能を幅広く提供するシステム。ナビゲーション、位置情報サービス、音声通信、インターネット接続のほか、音楽や動画などのマルチメディア再生、ニュース、電子メールなどへのアクセス・検索機能などを指す。

今後も両社は、共同開発により、次世代IVI、ディスプレイオーディオ、統合クラスターパネルなど、ますます高度化する車載機器に応える高品質なソフトウェアソリューションをワンストップで提供し、車載機器開発の加速、付加価値の向上を支援する。

ミラクル・リナックスは、2014年7月にソフトバンク・テクノロジーが子会社化。設計図が無償公開されているパソコン向けの基本ソフト(OS)「Linux」の開発を2000年から手掛けている。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

エーザイが急反落、一部格下げがネガティブインパクトに

エーザイが急反落。大和では投資判断を「4」から「5」に格下げ、目標株価は3500円にまで引き下げて

記事を読む

no image

ビューティ花壇 Research Memo(4):独自の調達ルートを活かした価格競争力

■会社概要 (3)企業特徴 ○差別化と価格競争力 同社の特徴は、技術難易度の高いデザイン性に

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は小幅続伸、値上がり寄与トップはソフトバンク

13日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり148銘柄、値下がり67銘柄、変わらず10銘

記事を読む

no image

JDIが急反発、目先の需給改善などを期待する動きが優勢に

JDIが急反発。2014年の年内最終売買日を前日に通過、節税目的のための損失確定売りに押されていた

記事を読む

no image

ラクーン Research Memo(10):15/4期も業績が会社計画どおり進捗すれば連続増配を更新へ

■株主還元策 株主還元策として、ラクーンは配当による還元を実施している。配当の基本方針としては将来

記事を読む

no image

CDG—14年3月期営業益12.4%増、顧客ニーズ高め販路拡大、ユニフォームビジネスも順調

販売促進企画・立案のCDGは12日、2014年3月期決算を発表。売上高は前期比9.9%増の101.5

記事を読む

no image

GSユアサが急反発、期待事業の収益改善鮮明化を好感

GSユアサが急反発。同社が前日に発表している決算内容が評価される格好に。通期予想の修正はなかったが

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~ニコンは通期予想の下方修正をネガティブ視

ニコンがランクイン。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は35億円で前年同期比42%減益、通期予想

記事を読む

no image

テクマトリックス Research Memo(2):好調な受注に支えられ、売上高、利益とも期初予想から上振れ

■2015年3月期の第2四半期業績 (1)概要 2015年3月期の第2四半期連結決算は、売上高

記事を読む

no image

日東電工が強い動き、コーティングPVAが本格採用の見通しと

日東電工が強い動き。シティでは投資評価「1」継続で、目標株価を5500円から6300円に引き上げて

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑