タマホーム—駆け込み需要の反動減や職人不足が響く

公開日: : 注目トピックス 日本株

住宅デベロッパーのタマホーム<1419>は14日、2015年5月期第2四半期(14年6-11月)決算を発表。売上高が前年同期比8.5%減の669.66億円、営業損失が15.20億円、経常損失が15.23億円、四半期純損失が14.35億円の赤字だった。住宅事業は、昨年4月からの消費税率改定に伴う駆け込み需要の反動減や職人不足、天候不順による住宅展示場での集客減少などの影響が続いた。
不動産事業においては、大型分譲プロジェクトである「タマスマートタウン茨木(全588区画)」や5~10区画程度のミニ分譲地の販売が好調。マンション事業においては、同社における過去最大の開発規模を持つ「フォーチュンスクエア都筑中山(全157戸)」の販売が計画通りに推移している。

15年5月期通期については、売上高が前期比11.9%減の1492.76億円、営業利益が同50.4%減の22.69億円、経常利益が同59.9%減の18.07億円、純利益が同97.7%減の0.39億円を見込んでいる。売上高、各利益ともに期初計画から下方修正している。純利益の予想が前回予想を下回る見込みであることから、期末配当予想を1株当たり20円から10円に修正する。
また、株主優待制度の導入を発表。グループ各社で利用可能な優待券として、住宅(注文・分譲・賃貸)の購入時およびリフォーム時において、一定の割合で割引。オリジナルクオカードのほか、公益社団法人国土緑化推進機構「緑の募金」に対する寄付、から選べる。

さらに、創業20周年を迎える18年5月期を最終年度とする中期経営計画「タマステップ2018」を策定。基本戦略については、(1)低価格良質住宅を中心として注文住宅事業を強化、(2)戸建分譲事業を中心として不動産事業を拡大、(3)リフォーム等の住宅周辺事業を強化、(4)確実な戦略転換を実現する組織・ガバナンスの改革とリソースの集約。
18年5月期の経営数値目標は、販売棟数が10,150棟(15年5月期予想7,430棟)、売上高が2000億円超(同1492億円)、営業利益率が3.5%(同1.5%)、ROEが15%(同0.3%)、D/Eレシオが1.2倍(同1.2倍)となる。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ケンコーマヨネーズ Research Memo(5):顧客ニーズに対応したフレキシブルな生産体制を整備

■会社概要 (4)生産体制、グループ子会社 現在、ケンコーマヨネーズの生産体制は本社工場が7拠

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(5/22号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 中部飼

記事を読む

no image

大幸薬品が急落、商品宣伝を巡って消費者庁が措置命令と伝わる

大幸薬品が急落。「クレベリン ゲル」、「クレベリン マイスティック」の2商品において、空間除菌をう

記事を読む

no image

DeNAは複数の格上げ評価を受けて急伸、業績底打ちのタイミングが近いとも

DeNAが急伸。SMBC日興証券、クレディ・スイス(CS)がともに投資判断を買い推奨にまで格上げし

記事を読む

no image

ファンコミが急反発、粗利益改善のポテンシャルは織り込まれていないとも

ファンコミが急反発。ゴールドマン・サックス(GS)では投資判断を新規に「買い」、目標株価を2200

記事を読む

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】中国ネット大手、日本のゲーム開発に出資へ(6件)

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。 中国のイ

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~アクロディアはカカオトーク向けゲームに関心が向かう

アクロディアがランクイン。韓国カカオトーク向けソーシャルゲーム「クターといっしょ!for Kaka

記事を読む

no image

アイスタイル Research Memo(7):2014年6月期は増収減益も、従前の修正値は上回って着地

■決算概要 (1)2014年6月期決算の概要 アイスタイルの7月29日付で発表された2014年

記事を読む

no image

ラクーン—「Paid」の利便性向上、ネットで入金履歴を確認できる機能をリリース

ラクーンは10日、BtoB掛売り・請求書決済代行サービス「Paid(ペイド)」の、インターネット上の

記事を読む

no image

泉州電業 Research Memo(4):多品種少量受注にも対応できるデリバリー体制を構築

■会社概要 (3)業界シェア、特色、強み 日本電線工業会の統計データから泉州電業の業界シェアを

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑